« 温胆湯と胆寒 | Main | 瞑眩なんて、起こらない! »

繰り返し葛根湯への警告 !

葛根湯をカゼに使ってはならないへの追加
最近はまた風邪が流行ってきたようです。
今日もまた「葛根湯を下さい」というお客さんが店に来ました。
処方名を指定するようなしたり顔のお客さんには大抵こちらからの助言は聞いてもらえません。
何故ならその人には「葛根湯で風邪が治った」という体験があるからです。
それで仕方なしに黙って品物を渡すことが多いのです。
真実本当に「葛根湯で風邪が治った」と専門家から見てもそう云えるのならそれでいいのですが、素人判断でもし間違った判断をしているなら誤治どころか逆治療になっている場合が有る事を恐れます。

電車や職場・学校などの人の多い中で風邪のウィルスをもらって感染すると最初は背中に寒気がします。
それは膀胱経という経絡の走っている場所で、一番外界に近い体表だからです。
寒気がすれば重ね着をして体の温まる食べ物を食べて暖房の効いた部屋で休むことでしょう。
それでも風邪は進む時は進みます。

いつまでも寒気と水洟ぐらいで他に症状が出てこなければそれは「風寒性」の風邪です。

しかし鼻がつまり、喉が乾燥して痛くなったり、ガラガラ声になったり、痰や咳が出たりするとそれはもう風寒性ではなく「風熱性」の風邪である可能性を示しています。
一番ハッキリするのは体を温めると僅かでも発汗するなら間違いなく風熱性です。

風寒性では温めても暖めても発汗しません。
それで葛根湯などの温熱性の薬草の力を借りて発汗させるのです。


病原は一つでも病人の体質が百人百様なので風邪の症状も百人百様になります。
しかし大きく分けて上述の風寒性か風熱性の二つに分かれます。

現代は貧しかった昔と違って食べ物も衣類も豊富で暖房も十分です。この恵まれた環境がだんぜん現代人の体質を“熱性”に変えてしまいました。
それで私が見るところでは流行の風邪の殆どは「風熱性」の症状を呈しています。

そんな時には決して葛根湯は飲まないで下さい。
風熱性の風邪に温熱性の葛根湯では火に油を注ぐようなものです。
誤治どころか逆治療です。素人療法はケガの元です。

 『かかりがけの風邪に六味湯加味』‥‥‥風邪への最新情報です。

|

« 温胆湯と胆寒 | Main | 瞑眩なんて、起こらない! »

漢方」カテゴリの記事

Comments

私の妹夫婦(妹47歳、義弟50歳)が、風邪で葛根湯を飲んだのですが、手足と顔が膨れ上がりました。妹は治ったのですが、義弟のほうは、いまだに腫れが引いてません。病院にも行って検査もしてもらったのですが、検査結果は異常な使途のことで、原因不明と言われたそうです。葛根湯の副作用にこういう症例があるのでしょうか?教えてください。

Posted by: 高井雄一郎 | 2004.04.06 at 06:40 PM

手足と顔が膨れ上がるとはまた大変な反応ですね。
一般に葛根湯の副作用として云われているものは胃の不快感・発汗過多による尿量減少、及びその結果としての血圧上昇や頭痛などです。
ポイントは発汗過多が起こったか起こらなかったかにあります。もし発汗がなかったのに手足と顔が膨れ上がったのなら葛根湯とは無関係です。発汗過多が起こった場合にのみ関係があります。

Posted by: youjyodo | 2004.04.08 at 10:46 AM

知人に「風邪のひき始めに葛根湯を2回分、1度に服用すると、すぐに治った。」と聞き「風邪かな?」と思った時に試してみました。咳などはすぐに治まったのですが、熱・発汗が続き、葛根湯が残っていたせいもあり飲み続けました。 今月の生理が10日以上遅れています。妊娠検査薬の結果では陽性反応がみられませんでした。葛根湯と生理不順の関係はあるのでしょうか?

Posted by: なかのみな | 2004.08.09 at 07:03 AM

> 知人に「風邪のひき始めに葛根湯を2回分、1度に服用すると、すぐに治った。」と聞き

薬は多量に飲めばよく効くというものではありません。
合っている薬なら少量でも効き目がわかります。
それが分かってからなら多量に飲むのもよいでしょう。

> 熱・発汗が続き、葛根湯が残っていたせいもあり飲み続けました。今月の生理が10日以上遅れています。

発熱・発汗は想像以上に体力を消耗します。
気血の充実がなってはじめて生理も起こります。
定期的に来なかったからといって直ぐにそれを薬の副作用と結びつけることは出来ません。

Posted by: youjyodo | 2004.08.11 at 11:09 AM

交通事故による腕のしびれで、整形外科で芍薬甘草湯を処方されていましたが、担当医が代わったら、葛根湯、桂枝加朮附湯を処方されました。薬局で「前者が陽、後者が陰の人向けで、なぜ両方処方されたのか不思議だ」「どちらが会うか別々に飲むと良い」と言われました。1日3回30日分で別々に飲むと2ヵ月分。後者から試しましたらめまいが続きますので、87袋も残して、葛根湯を試そうと思いますが、風邪で有名な葛根湯。ネットを見ても、しびれに効果があるとは書かれてないので・・。

Posted by: かず | 2012.10.31 at 01:11 AM

ひきはじめに飲むからなのか、、
毎回、葛根湯を飲むと痰が黄色に変わり、、犬のような咳になります。
もう、こわくて飲めません。
アレルギーの病院に行きクスリをもらったら
その日に痰が透明になり咳も止みました。

Posted by: マイル | 2016.12.18 at 09:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/175090

Listed below are links to weblogs that reference 繰り返し葛根湯への警告 !:

« 温胆湯と胆寒 | Main | 瞑眩なんて、起こらない! »