漢方診断 のやり方

例)ニューヨーク在住40代の“COVID-19に罹患した医師
3月17日(火)の夕方から少し倦怠感を自覚し、風邪の引き初めのような感じでした。
3月18日(水)後頭部の頭痛と倦怠感がありました。午後8時、36.6℃。
3月19日(木)後頭部の頭痛が継続する。激しい頭痛ではありません。同日午後7時は37.7℃、午後10時に38℃となり、明らかな発熱を自覚。上気道炎症状は全くなく、倦怠感と頭痛のみ。
3月20日(金)午後10時36.9℃。
3月21日(土)午前8時半、37.4℃。
この五日間の感染初期にどんな漢方処方を投与すればよいか?
咳嗽はまだ出ていないし、頭痛も激しくはない。発熱は出たり引っ込んだり、午后になって少々あったり。後頭部の頭痛と倦怠感のみ。
この後頭部の激しくはない痛みは「頭痛裹ツツむ如し」ではないだろうか?

試みに漢方診断をやってみよう。
本ブログの「参考」の所にある「漢方診断-症状」で「頭重」は「02-13」である。
これと温病の「」の二つをキーにして「漢方診断-800証」から「漢方診断-処方4」までを(サクラエディタで)検索する。
すると「漢方診断-800証候」から8.25寒湿困[蘊]脾証 寒湿内盛,困阻脾陽 がピックアップされてくる。
また「漢方診断-処方4」からは 湿温 邪遏衛気 藿朴夏苓湯 と 湿温 邪遏衛気 不換金正気散 がピックアップされてくる。
COVID-19中医方案より5 では、早期3.湿蒙清竅,湿困脾胃証 に藿朴夏苓湯が挙げられており、これとうまく一致する。
このようにして漢方診断を色々に工夫して使って欲しい。

| | Comments (0)

王孟英医案 感冒1

懐抱奇のある友が,積労の后 寒を感じて発熱した。医者は古方を用いるのが好きで,麻黄湯を進めた。すると目が赤くなり鼻衄が出,痰中には血を帯びてきた。継いで小柴胡湯を与えると,舌が干き乏津となった。
懐が之を診ると,脈の来るのが虚数で無力であり,これは労倦に陰虚を兼ねた候である。熱薬の誤投である。血を動かさずしてこのように液を竭きさせることが出来ようか?地黄湯を三剤連進して,血は止ったが,意識はまだハッキリしてこない。生脈散に,当帰、棗仁、茯神、遠志を加えたら,意識が戻ったが,舌にはまだ津を生じていない。
乃ち曰く:腎は五液を主り,肺は生化の源である。なのに滋陰益気の,両方の効が現れないのは,何故なのか?細思するに,麻黄の性は内を守らず,服せば竟いには無汗に至る,徒らに其の陰を傷り,口鼻から血を出したが,薬性は未だに発泄の作用が残っていて,津液が行らないのではないか。仍お生脈散に,葛根を加え、陳皮を引とし,遂に微汗を得,舌に津を生じた。その后は帰脾湯、六味丸にて痊えた。

» Continue reading

| | Comments (0)

王孟英4

独創的な見解
中医学には漢の時代から霍乱という病名があり、一般的には嘔吐や下痢の一種であると言われています。1820年代に真性霍乱(コレラ)が登場して以来、この2つの概念はしばしば混同されてきたが、王士雄は明確な識別と詳細な分析によって治療を区別することを提唱している。霍乱には時行の真性霍乱と尋常性の吐瀉霍乱の区別があり,前者はほとんどが熱霍乱であり、後者は寒霍乱です。寒霍乱は一般には六気の病いで、胃腸の陰陽二気の乱れであり、熱霍乱は、暑穢蒸淫・飲水悪濁による“臭毒”の伝染病です。

» Continue reading

| | Comments (0)

王孟英3

温病学説
温病の伝変については、葉天士は、“心包へ逆伝する“と言っていますが、具体的ではありません。王士雄はこれを詳しく説明し、次のように述べています。
心包に伝わるのを逆と称するが、これは胃に伝入するのを順と称して相対的にいっているのである。肺の邪に在りては、下行して胃へ伝われば腑から腑へと出るのであり、その出路は順路である;胃に移らず心に伝われば臓から臓へと伝わり、邪に去路はなく、内蘊滋変するばかりだから、逆という。
彼はまた、"胃に下伝しない場合は、心包絡に内陥し、臓から臓へ伝わるだけでなく、気分にあった邪(ここでは肺の気を指す)が営分に入り、より一層進むので、逆伝と呼ぶ"と指摘した。邪が肺から心へ入り、衛から営へ入るのは、病変の逆転であるとされます。

» Continue reading

| | Comments (0)

王孟英2

清の道光時代、江蘇省や浙江省の一帯で霍乱(コレラ)が流行していましたが、王士雄はその治療に尽力し、1838年に《霍乱論》を書きました。1862年、霍乱が猛威を振るっていた上海に住んでいた彼は、“行政を担当していた人たちはどうしたらいいかわからず、多くの人が亡くなった“ので、原書を手直しして《随息居重訂霍乱論》と改名した。本書は、霍乱理論の精緻な解説、人生経験の集大成、病情の考察、論治法、附医案、創新方、霍乱の病因、病機、辨証、予防などを体系的に論じたものである。曹炳章はこの本を“霍乱治療の最も充実した書“であると評価している。

» Continue reading

| | Comments (0)

王孟英1

王士雄,字孟英
医術
1824年の夏、塩業総督の周観源は27歳で、肥満体で白い肌をしていたが、トイレに行った後、急に冷や汗をかき、口や唇が白くなり、声がかすれて出なくなった。 医師はそれを「熱中症」と診断し、辛香開竅薬を使おうとした。王士雄は、患者の脈がすでに微軟で絶えなんとしており、陽気が脱しようとしていることを知って、辛開剤を使えば、死が早まると反対した。医師達は彼がまだ若くて無知なのを笑い非難した。幸い患者は薬のことを知っていて、王士雄の言うことも一理あると思ったので、処方してもらいました。薬を買うまでのつなぎに、王士雄はたまたま一片の古生姜を持っていたので、急いで煎じ汁を喉に流し込ませるや、服后に体調がかなり良くなりました;次いで人参、黄芪、白朮、甘草等で補い,治癒することが出来た。

» Continue reading

| | Comments (0)

王孟英

アマゾンで珍しい書籍が手に入った。簡易中文のKindle版である。
Photo_20210219090401
王孟英評点古今医案 (English Edition) Kindle版
王士雄(1808~1868年?,一説1863年),字孟英,遷居銭塘(杭州)。
中医温病学家。中医学の臨床と理論研究に生涯を捧げ、温病学説の発展、特に霍乱の辨証と治療に貢献した。 また、環境衛生や疫病の予防など、貴重な観点を多数発表しています。《医学随筆》;《温熱経緯》

| | Comments (0)

メール 大腸ポリープ

女 51歳。多数のポリープ(50個くらい)があることが判明。低体温なのが気になっています。35度くらいのこともあります。ストレスを感じると下痢っぽくなりやすいです。腰が冷える 足が冷える

» Continue reading

| | Comments (0)

直腸ポリープ

中医では、"腸覃"、"腸瘤"等という。病因病機の多くは本虚標実、虚実夾雑である。本虚とは"脾気虚弱",標実とは湿熱、寒湿、湿濁、痰濁及びそこから引起された瘀濁、瘀血内停である。本病の治療は標本虚実を兼顧して,健脾祛湿・化痰祛瘀を大法としなければならない。

» Continue reading

| | Comments (0)

下肢浮腫に鶏鳴散

鶏鳴散には行気降濁,宣化寒湿の功効があり,脚気病を主治する。
症状は風湿に感じて,流注が脚足に現れ,耐えられない痛みは,縄で吊るされたようで,思わず声が出,筋脈が腫大する。
“鶏鳴”とは服薬時間を指す。五更(am3:00~5:00)の鶏鳴とは陽升の時,陽升陰降の意である。
方薬組成:檳榔7枚,陳皮、木瓜各1両,呉茱萸2銭,桔梗半両,生姜(和皮)半両,紫蘇茎葉3銭。
原方用法:粗末とし,八服に分ける。汲み置きの水三大碗にて,トロ火で煎じ,一碗半とし,滓を去る;再び水二碗にて,煎じ一小碗を取り,両方を合わせる。一晩寝た後,次の日の五更に二三服に分けて,冷服する。冬月は、少し温めてもよい,服し終われば食事をする。もし残れば,次の日に飲んでも良い。此の薬を服して天明に至るや,大便当に一碗許り黒糞水が下る。即ち腎家の感寒湿毒気が下る也。朝飯の前后には,痛みはあっても腫れは消えている。

» Continue reading

| | Comments (0)

黄帝派と扁鵲派

『古典のなかの〈治療世界〉』角屋明彦(著)
これは、黄帝、扁鵲、淳于意、華佗を扱った論文集ですが、二つの視点が面白かった。Photo_20210208085001

» Continue reading

| | Comments (0)

«メール 舌痛