« February 2004 | Main | April 2004 »

柴胡桂枝干姜湯に異論あり!

この処方は構成が難解で、方意が理解できず、私はまだ使った事がありません。

【構成】 柴胡 桂枝 干姜 括楼根 黄岑 牡蛎 甘草

柴胡剤といえば日本では俗に大柴胡湯・柴胡加龍骨牡蛎湯・小柴胡湯・柴胡桂枝湯・柴胡桂枝乾姜湯の順に体力的虚実に合わせて使う事が習わしになっています。
そんな事でいいのだろうかとかねがね疑問に思ってきました。

S.147下編,傷寒五六日、已発汗而復下之、胸脇満微結、小便不利、渇而不嘔、但頭汗出、往来寒熱、心煩者、此為未解也。柴胡桂枝乾姜湯主之。……日三服、初服微煩、復服汗出便愈。

吉益東洞の「方極」には“小柴胡湯証にして嘔せず痞せず、上衝して渇し、腹中動ある者を治す。”との解説がありますが、全く以って何のことやら意味が分かりません。

この度は『中医証候鑑別診断学(2版)』を勉強していて少しだけ分かって来たので、私の理解した事を発表します。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

柴胡桂枝干姜湯は
太陽病を発汗させたり、また下したりして表邪を去ろうとしたけれど、如何せん表邪を完全に発散させぬ内に、その処置の負担が裏を虚させる事になり、余邪が少陽へと伝入(内陥)しようとする。
すでに発汗や下法のため津液を失っているので、邪熱はたちまち少陽の枢機を乱して気鬱の軽症=“気機微結”をもたらした。
すなわち三焦の水道不暢から小便不利となり、気化不利で津液が生じないので口渇が起こる。
「渇しても不嘔」なのは気化不利の程度が小さくて「水飲内停」にまではなっていないから胃気の上逆はまだ起こっていない事を意味している。

(注) もし水飲内停が起これば少陽兼水飲内停となり、小柴胡湯去黄岑,加茯苓の出番になる。

頭汗が出るのは余邪の熱が体表から出ること能わず、少陽経を上昇して頭から蒸散するからである。
気機微結によって「水飲内停」まではならずとも幾ばくかの水湿は留滞する。
気鬱と水湿が合わさったのが“胸脇満微結”である。
以上から吉益東洞がいうような「上衝して、腹中動ある」謂れはどこにもない。

処方構成を考えてみるに、柴胡はもちろん少陽の枢機を転じるため、桂枝は肌表の営に通じるため、干姜と黄岑は陰と陽を調えるため、瓜楼根は津液を潤し、牡蛎の軟堅作用は干姜・桂枝と合わさって胸脇の痞満を消し、甘草で中を和すものである。

「日三服、初服微煩、復服汗出便愈」
邪正は錯雑し清濁が混淆しているので、初服には薬と病が互いに格拒する。
それで微煩するが、かまわずに飲み続ければ表裏から邪気が退いて、汗が出れば自ずと愈える。

(主張) 以上の観点から柴胡桂枝干姜湯を柴胡剤のなかの一番弱い処方に位置づけ、広く体質改善に用いるような曖昧な使い方は出来ないはずである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パニック障害と漢方

呼吸困難や心悸亢進を伴って、死ぬのではないかと思うほどの恐怖感を感じるパニック障害という現代病について、漢方ではどのように弁証するのかを考えてみました。
漢方にはもともと“善驚”“驚恐”“驚悸”“驚駭”などの病名があります。
その様子は「何かの見聞によって突然誘発される動悸と不安感」と表現されています。
この定義からいえばパニック障害がこれに含まれるのではないかと思われます。
そしてこの“驚悸”には次のような原因があげられています。

1. 心胆気虚…………四君子湯 温胆湯 桂枝竜骨牡蛎甘草湯
2. 陰血不足…………帰芍地黄湯
3. 痰火擾心…………黄連温胆湯
4. 心火旺盛…………瀉心導赤散
5. 肝鬱血虚…………丹梔逍遥散加減
6. 心気虚……………養心湯 帰脾湯
7. 心肝血虚…………天王補心丹合四物湯
8. 肝陽虚……………竜歯清魂散《類証治裁》(*) 珍珠母丸

(*)竜歯 遠志 人参 当帰身 茯神 麦冬 桂心 甘草 延胡索 細辛


さて今日云うところのパニック障害とは上記のどのケースになるのであろうか?
私が一番問題にしたいのは心病か、肝病かという点です。
精神の病はとかく心病として扱われがちで、肝病を疑うことは余りありません。

漢方心理学では神・魂・魄・意・志を「五志」といい、それぞれ心・肝・肺・脾・腎に宿るものとされ、意識や感情といえども五臓全体からコントロールされていると考えます。
だから精神の病気も脳だけを問題にするのではなく、五臓からもアプローチしようとします。

心が「君主の官」なら、肝は「将軍の官」といわれ、のびやか(条達)を喜び抑鬱を悪み太過を嫌う強情な臓器なので剛臓といわれています。
だから精神の刺激を受けると直ぐに影響を受け、肝気太過では、いらいら、怒り易いなどの症が現れ、反対に肝気不足になると恐れる症が現れます。

パニック障害は不安感に襲われるので肝気の太過ではなく不足のほうです。
「肝虚」の病を『中医証候鑑別診断学(2版)』から拾うと、肝血虚、肝気虚、肝陰虚、肝陽虚の四種になります。
このうち肝陽虚という証は日本では余り知られていません。
肝気虚と肝陽虚の違いは殆どありませんが、肝陽虚には寒の症状がより強く現れます。

剛臓であるはずの肝が虚せば肝と表裏の関係にある胆が怯え、“決断をつかさどる”はずの胆が怯えれば恐が生まれます。
驚と恐が同時に現れるのは肝気虚よりも重症の肝陽虚の場合だと考えます。
驚恐は肝気の上逆・陽亢を起こすのでその影響は心の支配領にも現れ、不眠や舌のアフターなどになります。
そのほか文献から引用すれば:

---
肝は筋を主どり,陽気が虚せば筋は所養を失い,必ず疲乏を感じ,懈怠し,労に耐えず;
肝は剛臓にして,胆腑が之に附く,陽気が虚せば必ず胆は怯え善く恐れ,憂鬱にして楽しまず;
肝は血を蔵するが,陽気が不足すれば血を運び筋を栄養することが出来ず,しばしば頭身は麻木し,四肢は温まらない;
脇は肝の分野で,陽气が虚せば疏泄を失い,しばしば気滞胆鬱し,脇は脹悶する;
肝木の陽気が虚衰すれば,土を疎泄できず,必ず土壅脾滞となり腹満し納呆となる;
肝は目に開竅するので,陽気が不足すれば目に達しても,視物は不明となり,頭暈し眼はかすむ;
肝は筋を主り,肝脉は陰器を繞うので,陽気が虚せば,相火は衰退し,陽気が至らなければ,往往にして陽道が強固にならず,事に臨んで怯んでしまう;
婦女は肝をもって先天となす,肝の陽気が虚せば,衝脈と任脈は受損し,しばしば月事は遅延したり,来ても終わらず,腰と少腹は寒痛する。
---

パニック障害を心病ではなく肝病と考えて竜歯清魂散などを候補処方として挙げたが、当帰身・桂心・延胡索・細辛などが肝陽虚に対してどれだけ対応してくれるか期待している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小青龍湯を花粉症に使うって!?

花粉症といえばバカの一つ覚えのように小青龍湯という漢方処方を用いる方がいます。
何故なら小青龍湯を用いる目安の一つに「みずばな(水涕)」が上げられており、花粉症でみずばなが出ればたったそれだけの理由で小青龍湯を使おうとするのです。
まことに漢方理論の欠如としか云いようがありません。
漢方の原典《傷寒論》の小青竜湯は次のようになっています。

S.040中編,傷寒、表不解、心下有水気、乾嘔、発熱而咳、或渇、或利、或噎、或小便不利、少腹満、或喘者、小青龍湯主之。

「中医方剤大辞典」では要約して「解表散寒・温肺化飲」と効能を表しています。
「解表散寒」とは体表に“表寒”なる外邪があるのを温めて発汗により取り去ることです。
また「温肺化飲」とは体内に“水飲”なる内邪があるのを温めて利尿により取り去ることです。

体表と体内の両方から寒気と水毒に襲われてビビッている状態です。

これと花粉症が似ていますか?
似ているならどうぞ使ってください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

花粉症による水涕やクシャミや目の痒み等のアレルギー症状は確かに困ったものです。
しかしそれらは過敏物質が原因であって、決して寒気と水毒が原因ではありません。

Continue reading "小青龍湯を花粉症に使うって!?"

| | Comments (3) | TrackBack (3)

防風通聖散では痩せられない!

いまだに大勢の方が防風通聖散を「痩せ薬」として使っているようです。
一体いつ頃からこういう使い方がなされるようになったのでしょうか?
健康雑誌の影響が一番大きいのでしょうが権威ある方々も結構繁用しているのではないでしょうか。

『中医方剤大辞典』(人民衛生出版社1993.12) には次の様な説明があります。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

062 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 『宣明論』

【功用】疏風退熱・瀉火通便

【主治】風熱が壅盛で表裏・三焦ともに実証のもの。
    身熱のため煩躁し、頭痛・昏眩・口苦して渇し、
    咽喉は不利で、胸膈は痞悶し、腹部は脹痛し、
    譫語や驚恐あり、手足は引きつれ、大便は秘結し、
    小便は短赤である。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

この説明を見る限り、どこにも「痩せ薬」としての根拠はありません。
解説を加えますとこの処方は「三焦表裏皆実の証」に使うものです。
「三焦の実」とは身体の上から下まで通じて流れる水分代謝や利尿が停滞した場合をいい、
「表裏の実」とは体表に悪寒や寒気の存在があること、及び体内に熱や便秘があることです。

具体的には“風熱”を外感していて、且つ“腸胃積熱”が内にある状態です。
たとえば扁桃腺炎などの発熱・頭痛・咽喉痛に、或いは麦粒腫の腫脹などが代表例です。

ちなみに処方名の「通聖」とは皮膚・鼻・肺・腸胃・肝までひと通り全部の聖薬であるという意味です。

昭和に入ってから肥満への応用が始まったらしいのですが、その根拠になるのは太鼓腹・重役腹という表現です。
この表現は一貫堂流の漢方家が三大体質の一つとして挙げているもので、太鼓腹のものに防風通聖散が合う場合が多い、という経験でした。
まだ未熟だった頃の昭和漢方が生み出したミスです。
症状や病気や体質ではなく体型別に処方を出すということは医学的に暴挙といわなければなりません。
再び繰り返しますが、防風通聖散を肥満に使うのは間違いです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »