漢方診断 のやり方

例)ニューヨーク在住40代の“COVID-19に罹患した医師
3月17日(火)の夕方から少し倦怠感を自覚し、風邪の引き初めのような感じでした。
3月18日(水)後頭部の頭痛と倦怠感がありました。午後8時、36.6℃。
3月19日(木)後頭部の頭痛が継続する。激しい頭痛ではありません。同日午後7時は37.7℃、午後10時に38℃となり、明らかな発熱を自覚。上気道炎症状は全くなく、倦怠感と頭痛のみ。
3月20日(金)午後10時36.9℃。
3月21日(土)午前8時半、37.4℃。
この五日間の感染初期にどんな漢方処方を投与すればよいか?
咳嗽はまだ出ていないし、頭痛も激しくはない。発熱は出たり引っ込んだり、午后になって少々あったり。後頭部の頭痛と倦怠感のみ。
この後頭部の激しくはない痛みは「頭痛裹ツツむ如し」ではないだろうか?

試みに漢方診断をやってみよう。
本ブログの「参考」の所にある「漢方診断-症状」で「頭重」は「02-13」である。
これと温病の「」の二つをキーにして「漢方診断-800証」から「漢方診断-処方4」までを(サクラエディタで)検索する。
すると「漢方診断-800証候」から8.25寒湿困[蘊]脾証 寒湿内盛,困阻脾陽 がピックアップされてくる。
また「漢方診断-処方4」からは 湿温 邪遏衛気 藿朴夏苓湯 と 湿温 邪遏衛気 不換金正気散 がピックアップされてくる。
COVID-19中医方案より5 では、早期3.湿蒙清竅,湿困脾胃証 に藿朴夏苓湯が挙げられており、これとうまく一致する。
このようにして漢方診断を色々に工夫して使って欲しい。

| | Comments (0)

膀胱の気化とは何か?(5)

膀胱の気化失職による尿頻
症例:患者 42歳女性,春節の期間に親戚や朋友とトランプをして過ごした。それが夕方七時から夜中の一時までずーっとで,その間何度も水を飲んだが,トランプに夢中で,トイレへ行かなかった。
一時にゲームを終わると,ようやく下腹部の膨張を感じました。小便をしようと,すぐにトイレへ行ったが,終わっても下腹部の脹は変わらなかった。
二日目も三日目も,同様のままで,しかも症状は更に重くなってきた。いくら小便をしても残尿があり,小便の回数も増えるばかりで,日中はまだ我慢ができても,晩になると睡眠に影響してきます。我慢をすると,小便はひとりでに出てしまい,遺尿そのものです。
医院の検査では,膀胱炎という結論で,針薬ともやったが問題は解決しなかった。
患者の症状:小腹脹,小便頻数,精神疲乏,舌苔薄白滑,脈象細緩。

» Continue reading

| | Comments (0)

膀胱の気化とは何か?(4)

4 気化される物質
唐容川《医経精義》:“腎中の陽は,膀胱の水を蒸動す,是れ水中の気なり,上升して津液となる,気が物に著けば,水と化す,気が皮膚より出れば汗となる,気が口鼻から出れば涕唾となる,臓腑の外へ游溢すれば,統て津液と名づけるが,実は腎陽が蒸じて下ったものである。”
《諸病源候論》:“津液の余りが,胞に入れば小便となる。”
これは陽気の作用により,人体の津液が膀胱の気化を経て,肌表に出れば汗となり,前陰に出れば小便となり,体内にありては各種の精気と化し全身を滋養する。
だから張仲景は《傷寒論》で,太陽病で口渇、小便不利したのに,五苓散で治した。桂枝の作用は,膀胱に入り温陽し,膀胱の気化を幇助する。ゆえに正常に汗が出ているか否か、小便が通暢しているか否か,それが膀胱の気化功能が正常であるか否かの重要な標示になる。

» Continue reading

| | Comments (0)

膀胱の気化とは何か?(3)

3.2 臓腑との関系
膀胱の気化は肺、脾、腎、三焦と密切な関系がある。
は水の上源であり,肺には宣発粛降作用がある。
一つには肺の宣発作用によって津液は上に向い外へと散布され,濁液は汗液となって体外へ排出される;二つには,肺の粛降作用によって,津液は下に向い内へと敷布され,濁液は膀胱へ下輸される。

» Continue reading

| | Comments (0)

膀胱の気化とは何か?(2)

2 気化の概念
気化とは気の運動と変化を指す。人体にありては“気化”とは精、気、血、津液の相互転化のことである。
膀胱は寒水の府,水液が聚集する部位である。膀胱とは地上にありては水で,陰に属す。これが熱量を吸収すると,水は水蒸気に変り,蒸化と云う。
膀胱の気化によって出る物質は陽に属するが、膀胱には水を変じて雲と成すというような大きな能力は無い,その為には他の臓腑の陽気を借りなければならない。

» Continue reading

| | Comments (0)

膀胱の気化とは何か?(1)

「膀胱の気化作用によって尿が排泄され、気化不利になると排尿が阻害され、小便が通じなくなったり通りが悪くなったりする」というが、“気化”とは具体的にどんなことを云うのか?

膀胱の気化不利
《素問・霊蘭秘典論》“膀胱とは,州都の官,津液を蔵し,気化されれば則ち能く出ず。”
この句で説明される膀胱の功能とは,気化のことである。この“気化”についての歴代注家の解釈は色々である。気化の動力は何か,気化によって生ずるのは何か?

» Continue reading

| | Comments (0)

視野狭窄(脳梗塞)

俳優の岸部四郎さんが亡くなられましたが、新聞記事によれば脳梗塞に伴う視野狭窄も患っていた由。
私の友人が同じく脳梗塞による視野狭窄になり、一年後に補陽還五湯加減を用いましたが、時既に遅く効果がありませんでした。

» Continue reading

| | Comments (0)

白内障の鍼手術

2020.09.05 NHKの「偉人たちの健康診断スペシャル」で、細川藤孝の子、忠興が白内障を患った時、馬島流の鍼手術を受けたが不成功に終わったという紹介がありました。手術に使われた器具も残っています。
この手術は「墜下法」といい、濁った水晶体を硝子体の中へ落とすものです。
中医临床诊疗术语----治法部分 にも次の様にはっきりと示されています。
29.28金針撥障療法
通過針撥手術将白内障撥離瞳孔,以恢復患者視力的一種治療方法。

» Continue reading

| | Comments (0)

潰瘍性大腸炎2

陳達理 南方医科大学南方医院 中医科
1.急性期:毎日膿血便が多数回あり,重ければ10数回に及ぶ。
此の時の治療は止瀉、止痛を主とする。治療の有効性は、治療が正しく包括的であるかどうかによって決まる。

急性期基本方:白頭翁、秦皮15,葛根20,槐花、側柏叶、烏梅、五味子、柴胡、枳殻、元胡10。

» Continue reading

| | Comments (0)

潰瘍性大腸炎1

安倍さんの潰瘍性大腸炎はどのタイプなのかな?
中医内治法
1 大腸湿熱証
治法:清熱化湿,調気和血。
処方:芍薬湯(金代劉完素《素問病機気宜保命集》(黄連5、黄芩10、木香6,炒当帰10、炒白芍15、肉桂・甘草3)
加減:大便膿血較多,加槐花、地楡、白頭翁;大便白凍黏液較多,加蒼朮、薏苡仁、石菖蒲;腹痛較甚,加延胡索、徐長卿。

中成薬:
虎地腸溶膠嚢《国家食品薬品監督管理局国家薬品標凖 新薬転正標凖 第72冊》(朱砂七、虎杖、白花蛇舌草、北敗醤、二色補血草、地楡(炭)、白及、甘草)
香連丸《中国薬典》2015年版一部、《医保目録(2017年版)》(黄連(呉茱萸制)、木香)

» Continue reading

| | Comments (0)

慢性萎縮性胃炎2

前回報告した慢性萎縮性胃炎への追補です。
姚奇蔚(1916—2003)は江西南昌の人で,世襲の中医でした。
著作には《脾胃疾病常用治法和方薬》、《用薬十八法》、《中医治療学概要》等があります。
学術論文には《舒肺達肝法》や《慢性萎縮性胃炎は肝、肺と密切な関系がある》等の20余篇があります。
先生は特に肝・肺両臓の生克制化の理を重視しました。
“人の生は,気による;ゆえに治病の方法は,気を主としなければならない”との思想から,治病時には尤も肝肺の気機の宣降条達を重視しました。

» Continue reading

| | Comments (0)

«中暑陰証の症例