« SARSと漢方 | Main | 『通俗傷寒論』2 »

『通俗傷寒論』

 遅まきながらやっと『中医伝統流派の系譜』  黄煌著  (東洋学術出版社2000/12/8) を読む機会を得ました。
これは既に『中医臨床』vol.14-no2(1993)の誌上で、「中国伝統流派の系譜1 通俗傷寒派」のタイトルで著者である黄煌(南京中医学院)教授が翻訳原稿の一部を発表したものです。当時は興味を引かれて次回を待っていたのですが続いての発表はありませんでした。それが2000年に単行本として刊行されたのを見逃していました。
次に、北里研究所東洋医学総合研究所 小曽戸洋氏の序文を引用します。

 ひとくちに中医学、漢方といっても、一様のものではない。中医学というと、整然とした揺ぎない理論に裏打ちされた医学のように思っているむきもあるが、決してそうではない。長い歴史を通じて試行錯誤がくり返され、多種多様の学派が形成され受け継がれてきたのである。……伝統医学の研究や実践において医史文献学的な知識が不可欠であるゆえんはここにある。……本書は従来の中医各家学説を礎としつつも著者独自の卓見をもって再構築し、整理された斬新な書であり、日本で初めて出版される各家学説の書である。

 これを読んではもうジッとしていられません。時代時代の流行病を切り抜けて築き上げられてきた独特で斬新な漢方医学開拓の歴史を垣間見たいという思いに駆られます。今回からその一部、通俗傷寒派の成果である『通俗傷寒論』についてアプローチしてみたいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 北宋時代(960年~)には印刷技術が進歩し、『傷寒論』が校訂され刊行される事も多くなったのでしょうか、研究が一気に進みました。1107年頃発刊された、朱肱の『類証活人書』が宋代通俗傷寒派のはしりです。この書は問答体形式で書かれており、通俗的でわかりやすく、身近で実用的であるので後世“通俗傷寒派”と呼ばれるようになりました。

 その学術的特徴は「傷寒」という病気を広義に解釈し、傷風・熱病・中暑・温病・湿瘧・風温・温疫・中湿・湿温・温毒など総てを包含する「一連の傷寒」という概念を構想した事でしょう。もう病名などは要らなくなったのです。その代わり、傷寒本証・傷寒兼証・傷寒夾証・傷寒壊証・傷寒複証などと新たな分類がなされてゆきます。

 通俗傷寒派を集大成したのは兪根初で、代表作が『通俗傷寒論』(1835)です。
これはその後、同郷の何秀山と何廉臣(1861-1927)が手を加え、曹炳章が完成させました(1934年 民国23年)。
それに現代の徐栄斎が再び改訂を加えたのが『重訂通俗傷寒論』1956)で、現在通用しているのがこれです。
更にこのたびは最新版として、北京の中医古籍出版社から横書きの『三訂通俗傷寒論』(2002/5)が発行されましたので漸く我々も手に取ることが出来るようになりました。(つづく)

|

« SARSと漢方 | Main | 『通俗傷寒論』2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/1811960

Listed below are links to weblogs that reference 『通俗傷寒論』:

« SARSと漢方 | Main | 『通俗傷寒論』2 »