« 花粉症の逆治療 | Main | 胆石症 »

花粉症と風火

漢方で云うところの外感六気(風寒暑湿燥火)のうちで、“風”ほど厄介なものはない。さきに、風は単独では存在せず常に寒熱と合わさって「風熱」「風寒」として存在すると書きましたが、それとてほんの一端に過ぎません。
花粉症の症状から、それが“風”であるとの認識は出来ても、風熱なのか風寒なのか風燥なのかと問えば、どちらとも云えないのが本当の印象です。だからここで追求の手を止める訳にはいきません。“風”にはもう一つ別の顔がありそうです。

それは“火”です。六気の中の“火”とは“熱”よりも高熱であったり、直接的な火炎を含むものですが、更には“毒”の意味もあり、「風火」「風毒」と云います。

風熱・風寒・風湿などを除去するには「去風」を冠して去風熱・去風寒・去風湿などと云いますが、風火・風毒を除去するには「駆風」を冠する場合が多いようです。駆風解毒湯、活絡駆風、平肝駆風などのように。そこには浅表面から去るという以上に、深い内部から駆り出すという意味合いがあります。だから通常(植物性)の発汗性去風薬では間に合わず、組織に走竄して捜し出すほどの駆風薬が必要になります。動物性や虫類の駆風薬がそれです。


火熱論を表した金元四家のひとり、寒凉派の劉河間は「風火同気学説」を発表しました。それは「風は能く火に化し,火は能く風に化す」「高熱が風を揺り動かす」「熱極まれば風を生ず」「風火互いに煽る」「熱去れば風やむ」「風やめば熱清す」「風木は熱より生じ,熱を本とし,風を標とする。およそ風とは熱をいう」「熱すればすなわち風動く」「同気相求めて、木は火を生じる。火は風とともに陽に属す。両者は陽を主り,陽は動を主る。2つの動が相うち,回転が生じる」などと多くの言葉を費やしています。
(『風火痰淤論』東洋学術出版社・翻訳 渡辺賢一 1999年 より)


花粉症が「風火」や「風毒」であると云えばどうでしょうか。クシャミ・鼻水だけならアレルギー性鼻炎という事で対応もありましょうが、涙目・目の痒みもあるとなれば、やはり花粉症とアレルギー性鼻炎は異なります。「風火同気学説」までを持ち出して、何だか苦し紛れのようですが、虫類駆風薬(蝉衣・地竜など)が有効である事を最近経験しています。

|

« 花粉症の逆治療 | Main | 胆石症 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花粉症と風火:

« 花粉症の逆治療 | Main | 胆石症 »