« 疎泄が足りないと鬱になる | Main | 高血圧は陽気過多 »

糖尿病と民間薬

昔から糖尿病に効くといわれている民間薬には次の様なものがあげられています。

日本……たらの木・いちい(あららぎ)・連銭草
中国……とうもろこしの毛

しかしいまだ誰もその理論的根拠を説明した人もいないしデーターもありません。
何故なら“糖尿病”という病気は近代になってようやく認識されたもので、昔は血糖値という言葉も無かったのですから。その点では“高血圧”も同様です。
しかし根拠やデーターが無くても多くの大衆に愛用されているのは何故でしょうか?
やはり何らかの効果が認められているからでしょう。それが民間薬というものです。
そこで、これを説明できなくてはいっぱしの漢方家とは云えないとばかり、しゃしゃり出てきました。

糖尿病の特徴といえば、初期の口渇・空腹感、末期の頻尿です。
漢方には“三消”という病名があり、多飲を上消、多食を中消、多尿を下消と三つの“消”で考えており、現代の糖尿病に相当すると思われます。
このような経過を取るのは典型的な場合であって、一般には自覚症状の無い、血糖値が高いだけの糖尿病が圧倒的です。
漢方は症状から「証」を決めるのが診断法ですから無症状では手が出ません。

そこでいやでも血糖値や尿糖を漢方の概念で考える事を始めなければなりません。
血糖値の高い血液とは水穀(飲料・食べ物)の精微物質(栄養素)が血中に收摂されずに漏れ出た状態です。
これを漢方概念でとらえるとすれば「湿熱」の多い血液になりましょう。
そして湿熱が生じる原因は「嗜酒酪,傷及脾胃,脾失健運,湿熱交阻」(脂っこい食物や酒類を好み、脾胃が弱って消化し切れなくなって、湿と熱が合わさって邪となる)と云われています。
これを専門用語では「脾虚湿熱の証」といいます。

そこでこの湿熱の邪を除くためには「清熱去湿」作用のある薬草が必要になります。
それが、たらの木・連銭草・いちい・とうもろこしの毛、などです。
勿論それ以外にも清熱去湿という作用で考えていけば他にも候補となるものがあるでしょう。

本当は「湿熱」を去るだけでは半分にしかなりません。もう一つには「脾虚」を助けなければなりません。
そういう考えは民間薬にはありません。両方考えるのは理論的な漢方だけです。


次に血糖値の高い状態が長く続くと病状が進行して、精力減退・疲れる・痩せる・視力が衰える・手が痺れる、などの症状が現れてきます。
これは脾胃の衰弱が長期化した結果、その影響が腎へも及び、「腎虚」になったからです。
そうすると水穀の精微が血中から更に尿中へと流出し始めます。
栄養が体外へ漏れるので影響は大きくなります。
対策としては、もう「湿熱」なんかは放っておいて、腎虚を補うことに専念しなければなりません。
そんな時期になっても たらの木・連銭草 などを飲んでいたら逆効果で、ますます腎虚が進みます。
このように漢方の理論的な考え方をすれば民間薬も生きてきます。

|

« 疎泄が足りないと鬱になる | Main | 高血圧は陽気過多 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

益々お清祥のことと喜び申し上げます。

私は丁偉と申します。突然のメールにて失礼しました。
今日貴社のホームページを見ました。
私は仕事の関係で漢方系関連の仕事に努めております。

現在、日本人の死因でもっとも多いのが、癌、心臓病、脳血管障害の3つです。

これらはいずれも生活習慣病なのです。

生活習慣病とは、日常の生活習慣と非常に関連の深い病気のことをいいます。代表的なものとしては、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、癌などがあげられます。健康診断を受けると、血圧が高いとか、血糖値が上がっている、コレステロール値が高い、尿酸値が高いなどと、言われたりしますが、これは皆生活習慣病につながるものです。

最近、日本人は生活が乱れていますし、ストレスが溜まっていますし、睡眠不足になりがちです。生活習慣病はだいたいこれらから始まるといわれます。生活習慣病は、症状がない時期が長く続くことが多いので、放置しがちです。けれど、そのままにしておけば、がんで手遅れになったり、心臓病で突然死したり、癌、脳梗塞になったりしてしまいます。

世界一の長寿国日本は、これから高齢化社会を迎え、糖尿病、高血圧、癌などをはじめとする生活習慣病対策が求められます。日本の医療水準は世界一と言えます、生活習慣病で悩んでいる方が多い過ぎます。治療効果は一流といえません。西洋医薬が脳、心臓、肝臓、腎臓などの人体の各器官をあたかも自動車の部品のようにバラバラにして取り扱って、一つの症状を標的にその症状を改善するように作られています。血糖降下剤、血圧降下剤等はその例です。急性病、感染病に対して、西洋抗生薬物は非常に有効です。現在、西洋医学は生活習慣病の治療に対し、限界が見えています。治療の不徹底で、病気が繰り返えされ、患者は苦しんでいます。生活習慣病病理を解明していませんから。

例えば、単純な膵臓炎症で糖尿病になる場合は西洋医学が凄く効きます。漢方理論は生活習慣病での糖尿病に対し、単純な膵臓の問題ではない、諸内臓器官の相互関係があると主張しています。漢方は人の全体として、調和のとれた生物体として捉まえて全体を健康な状態へ導いていくです。

漢方医学の世界ではいろいろの漢方の効果功能が注目されています。漢方は自然治癒力を向上させ、内臓機能の活性化を促進します。人が本来持っている自然治癒力を回復させることは一つの器官だけでなく、身体全体に関係しているのです。これは自然治癒力を向上、内臓機能の活性化を促進します。

でも治療の場合、内臓だけでなく、内臓の支配器官――脳幹にある迷走神経が諸内臓を支配していることを考えないと、治療が巧くいけません。迷走神経を調整するのは椎骨動脈です。即ち、私達は生活習慣病の治療に対し、諸内臓と椎骨動脈の機能を改善しないと、徹底的な治療はできないと認識しています。

西洋医学の限界部分は東洋医学で解決できると考えます。

私達は西洋医学と東洋医学の統合は21世紀新医学であることと認識しております。

なお、漢方系素材により、生活習慣病の糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、通風など、西洋医学では対症治療しかできない難病に対して、他の証と合わせて、かなりの程度まで回復させることができることがわかりました。

漢方は生まれながらの病気に対し、限界があります。

即ち、漢方は若年性糖尿に対し、治療が難しいことと認識しております。

以上の事をご参考ください。

神経により内臓に影響を与える内容は資料があります。
また、時間がありましたら、ぜひお目に掛かりたいと思います。

宜しくお願い致します。

               東京都新宿区百人町1-3-17足立ビル3階

                 株式会社 ビーエヌユー

                電話:03-5292-5081

                ファクス:03-3872-9981

                副社長: 丁偉

              東京新漢方健康研究会 副会長

Posted by: 丁偉 | 2004.03.12 10:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 糖尿病と民間薬:

« 疎泄が足りないと鬱になる | Main | 高血圧は陽気過多 »