« 急性胃腸炎 | Main | 梅核気と半夏厚朴湯? »

芍薬甘草湯と高プロラクチン血症

芍薬甘草湯が高プロラクチン血症による不妊に効果があると報告されてから、漢方薬の新しい応用例として話題になることがあります。
これには、いつもながらの研究手法に一寸待ってーぇ! と叫びたくなります。
一体どんな根拠から芍薬甘草湯を選んだのか説明してもらいたいところです。

従来は「芍薬甘草湯は月経困難症における疼痛緩和に用いる」という認識でした。
それは肝血の不足により血が筋を養わず、筋脈が攣急するのが原因であると考え、芍薬甘草湯に舒筋作用を期待したものです。
その根拠は《傷寒論》の次の条文によるものです。

S.028上編,傷寒脉浮、自汗出、小便数、心煩、微悪寒、脚攣急、反与桂枝、欲攻其表、此誤也。得之便厥、咽中乾、煩躁吐逆者、作甘草乾姜湯与之、以復其陽。若厥愈足温者、更作芍薬甘草湯与之、其脚即伸。

傷寒病の一つの例に桂枝湯を与えて、それが誤治であったのを甘草乾姜湯で補正し、残った症状(脚攣急)に芍薬甘草湯をあてがっているのです。
この条文だけでは芍薬甘草湯の作用がどういうものであるのか類推できません。
ただ結果的に「其脚即伸」となるので、それなら舒筋作用であろう、というだけの事です。

しかし芍薬甘草湯が高プロラクチン血症に有効である事は実験が証明しています。
それを漢方家はどう説明できるか、というのがずーっと私の悩みでした。

『朱小南・中医婦人科』のなかに「芍薬甘草湯が帯脈の拘急を緩和する」という解説があります。
帯脈というのは文字通り腰の周囲を桶のタガのように輪状に回っている経絡です。
そして腰から下の各経脈を吊り上げる働きをしています。
帯脈が拘急して締めつけ過ぎるのも良くないし、反対に弛緩して下垂させるのも良くありません。
また帯脈は任督衝3脉を監督するので婦人科疾患とも深いつながりがあります。
こういう背景の下に芍薬甘草湯と高プロラクチン血症を考えるとき、その根拠は帯脈の拘急を緩和するからであると云えば納得できます。

|

« 急性胃腸炎 | Main | 梅核気と半夏厚朴湯? »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芍薬甘草湯と高プロラクチン血症:

« 急性胃腸炎 | Main | 梅核気と半夏厚朴湯? »