« 不眠と多眠は同じ | Main | 繰り返し葛根湯への警告 ! »

温胆湯と胆寒

温胆湯は唐代の孫思ばくによる《備急千金要方》に初めて出てきます。
 半夏、陳皮、枳実、竹茹、茯苓、甘草、生姜

浅田宗伯の『勿誤薬室方函口訣』の清心温胆湯の条に「さて方名を抑胆に作るの益胆に作るのと議論あれども矢張温胆に作るか穏なり」とあるように、古来この温胆湯という名前について“温ではなくて抑か清にすべきではないか”という説があります。
何故なら構成薬を見ると処方としては清熱作用があると思われるからです。

また同書で浅田宗伯は「古人淡飲のことを胆寒と云 温胆は淡飲を温散する也」とも云っています。
しかしこれも前言と同じで何ゆえに「温胆に作るか穏なり」なのかよく分かりません。
つねづねこの疑問を持っていましたがこの度はやっとそれらしき回答に達しました。


『中医方剤大辞典』(人民衛生出版社1993.12)の「十味温胆湯」の解説の中に『張氏医通』から次のような引用があります。
“【主治】寒涎が胆を浸し、胆寒肝熱となる。心悸不眠・短気悪心・耳鳴眩暈・四肢浮腫など。”

また中医の路京華師(讀賣新聞日曜版『漢方漫歩』1994/7/31)によれば、
“日本のちょっと変わった夏の風物詩に、怖~い怪談話やお化け屋敷がある。胆を冷やすような恐怖体験によって、一瞬、暑さを忘れたいという、日本人の生活の知恵なのかもしれない。中国にはこういう習慣はない。「胆を冷やす」以外にも、日本には「胆だめし」「胆をつぶす」「胆っ玉が小さい」など、胆に関する言葉がたくさんある。これらはいずれも漢方の考え方に由来するものと思われる。
 中国漢方でいう胆は、現代医学でいう胆嚢の働きのほかに、「決断を主る」といわれるように、人の精神活動と関係の深い臓腑と考えられている。中国漢方では、ものごとにビクビクする、不安感、決断に迷うといった精神症状を「胆寒」という。昔の人は、このような症状を直感的に胆の冷えと考えたようだ。”

このようにハッキリと「胆寒(胆虚寒)」という語句が出てくるし、また「胆寒心虚」とも併記され、“胆驚(胆をつぶす)”の義である。

面白いのは寒涎が胆経に入って胆寒となる一方で、肝脾肺には正反対の肝熱や痰熱も又存することです。
その熱を清するために凉薬が組み込まれている訳ですね。


時珍は酸棗仁のところで「生用酸平,療膽熱好眠」といっている。
胆寒だと不眠になり、胆熱だと好眠になるのが人体の生理らしい。
それで不眠には炒酸棗仁を用い、好眠(多眠)には生酸棗仁を用いると区別したわけですね。
(わたしは酸棗仁の炒と生はジンクスみたいなもので効果に差はないと思うが)

|

« 不眠と多眠は同じ | Main | 繰り返し葛根湯への警告 ! »

漢方」カテゴリの記事

Comments

胆寒肝熱についてヒントがありました。「小金井信宏氏によれば、温胆湯は南北朝時代(420~589)の『集験方』から、千金に引用されていおり、温胆湯が作られた時代には「藏熱府寒」という病理観・弁証法があって「藏の病は熱、府の病は寒」という発想からつけられた方剤名だという。(中医臨床88号) 」from 「九峰の備忘録」2011年 08月 16日 http://magicsam.exblog.jp/

Posted by: youjyodo | 2011.08.20 at 01:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/122068

Listed below are links to weblogs that reference 温胆湯と胆寒:

« 不眠と多眠は同じ | Main | 繰り返し葛根湯への警告 ! »