« 突然の麻痺性斜視による複視 | Main | 52の証 »

証とは診断名である

中華人民共和国国家標準の『中医病証分類』に挙げられている1600余りの証候名は類似名が多くて夫々を鑑別することは至難ですが、実に細大漏らさず完成されている事は驚異です。「証」とは何かという議論がありますが、現代医学の診断が病名決定なら、中医学の診断は証候決定であり、「証」とは診断名であるといえます。

たとえば、不眠症の証の一つに「痰熱内擾証」あるいは「痰火擾神証」があり、痰熱・痰火が胸で騒ぐか、頭で騒ぐかして心神の平静を乱して不眠を起こす証です。だから「痰熱内擾証」「痰火擾神証」とはそのまま不眠症の診断名なのです。

日本漢方では「方証一致」という事を主張します。すなわち「葛根湯証」「小柴胡湯証」などと処方名そのものを証名とするのです。しかし何が葛根湯証で、何が小柴胡湯証なのか具体的な内容については明示しません。中医学では葛根湯証を「太陽傷寒表実証」と位置づけ、葛根湯以外にも幾つかの関連処方が含まれています。証は一つの概念であって、処方名には限定されないのです。葛根湯を出発点にして更なる処方を創作できるのです。
「方証一致」だと処方名の数だけしか証の数がありません。また処方が増えれば証の数は際限なしに増えます。医学としては未整理の状態だと云えます。


論議はここまでにして、『中医病証分類』の一部(260証類)を「症状と病名からの漢方診断」にアップしましたので御覧になってください。260証類から更に1600証へと展開するのです。
 (もしうまく表示できなかったら表示のエンコードを切り替えてみてください)

|

« 突然の麻痺性斜視による複視 | Main | 52の証 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 証とは診断名である:

« 突然の麻痺性斜視による複視 | Main | 52の証 »