« October 2004 | Main | January 2005 »

小柴胡湯の誤用

『通俗傷寒論』を読んでいると、本場中国で老中医達が営々と築き上げてきた歴史の過程と努力を垣間見ることが出来るように思います。
たとえば小柴胡湯のところには次のような解説がなされています。

【廉勘】 小柴胡湯はただ風寒正瘧の病で、邪が少陽に在る者に用いるべきである。若し温熱暑湿の諸瘧で、邪が口鼻から入る場合は脾胃の气が既に窒滞してしまっているから、両者はハッキリと区別しなければならない。もし後者に小柴胡湯を使うと、処方に含まれる人参・甘草・生姜・大棗には温補の作用があるので外邪を助けることになる。すると最悪の時には「液涸神昏(高熱になり体液が枯れて意識が朦朧とする)」となるし、又そうでなくとも次第に邪が停留し結ぼれて「痞」となり、陰液を耗傷して遂には「瘧癆」となる。
これは王孟英の言葉である。此の処方を用いるにはよくよく気をつけなければならない。


また柴胡四物湯のところには、
【秀按】少陽の証は初めは病が气に在るけれど長引くと必ず絡(厥陰之肝絡)に入る。もし往来寒熱の状態だけを見て安易に小柴胡湯を投与したら、温補助陽の働きがある人参・生姜・大棗が却って血を毀損することになり、熱はいよいよ高くなる。熱が結ぼれると表裏は更に固閉されて内火はますます熾んになり、たちまち陰を竭きさせて肝風は内動するだろう。


加減小柴胡湯では、
【廉勘】葉天士先生曰く、婦人の経水が丁度来た時に外邪を受けて熱入血室の状態になったら、仲景は小柴胡湯をあげている。この中の人参・大棗は胃气を扶けるので、陽明に所属する衝脈が虚しておれば合致する。しかし若しも熱邪が陥入して血と相結べば陶氏の小柴胡湯去人参・甘草・生姜・大棗 加生地・桃仁・査肉・丹皮、或いは犀角等がよい。


(*)このように小柴胡湯の中の、比較的安全とされる人参・甘草・生姜・大棗の4生薬について、使い方を誤ると大変な事になると忠告しています。
思い出されるのは、かつて新聞報道で騒がれた小柴胡湯の長期連用による間質性肺炎の事件です。本当に慢性肝炎に小柴胡湯を使っても良かったのか、猛反省しなければなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『通俗傷寒論』6

[2] 傷寒兼証

兼証とは寒邪が他邪を兼ねたり、他邪に寒邪を兼ねたり、二邪が兼発したりする場合で21証ある。

(1) 傷寒兼風(俗称冷傷風,仲景《傷寒論》名日中風)

【因】風と寒を同時に感受した場合。
 寒>風  正傷寒
 風>寒  冷傷風
四時感冒で重いものは俗称重傷風という。

【証】頭痛身熱,悪風怕冷,鼻塞声重,咳嗽清涕,痰多白滑而稀,或自汗而咳甚,或無汗而喘息,舌苔白薄而滑,甚或白滑而膩。

【脉】傷寒なら左手脉は浮緊である筈なのに、今は反って浮緩で、右手は浮滑ならば、此れは傷寒に風脉が現れている。《内経》でいう、傷風は先ず上より受ける。風寒が客すれば、病は肺より入る。乃ち営衛并傷の候である。《難経》でいう五種傷寒の一つである。正傷寒の多くは先ず足太陽経より入り、冷傷風の多くは先ず手太陰経より入る。

【治】自汗ありて咳すれば,先ず営衛を調えるところから。桂枝橘皮湯加杏仁(去皮勿研,三銭)、前胡(二銭)。無汗にして喘すれば先ず肺气を疏通するところから。新加三拗湯加減。此の后で痰稀咳甚なら、小青竜湯去麻黄,加杏仁、橘紅にて消痰止咳する。痰多咳甚なら、越婢加半夏湯にて宣肺定喘する。病人は切に酸冷油膩等の物を禁ずる。

【秀按】冷傷風の証について、《内経》では、風が外より入り振寒せしめ、汗出頭痛,身重悪寒があれば、治は風府に在り。其の次に張氏は《傷寒論》で、太陽病で発熱汗出,悪風して脉緩なら中風と云う。太陽中風は脉が陽浮・陰弱となる。陽浮とは熱が自発することで、陰弱とは自汗が出ることである。嗇嗇悪寒,浙浙悪風,翕翕発熱,鼻鳴干嘔者,桂枝湯主之。此れは皆な后世で云う所の風寒病である。風は傷衛し、寒は傷営する。若し悪風自汗と悪寒無汗の両証があれば、一方は頭痛鼻涕があっても周身は痛まないし、一方は頭身倶に痛み、腰と骨節もまた疼む。一方は脉浮緩で、一方は脉浮緊である。証と脉はハッキリと区別される。汗の有無について云えば、正傷寒証はもとより無汗だが、重傷風証では汗が有る者と無い者がある。桂枝湯は本来風寒を発汗する剤であり、麻黄湯に比べて緩和なだけである。それを無汗なら発するし、有汗なら止めると言うのは誤りである。

【廉勘】重傷風の証は難治である。医家はたかが傷風と侮ってはならない。前哲、徐霊胎は《傷風難治論》でいっている。傷風は皮毛より肺に入る。肺は嬌臓である。太寒すれば風气は凝って出ていかない。太熱すれば肺を火爍し動血する。太潤すれば痰飲を生ずる。太燥すれば津液を消耗する。太泄すれば汗出て陽も虚す。太渋すれば气閉して邪は結ぼれる。病を軽く見て風寒を避けず、飲食を慎まなければ、年月がたつと病機は深くなり、或いは血証となり、或いは肺痿となり、或いは哮喘となり、或いは怯弱となる。余は此の証を治するに、自制の疏風止嗽湯(荊芥穂銭半,蘇薄荷一銭,光杏仁二銭,広皮紅八分,百部銭半,清炙草六分,紫苑二銭,白前銭半)を投じてしばしば効験がある。太熱太燥大泄,太寒太潤太渋とならず、病人も安心できる。処方は平淡でも収效は多い。

【栄斎按】重傷風が三四日后に悪風怕冷の症状が除かれ、発熱・頭痛・全身疼痛・鼻塞声重・咳嗽痰が多くなれば、聶云台先生の重傷風標准湯が採用できる。処方:黄苓二銭,白芍二銭,連翹三銭,象貝三銭,蝉退一銭,竹茹三銭,桑白皮三銭,桑叶銭半,枳売一銭,杏仁三銭,枇杷叶三銭包煎,薄荷八分泡勿煎。重慶市の第七人民医院の沈仲圭先生は此
の方は発汗解熱,鎮咳去痰に効果があり、流行性感冒(即重傷風)に用いられると云っている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以下、傷寒兼湿……風温傷寒……など全21証あるが略す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『通俗傷寒論』5

(3) 両感傷寒

【因】身体に陰寒の气を受け、口には生冷の物を食し、表裏ともに両感する。夏季、夜間の涼に当たり過ぎたり、氷水瓜果を食べて発することが多い。

【証】頭疼体痛,身重悪寒,目瞑嗜臥,少气懶言,手足微冷,雖身熱亦不渇,下利清谷,甚則両脚筋吊,舌苔白而嫩滑,甚或灰而淡白,或灰黒膩苔,舌質嫩滑湿潤。

【脉】沈而遅,甚則沈微。沈為邪陥,遅為寒凝,微則陽气欲絶。朱丹渓いわく「表裏皆寒でどの経絡か分けにくい。散らすべき熱はなく、温補すれば自ずと解けるが急治しないと危うい。」

【治】《素問》では寒に両感すれば必ず死す、不治だという。仲景いわく「両感病の治療には先后の順がある。」 朱南陽いわく「先ず裏を救うには四逆湯がよい。后で表を救うには桂枝湯がよい。」 然し余の所験では、持って生まれた免疫力に虚実があり、感染に浅深がある。虚で感が深ければ必ず死ぬし、実で感が浅ければ治る。法は当に先ず其の裏を温めなければならない。附子理中湯加公丁香(二十支)、わい肉果(銭半)。裏が温まり陽が回復すれば下利は止り手足が温かくなる。若し猶お頭身が痛く、悪寒し筋急すれば桂枝加附子湯で陽气を温通すれば解表する。表が解けても胃口が開かなければ香砂二陳湯で中陽を温運して健胃すれば病は自ずと愈える。

【秀按】両感傷寒は夏月に最も多い。后賢は皆“中寒”と呼ぶ。兪君は丹渓、南陽の両家の治法を参用している。

【廉勘】両感傷寒の症には兪氏は救裏救表と其の先后緩急を守れという。もし下利が止まらず肢冷筋吊すれば先ず裏を救う。若し下利が少なく足筋が吊らず、頭身が劇痛し、発熱悪寒すれば先ず解表すべきである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

次の二つは稀に見る証なので省略。
(4) 伏气傷寒(古人名腎傷寒)
(5) 陰証傷寒(《内経》名中寒,即直中陰経真寒証)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『通俗傷寒論』4

(2) 大傷寒(一名正傷寒,張仲景先師但名曰傷寒)

【因】立冬后の厳寒から春夏秋にかけて暴寒に触れたり、汗をかいた後に風に当ったりして寒を受ける。張長沙は傷寒序例で「傷寒の多くは風寒より得る」と云っている。

【証】頭痛身熱,悪寒怕風,項強腰痛,骨節煩疼,無汗而喘,胸痞悪心,舌多無苔而潤,即有亦白滑而薄,甚或舌苔淡白。

【脉】左浮緊有力,右多浮滑。浮則為風,緊則為寒。有力而滑,則為表寒実象。此太陽経表証標病也。

【治】辛温発表法で全身が汗ばむのがよい。発汗法には蘇羌達表湯(*1)がよい。婦女は理气発汗法として香蘇葱鼓湯(*2)がよい。小児は和中発汗法として葱鼓荷米煎がよい。若し発汗が徹底しないと表寒は散っても裏に水鬱が残る。口渇して水を飲むとたちまち吐く。小便不利して短数淋渋となり、舌苔は純白で厚く、脉左弦滞、右浮弦而滑となる。此れは「水蓄膀胱」で、太陽経から裏へ伝ったのである。化气利水法によく、苓朮二陳煎で治す。張氏の五苓散(生晒朮一銭,浙茯苓四銭,猪苓二銭,澤瀉二銭,官桂五分,共研細末,毎服三銭。広皮一銭,生姜二片,泡湯調下)も亦た効果がある。傷寒は伝変しやすく、火化・水化・水火合化の三つの形を取る。火化すれば少陽相火証・陽明燥実証・厥陰風熱証となる。水化すれば陽明水結証・太陰寒湿証・少陰虚寒証となる。水火合化すれば太陰湿熱証・少陰厥陰寒熱錯雑証となる。大抵は火化証が水化よりも多く、水火合化も結構ある。

(*1)蘇葉・防風・杏仁・羌活・白止・橘紅・茯苓皮・生姜
(*2)香蘇散合葱鼓湯

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『通俗傷寒論』3

傷寒には[1]傷寒本証 [2]傷寒兼証 [3]傷寒夾証 [4]傷寒壊証 [5]傷寒複証がある。

[1] 傷寒本証

(1) 小傷寒(一名冒寒,通称四時感冒)
 これは冒寒の小疾で、ただ皮毛が襲われただけなのでまだ経絡には入らない。

【因】四時偶感寒气,或因貪涼冒風。

【証】肌膚緊縮,皮毛粟起,頭痛怕風,鼻塞声重,頻打噴嚔,清涕時流,身不発熱,故無伝変。舌如平人,苔或白薄而潤。

【脉】右浮,左弦而緩,浮則為風,弦而緩,則為受風中之涼。

【治】辛散軽揚法で皮毛を疏達する。葱白香鼓湯によし。
 鮮葱白五枚(切砕),淡豆鼓三銭,鮮生姜一銭(去皮)。
 上葯用水碗半,煎成一碗,去渣熱服,覆被而臥。俄頃即微微汗出而解。忌酸冷油膩数日。自無伝変。

【秀按】此の方は《外台秘要》にあり、応用は元代の丹渓翁に始まり、明代の王氏肯堂に継がれ、今は兪君根初に伝わる。古えのものを今に応用する簡方である。

【廉勘】四時猝然として感冒するのは小傷寒である。葉氏云わく:寒喧に対して辛温を用いるか、或いは辛涼を用いるかの見識が大切である。この方はもっとも簡単な処方である。

【栄斎按】“小傷寒”とは普通感冒症である。何廉臣先生は“冒風とは鼻傷風なり。病人がこれを軽視して服葯を怠り、風寒を避けず飲食を慎まないとやがて咳逆痰多・胸悶胃鈍となり、或いは発熱し、肺の病いを発する。”と警告している。そうなれば又、程鍾齢の止嗽散(桔梗、荊芥、紫苑、百部、白前各八銭,陳皮四銭,甘草三銭,共研細末,毎用三銭,開水送下,一日二三次)がよく效く。葉橘泉いわく“田舎の人は寝る前に姜、葱湯で粉末を送下している。昼間飲んでも夜ほどは効かない。一服で愈える者もあるが普通は二三服必要である。”

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『通俗傷寒論』2

六経弁証

 “六経”という概念が最初に現れるのは『素問』の熱論です。
有名な「傷寒一日巨陽受之」から始まり順次に陽明・少陽・太陰・少陰・厥陰へと伝わるようになっています。しかし張仲景の『傷寒論』が描く現実の傷寒病では、必ずしもこのように順次正しい伝経はしませんし症状も一致していません。『素問』の六経と『傷寒論』の六経については古来幾たびも議論されてきた事です。

 兪根初はもともと『傷寒雑病論』とは“傷寒”だけの治療書ではなく、外感百病の治療書であったのだが、仲景の死後わずか10年で戦乱のために散逸し、一部しかて伝わらなかったものである、という立場をとりました。だから『傷寒論』でいう六経は外感百病に通用するものでなければならないとし、『素問』の影響から脱却して新たな六経理論を完成していきました。

 『通俗傷寒論』の第一章 第一節は六経形層という概念から始まっています。

「太陽経主皮毛,陽明経主肌肉,少陽経主*湊理,太陰経主肢末,少陰経主血脉,厥陰経主筋膜。」

【栄斎按】 ここで云うところの六経とは名前を六つの経絡名に借りているけれども病位を示しているのではなく、“代号(仮称)”として仮に名づけた六つの層次に過ぎない。

「太陽内部主胸中,少陽内部主胸中,陽明内部主*完中,太陰内部主大腹,少陰内部主小腹,厥陰内部主少腹。」

【秀按】 これは六経が三焦をも含めて指すことを示している。仲景は『傷寒論』の中で、胸中と云ったり心中と云ったり、心下と云ったり胸脇下と云ったり、胃中と云ったり腹中と云ったり、少腹と云ったりしてはっきりと三焦という名称は使っていないが、六経とは感染伝変の路径であり、三焦とは感染伝変の帰宿である。つまり上焦は心肺を主り、中焦は脾胃を主り、下焦は肝腎を主る。

【廉勘】 三焦の膈膜以上は清气が主り、肺と心である。膈膜以下は濁气が主り、脾胃二腸と腎膀胱である。清濁を分ける中間にあるのが膈膜で、肝胆の部分である。膈下から上り、胸脇に至る清气と津液の往来の場所に病が起こるとすれば、それは痰涎水飲の邪が气と結びつく事に外ならない。胃中*完より腹中から少腹に及び手に触るのは渣滓淤濁の物である。邪气はこれらに取り付いて下証となる。これが上中下三焦の大要である。


六経病理

 傷寒六経とは、陰陽・寒熱・虚実・表裏の総て(いわゆる八綱)を表す代名詞である。

太陽・陽明・少陽……陽病 熱病 実病
太陰・少陰・厥陰……陰病 寒病 虚病

太陽……表 熱 実……発熱悪寒……可汗
少陰……表 寒 虚……無熱悪寒……不可汗(四肢必厥逆)

陽明……裏 熱 実……胃実……可下
太陰……裏 寒 虚……自利……不可下

少陽……半表半裏 熱 実……寒熱往来……可清解(三焦不和にすぎない)
厥陰……半表半裏 寒 虚……厥熱来復……不可清解

【栄斎按】 この(新増)解説は1935年、陳遜斎先生の講演要旨である。
三陽病の多くは進行性で体力は尚強壮であり、三陰病の多くは退行性で体力は已に衰弱している。精にして簡に云えば:三陽は実、三陰は虚。三陽は表実・裏実・半表半里の実、三陰は气虚、血虚、气血両虚と云える。
(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | January 2005 »