« 虚実についての補足 | Main | 花粉症と風火 »

花粉症の逆治療

金元四大家の一人で、攻邪論で有名な張子和(1156~1228)という老中医師がいます。彼によれば「病は邪より生ず、邪を攻むれば病已む。邪気去れば元気自ずと復するなり。」という論法で、“汗・吐・下”の三法を治療の最優先としました。

漢方最大の古典である『内経』には“その皮にある者は、汗してこれを発せしむ”、“その高き者はよりてこれを越えさせしめ、その下の者は引きてこれを竭くさしむ”という治療原則が書かれています。

これに習って、「“天の六気、風暑火湿燥寒と、地の六気、霧露雨雹氷泥、人の六味、酸苦甘辛鹹淡”は、いずれもが人体を損傷する恐れがある。“天の邪は体の上部に発病させることが多く、地の邪は下半身に発病させることが多く、人の邪は体の中央に発病させることが多い。これは発病の三法則である”。そこで、邪を追い払うためには、天の邪であれば発汗させて追い出し、人の邪であれば嘔吐させ、地の邪であれば下して除去する。」(『中医伝統流派の系譜』黄煌著 東洋学術出版社 2000/12/8より) という次第です。

さて、花粉症は天の六気から「暑火湿」を除いた「風燥寒」が直接の外邪となって上部体表を襲うものと思われます。そこで治療には発汗法や吐法が相応しくなります。

花粉症の三症状に“クシャミ・鼻水・涙目”がありますが、攻邪派の治療法に漉涎法・嚔気法・追涙法といって、わざと「よだれ・クシャミ・鼻水・涙」を出させるのがあり、これも発汗法と吐法に含まれるものとしています。

考えようによっては、この花粉症の三症状こそが、生体が図らずも行っている防衛と治療の反応かもしれません。とすれば、やみくもに抗アレルギー剤でもってクシャミ・鼻水・涙を止めようとするのは、外邪の排出を妨害する「逆治」ではないだろうか。
反対に、クシャミ・鼻水・涙をどんどん出せば、それが一番の治療になるのかも知れませんね。それが厭なら、高くて苦い漢方薬を飲んで「順治」をする事です。

|

« 虚実についての補足 | Main | 花粉症と風火 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花粉症の逆治療:

« 虚実についての補足 | Main | 花粉症と風火 »