« 女陰白斑 | Main | 虚実についての補足 »

花粉症

アレルギー性鼻炎とくに花粉症について、中医学ではこれをどのように捉えているか?
かかる人あり、かからぬ人あり、又かかる人は毎年繰り返すところから体質(先天禀賦不足)が関与するのは明らかである。
先天的体質とは、噴嚏・流涕・鼻塞の症状から見て、肺・脾・腎の三臟の虧損が挙げられ、その病理は「衛気虚弱,衛陰不固,痰濁内生」である。
また季節性があることから、外因と内因の合併したものと考えるのが妥当であろう。即ち“内外合邪”の分類に入る。
従ってその治療法は単に外因を取り去るだけでなく、内因も併せて治療しなければならない。

今受けている外邪とは具体的には“花粉”であるが、その性質は浮遊性アレルゲンだから「」である。風は単独では存在せず、常に寒熱と合わさって「風熱」「風寒」として存在する。
寒熱はどちらか一方だけに限定されるものではなく、風を挟んでどちらともくっつく。だから噴嚏・流涕・鼻塞の三症状は「風寒」だけの結果ではなく、「風熱」の結果でもある。
この厄介さの故に単一外因ではなく、アレルギー性と呼ばれる。
---

外邪を防御する事は勿論だが、受けてしまった外邪は発散除去しなければならない。中医学では邪を除去するのに汗・吐・下の三つの方法がある。今は“花粉”という外来の邪だから発汗法がもっとも適切な除去法になる。すなわち邪を汗にして外に出す、去風寒・去風熱の作用を持った薬草を用いる。

ただ体表において発汗法を用いるだけではその効果は小さい。より効果的に外因を取り去るには、先天禀賦不足と指摘した内因も併せて治療しなければ最大効果は出ない。
肺・脾・腎の三臟の虧損を補うために、補肺・補脾・補腎の作用を持った薬草を用いる。

このように内外双方から病理を観察し、それに従って治療も双方向性でなければならない(内外兼顧・標本兼治)。中医学ではこのように理論的に分析をして、証を見極め(弁証)、方法を決め、薬草を決め、最後に処方を決めるのである。
だから「花粉症には○○湯がよい」と云うには、それなりの背景がなければならないのである。
花粉症に甜茶が良いとか、小青龍湯が良いとかの風説がありますが、果たしてどれ程の根拠から云い、実際にどれ程の効果を発揮しているのでしょうか?
もっと緻密な分析と論考を重ねて、優れた漢方処方を考案する人は居ないものか。

|

« 女陰白斑 | Main | 虚実についての補足 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花粉症:

« 女陰白斑 | Main | 虚実についての補足 »