中医学の紹介

中医学は中国の長い歴史を経て蓄積された素晴らしい医学です。
中国のネット上でも多くの知見が発表されています。
それらは中国語で表現されているため日本人としては十分に読み取ることが出来ません。
私はなんとかして幾らかでも内容を察知したいと思って中国語講座を数年学びました。
お陰で何分の一かは理解できるようになりました。
進歩を続けている中医学があまりにも素晴らしいので、少しでもその内容を他の方にも分かってもらいたくなります。
それで僭越ながら下手な翻訳を省みず、気に入った記事があると直訳して他の方に読んでもらおうと考えました。
それで、このブログには沢山の中医学の報告例の直訳がアップしてあります。
出典には必ずURLをリンク表示してあります。
記事内容は、決して私個人の知見ではありません。
発表されたご本人様には幾重にも感謝申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痰熱による不眠

『中医臨床』v32-3(2011年9月) 丁元慶 治験報告No.9
患者:男性,36歳。背が高く恰幅もよく,顔面には痤瘡がみられることから,痰熱体質であることが考えられる。
初診日:2009年3月6日
主訴:半年前から寝つきが悪く,よく夢を見ます。いったん眠ってしまうと簡単には目が覚めませんし,いびきをかいて呼吸が止まることがあります。記憶力も低下している。口の周囲・鼻の先端,鼻翼部・頸部後方に痤瘡が発生しゃすく,ときに右下腹部にシクシクとした隠痛が現れ,便通は1日2回,便は形にならず,便が便器につきやすい。尿は正常だが,口苦,口臭がある。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心経の鬱熱による不寐

『中医臨床』v32-2(2011年6月) 丁元慶 治験報告No.8
患者:女性,40歳
初診日:2008年3月19日
主訴:寝つきが悪くなって3年余り。寒がりで,ときどき口渴がある。ときに胃痛が現れ,便は形にならない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外傷性延髄損傷

『中医臨床』v32-1(2011年3月) 丁元慶 治験報告No.7
患者:男性,39歳。
初診曰:2008年5月14日
2008年4月10,出張先でベッドから起き上がったときに,めまいを起こして転倒した。転倒後しばらくは意識が朦朧としており,約2時間後に自然に意識を取り戻した。意識を取り戾してから,上肢がうまく動かない・言葉がはっきりしない・嚥下障害・舌を伸ばせないなどの症状が現れたため,検査入院をし,外傷性延髄損傷と診断された。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多発性末梢神経障害 しびれ

『中医臨床』v31-4(2010年12月) 丁元慶 治験報告No.6
患者:女性,52歳。
初診日:2008年4月30曰
7力月ほど前から手足が痺れて,ときには痛みもあります。左手と左足が特に顕著で,痺れは冷えたときや夜寝ているときに少しひどくなります。手足がむくんだ感じがして,熱感もあります。頸椎症と診断されてから20年以上になる。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

膀胱咳

『中医臨床』v31-3(2010年9月) 丁元慶 治験報告No.5
女性,53歳。
初診日:2008年12月4日 半月前にカゼを引き,鼻づまり・咳・痰・のどの痛みなどが現れた。
睡眠中にのどがむず痒いような感覚があり,口が乾いて,その後咳が出ます。痰は黄色で量は多くなく,吐き出しやすい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雷頭風,側頭動脈炎性失明

『中医臨床』v31-2(2010年6月) 丁元慶 治験報告No.4
患者:女性,53歳。
初診日:2004年11月10日
最初は側頭部と太陽穴のあたりに拍動性の頭痛が現れ,痛みが激しく熱をもったような感覚がありました。7日後になってはじめて右目の視力が落ちていることに気付き,そのうち光も感じられなくなって,最後にはまったく見えなくなりました。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルコール性神経障害

『中医臨床』v31-1(2010年3月) 丁元慶老中医による治験報告No.3
患者:男性,43歳。
初診日:2001年5月9日
主訴:1力月ほど前から四肢に力が入らない,歩行が困難で安定しない,声がかすれるなどの症状が徐々に現れてきた。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

淋証(尿道症候群)

『中医臨床』v30-1(2009年3月) 丁元慶老中医による治験報告No.2
女性,45歳
初診:2006年7月28日
10年ほど前の夏に出張をして,長距離を車で移動しました。そのときは猛烈な暑さで,ずっと多量の汗をかいていました。それにあまり何度もトイレに行くことができませんでした。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痿証(重症筋無力症)

『中医臨床』v29-4(2008年12月) 丁元慶老中医による治験報告No.1
痿証(結節性甲状腺を合併した重症筋無力症)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生脈散とは気が付かなかった

2018年12月の『中医臨床』v39-4 では素晴らしい勉強をしました。
山東中医薬大学附属医院の丁元慶老中医による「益気養陰,補虚安中による脾腎気陰虧虚の虚労肌極治療」の治験報告です。
良き師に付くことが叶わない時には、このように優れた老中医の治験例を繰り返し読むに限ります。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«参蘇飲を見直す