漢方診断 のやり方

例)ニューヨーク在住40代の“COVID-19に罹患した医師
3月17日(火)の夕方から少し倦怠感を自覚し、風邪の引き初めのような感じでした。
3月18日(水)後頭部の頭痛と倦怠感がありました。午後8時、36.6℃。
3月19日(木)後頭部の頭痛が継続する。激しい頭痛ではありません。同日午後7時は37.7℃、午後10時に38℃となり、明らかな発熱を自覚。上気道炎症状は全くなく、倦怠感と頭痛のみ。
3月20日(金)午後10時36.9℃。
3月21日(土)午前8時半、37.4℃。
この五日間の感染初期にどんな漢方処方を投与すればよいか?
咳嗽はまだ出ていないし、頭痛も激しくはない。発熱は出たり引っ込んだり、午后になって少々あったり。後頭部の頭痛と倦怠感のみ。
この後頭部の激しくはない痛みは「頭痛裹ツツむ如し」ではないだろうか?

試みに漢方診断をやってみよう。
本ブログの「参考」の所にある「漢方診断-症状」で「頭重」は「02-13」である。
これと温病の「」の二つをキーにして「漢方診断-800証」から「漢方診断-処方4」までを(サクラエディタで)検索する。
すると「漢方診断-800証候」から8.25寒湿困[蘊]脾証 寒湿内盛,困阻脾陽 がピックアップされてくる。
また「漢方診断-処方4」からは 湿温 邪遏衛気 藿朴夏苓湯 と 湿温 邪遏衛気 不換金正気散 がピックアップされてくる。
COVID-19中医方案より5 では、早期3.湿蒙清竅,湿困脾胃証 に藿朴夏苓湯が挙げられており、これとうまく一致する。
このようにして漢方診断を色々に工夫して使って欲しい。

| | Comments (0)

升陥湯

《医学衷中参西録》(黄芪20 知母10 柴胡・桔梗5 升麻3)
気分が虚極下陥すれば,人参、山萸肉を加えて肺気の耗散を収斂して,升ったものが再び陥ちないようにするのが佳い。
若し大気下陥が甚しく,少腹が下墜したり,疼痛すれば,升麻は5gか2倍の6gにするのが宜しい。

» Continue reading

| | Comments (0)

升陥湯―尿頻

メール相談 より
> 下腹部に力入らず、トイレが近い。痛みはないが、膀胱への圧迫感あり。
> 胸椎のズレによる息苦しさ、内蔵のズレによる膀胱の圧迫感、虚をひしひしと感じてます。お腹に力が入らない。
> 汗かくと止まらない。足はずっと冷たい。夜ほっとパットを足に当てて寝ます。眠剤もあまり効かない。

» Continue reading

| | Comments (0)

升陥湯―眩暈

張某,女,34歳。1991年9月3日
メニエール病といわれ,眩暈のため立っていられない。
これまでに服用した薬物の多くは平肝潜陽,化痰息風のものだった。
病者は双眉を緊蹙して,床上に臥しており,面色は黯淡無華,脈は沈にして骨に至る。寸関尺皆然り,稍や遅像あり。舌苔は白滑。

病機:此れは肝気不升の症である。肝気不升のため,大気は下陥し,気血が潜沈したままである。
頭は諸陽の会なのに,気血が下に潜行したままでは,頭部の高巓は栄養できない。
診断:眩暈(肝気不升、気血下沈、脳髄失養)

» Continue reading

| | Comments (0)

升陥湯―か細い声

張錫純の升陥湯《医学衷中参西録》は胸中の大気下陥、気短不足(息切れ)を治す。
升陥湯原方(生黄芪12 知母6 柴胡・桔梗3 升麻2)
気分の虚がひどければ,酌加人参3 ; or 再加山萸肉3。

升陥湯は黄芪が主であるが,黄芪は善く補気・升気するが,やや熱性である。故に知母の凉潤で之を済タスける。
柴胡は少陽の薬で,能く大気の陥ちた者を左から引き上げる。
升麻は陽明の薬で,能く大気の陥ちた者を右から引き上げる。
桔梗は薬中の舟楫で,能く諸薬の力を載せて胸中へ上達する。故に向導の役である。

» Continue reading

| | Comments (0)

湿疹-丹参銀翹飲

掻痒の程度が,昼軽く夜重いのは陰血不足,血燥生風の証である。
治則:養血活血 清熱解毒
丹参銀翹飲(丹参15 当帰・生地・白芍・川芎・銀花・連翹10 薄荷3)

本方は陰虚血燥によって生じた風を,養血潤燥して祛風するものである。故に方中の祛風剤は薄荷一味のみである。若し気分の風薬を過用すれば,必ずや血中の燥熱は更に甚しくなり、それがまた風を生ずる。風を治すには先ず血を治すべし,血が行れば風は自ずから滅する。
朱进忠先生的经验方-------丹参银翘饮 より

» Continue reading

| | Comments (0)

COVID-19 急性呼吸窘迫2

清肺排毒湯を使ったけれど、重症型へと急転した例」を振り返ってみよう。
2020年1月19日から咳嗽あり,発熱は無し,これを発症初日とする。翌日には咳嗽が重くなり発熱、倦怠乏力を伴った。この時点で治療を受けておれば、病邪はまだ半表半裏の位置にあり、軽症として発散・疏透で祛邪できていただろう。
しかし1月30日の入院時には清肺排毒湯を投与されたが既に透邪の時期は過ぎており、翌31日には危重期に陥り、陽明裏証の治療(通腑利湿)をしなければならなかった。
2月1日には内閉外脱証にまで進み、附子30 大黄15g を含む処方が必要になった。幸い翌2日には便通があり,小便量も増えて裏が通り、病邪が裏から抜け始め、回復の機運が出てきた。
治療は常に「病邪が今どこにあるか、どこから出すか」を確認しながら行わなければならない。
病邪を表から汗にして出すか、裏から大小便にして出すか、出るまでは治らない。
サイトカインストームによる重症化を喰い止めるには、石膏・麻黄・大黄・附子などの大剤を用いて、分離した陰陽を大気一転の法にて通じさせなければならなかった。
張伯礼院⼠が「中薬には免疫機能を調節する強い効果がある。」というのも頷けます。

| | Comments (0)

COVID-19 急性呼吸窘迫

1 案例
代某,男,56歳,2020年1月29日に張家口市の伝染病医院に入院。患者は1月10日にタイに行き、16日に北京に戻り、20日に玄華に戻った。

主訴:発熱、咳嗽があり15日経過。
現病史:患者は2020年1月19日から咳嗽あり,発熱は無し,1月20日に咳嗽が重くなり発熱、倦怠乏力を伴ったが,未だ受診はしていない。
1月28日8時30分頃 河北北方学校二附院で受診,疑似病例とされた。
1月29日にPCR検査 陽性,張家口市伝染病医院に転入。
1月30日 体温38℃,呼吸38次/min、心率100次/min、血圧143/79 mmHg,血中酸素圧76%。
発熱,咳嗽気急,少痰質黏,煩躁,舌質暗紅,苔黄厚膩,脈細数。
中医診断:瘟疫(湿濁鬱肺)
治法:祛湿化濁、清肺透邪
清肺排毒湯(麻黄9 炙甘草6 杏仁9 生石膏15 桂枝・沢瀉・猪苓・白朮9 茯苓15 柴胡16 黄芩6 姜半夏・生姜・紫菀・款冬花・射干9 細辛6 山薬12 枳実 陳皮6 藿香9)

» Continue reading

| | Comments (0)

蘇軾と聖散子方

東洋学術出版社の「仝小林院士 特別講座 COVID-19 の中医の認識と治療」2020.4.3 で、430人の新型コロナ軽症患者のうち1例も重症例を出さなかったという寒湿疫方(武漢抗疫方)誕生の由来が次のように述べられています。

1079年から1084年の間,当時,⻩州(⻩岡市)に流謫された蘇東坡は寒湿の疫に遭遇しました。その時,彼は,友人から「聖散子方」という処方を手に入れました。この処方は,表裏両感・衛陽鬱閉・高熱無汗・食欲不振,あるいは時疫の感受,神昏癲狂,病状が重篤な者を治療するためのものです。
中医薬管理局の医療チームは、この疾患(新型コロナ)の核となる病機は寒湿疫だと捉え,宣肺化湿の方法を用いて,当時(聖散子方を基にした)「武漢抗疫方」と呼んだ処方を創製しました。

» Continue reading

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册13

六、予防
1. 内服方1
処方 藿香10 紅景天15 金銀花10 貫衆・虎杖6 芦根15
功効 芳香化濁,益気解毒。

方義 藿香は芳香和中,化濁辟穢,辛温散表により祛邪,芳香化濁により辟穢,《本草正義》言わく“芳香は能く中州の清気を助け,勝湿辟穢す”。
紅景天は補気清肺,《本草綱目》言わく:“本経の上品,邪悪の気を祛り,諸不足を補う”,だが“補益薬の中には入らない”;蔵医《四部医典》では“性平……主治は周身乏力、胸悶、悪心、体虚等の症”。二薬の并用で,紅景天一補一清,藿香一化一散,紅景天、藿香一凉一温,一清一散,寒温并用,清散同工,共に君薬である。

» Continue reading

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册12

五、恢復期の治療
1. 分期特徴
患者の疫毒邪気は已に祛除されたが,正気は尚未だ完全には恢復していない。熱が退いても憋気、気短出汗、語言無力や干咳、呛咳、精力疲憊、食欲不振 等の一連の虚弱状態が見られ,肺部の陰影はまだ完全には吸収されていない。此の時には扶正を主として,恢復を促進しなければならない。

2. 辨治要点
①気陰両補,肺脾同調
②扶正為主,兼顧余邪

» Continue reading

| | Comments (0)

«新型コロナ 中医診療手册11