中医学の紹介

中医学は中国の長い歴史を経て蓄積された素晴らしい医学です。
中国のネット上でも多くの知見が発表されています。
それらは中国語で表現されているため日本人としては十分に読み取ることが出来ません。
私はなんとかして幾らかでも内容を察知したいと思って中国語講座を数年学びました。
お陰で何分の一かは理解できるようになりました。
進歩を続けている中医学があまりにも素晴らしいので、少しでもその内容を他の方にも分かってもらいたくなります。
それで僭越ながら下手な翻訳を省みず、気に入った記事があると直訳して他の方に読んでもらおうと考えました。
それで、このブログには沢山の中医学の報告例の直訳がアップしてあります。
出典には必ずURLをリンク表示してあります。
記事内容は、決して私個人の知見ではありません。
発表されたご本人様には幾重にも感謝申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中医学実践の理論 4.飧泄

飧泄は,脾湿腎寒,肝木鬱陥に因り,水穀不化が,二腸に并走し,大腸が収斂し,混雑して下るものである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中医学実践の理論 3.痰飲咳嗽

痰飲咳嗽は,脾湿胃滞に因り,肺気が降りず,痰涎を化生し,清道を阻塞し,痰阻気逆となったものである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中医学実践の理論 2.肺熱喘咳

肺熱喘咳とは,表邪が裏に入り,肺を内傷したことに因り,肺が清粛降斂を失い,相火が上炎し,肺金に刑逼して,肺熱気逆となったものである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中医学実践の理論 1.傷風咳嗽

中医学は実践医学であるとは云え、理論が無い訳ではない。
どんな理論なのかについての概論の書は幾つか出ているが、実際の臨床でどのように応用されているかは余り紹介されていない。
このたび良書に巡り会ったので参考までにご披露します。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

益気聡明湯と耳鳴

相談客から「耳鳴りに効く漢方薬があるか?」と尋ねられると、正直に「耳鳴りは難しい、なかなか効く薬が無い。」と今までは答えていました。
実際これまでに耳聾左耳丸(耳鳴丸)・杞菊地黄丸・六味丸の類を出しても良かったという人は誰もいなかった。
これらの処方は皆「肝腎陰虚」という弁証によるものです。
しかし「耳→腎」と直結するばかりではないと気がつかなければなりません。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

益気聡明湯と認知症

益気聡明湯については嘗て書いているが、その応用の一つに痴呆症があった。“聡明”といえば目や耳の症状についてのこと、それとはかけ離れた痴呆症と何の関係があるのか?

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不射精

せっかく結婚したのに遅漏なのか射精ができないという夫婦の相談を受けたことがあります。
自慰でなら射精ができるので病院で調べてもらったところ、精子数は極度に少なかったそうです。
その時はよき答えができず長く保留になっていた問題です。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5年頑固偏頭痛

ズキンズキンと拍動性の痛みのある偏頭痛にも益気聡明湯が有効です。
益気聡明湯がもっともっと注目されて繁用されることを願います。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

舌皸裂

舌光無苔(鏡面舌)は胃腎の陰液涸渇を示しています。
更に進むと舌に皸裂が入り、赤味も増して痛々しくなります。
久病の場合はたいてい“相火妄動”による腎陰虚です。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四肢煩熱2

中医では「足心は腎に属す」ゆえ、虚労時の足心熱は腎陰虚であると考えています。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«四肢煩熱1