中医学の紹介

中医学は中国の長い歴史を経て蓄積された素晴らしい医学です。
中国のネット上でも多くの知見が発表されています。
それらは中国語で表現されているため日本人としては十分に読み取ることが出来ません。
私はなんとかして幾らかでも内容を察知したいと思って中国語講座を数年学びました。
お陰で何分の一かは理解できるようになりました。
進歩を続けている中医学があまりにも素晴らしいので、少しでもその内容を他の方にも分かってもらいたくなります。
それで僭越ながら下手な翻訳を省みず、気に入った記事があると直訳して他の方に読んでもらおうと考えました。
それで、このブログには沢山の中医学の報告例の直訳がアップしてあります。
出典には必ずURLをリンク表示してあります。
記事内容は、決して私個人の知見ではありません。
発表されたご本人様には幾重にも感謝申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帯脈拘急

生理痛と一口に云っても腹痛・腰痛・頭痛・下痢など人によって様々でしょう。
一般には経行腹痛(痛経)と経行腰痛が多く語られています。
腹部と腰部では痛みの部位が異なれば中医学の弁証も異なります。
それらを一まとめに治すことは出来ないだろうか、と考えていたら出てきましたよ。
「帯脈拘急」です。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

老年性認知症

張某某,男,71歳,干部,河北人。1996年12月13日初診。 患者は2年前から...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小柴胡湯方后の条文

小柴胡湯については今までに何度も取り上げた。しかし方后の加減の条文については省略してきた。この度は方后の条文から小柴胡湯の持つ意味を研究してみます。
名医論方 より

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宗気外泄

《素問・平人気象論》に「胃之大絡、名目虚裏、貫隔絡肺、出于左乳下、其動応衣、脈宗...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

驚きの柴胡加竜骨牡蛎湯

 李××,女,78歳。頭暈、臂(腕)痛と麻木が8ケ月も続いている。 診断は頚椎骨...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柴胡と早朝腰痛

柴胡疏肝散については既に発表してあるが、ひとつ大事なことが抜けていました。 『中...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子6

その他に地黄飲子が応用されたものを列挙する。 1.筋営養不良症(ロコモ) 筋肉が...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

杏仁薏苡湯

進行性肌営養不良症(進行性筋ジストロフィー) この極めて頑固で難治の疾病を,私は...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子5

脊柱裂(先天性奇形) 欧××,男,12歳。 小便失禁と遺尿が7年も続く。医診では...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子4

痴呆 3歳の小児,男。 生れた時から痴呆で,3歳になっても,まだ歩けない,言葉も...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«地黄飲子3