« 続命湯 | Main | 『漢方製剤の偽装』 »

水中疏木

章次公先生は“清代医中奇人”と云われ、また高鼓峰とも称し、雜病の治療に長じていました。彼は《四明心法》のなかで肝病を治す三つの処方を提示しています。即ち疏肝益腎湯、滋水清肝飲、滋腎生肝飲の三方です。そしてこれらは“水中疏木”という新しい方法論を展開しています。

  疏肝益腎湯:六味丸+柴胡+白芍。
  滋水清肝飲:六味丸+柴胡+白芍、当歸、酸棗仁、山梔子。
  滋腎生肝飲:六味丸+柴胡+当歸、白朮、甘草、五味子。

肝病はみな鬱怒より起り、胃痛、脅痛、胸乳痛に脹滿,噫気,女子月經不調を伴い、肝鬱気滞の證に属する。治療には疏肝解鬱により正常な条達を回復すべきである。
問題は肝鬱日久ともなると極めて化火し易くなり、それが陰血を傷つけて頭暈耳鳴,口燥咽干,心煩多梦或いは不寐,大便燥結,小便淋漓,口苦舌紅,脉弦細而数など種々の陰虚火旺證象を呈することである。
この時にもし繰り返し常法通りに疏肝すると、その薬味が香燥であるため必らずや陰血を更に虧損するだろう。そうすれば肝気はますます滞り、肝火は愈熾んになる。これではいくら“疏”しても疏ならず、反って肝火傷陰を助長する。これは後に王旭高の云う治肝三十法中の“疏肝不應”に当たる。

高鼓峰はこのような情况下に六味地黄湯と逍遥散の合方をこしらえた。(六味丸で滋水し、逍遥散で調肝する、いわゆる水中疏木法である。)
学者らはこの三方に対して高い評価を与えている。《東庄医案》に曰く、“肝血燥痛に、四明(高鼓峰)、東庄(呂留良)より前にこんな事を云った人はいない”と。来源を尋ねれば,この水中疏木之法は實に明人薛立齋に始まっているのである。

水中疏木話四明 より引用

---

ここで思い出されるのは、かつて新聞報道で騒がれた小柴胡湯の長期連用による間質性肺炎の事件です。慢性肝炎に柴胡剤で疏肝したいのなら、単純に疏肝するのではなく水中で疏肝する「水中疏木法」を取るべきではなかったでしょうか。

|

« 続命湯 | Main | 『漢方製剤の偽装』 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水中疏木:

« 続命湯 | Main | 『漢方製剤の偽装』 »