« 乳腺の腫れ | Main | アトピー性皮膚炎 (中医学では異位性皮炎) »

甘露消毒丹と湿疹

 甘露消毒丹は《温熱經緯》に出ている処方で、組成は白豆寇・霍香・茵陳・滑石・石菖蒲・木通・黄岑・連翹・川貝母・射干・薄荷です。
効能は清化湿熱・解毒・宣通気機で、“湿温病”で邪が気分にある時、または湿熱并重の“湿温時疫”などの流行病に常用する処方です。
それを筆者(陳太日)は外科病に応用して成果を上げ゛ました。

湿疹
 何某、男、35歳、1995年6月15日初診。
患者は10日前に両方の大腿内側の皮膚に紅疹が現れ、奇痒があり、掻いていたら次第に広がって斑状になり、水泡が現われ、破れて黄汁が出た。
局部は熱灼痛があり、西洋薬治療して無効だったので中薬治療に転じた。

症見: 両側大腿の内側皮膚は紅く灼熱して斑疹状になり、部分的に水泡があり汁が出て、ずっと陰嚢の方まで及んでいる。

その他の所見: 口苦く食欲不振を伴い、便秘、尿黄、舌紅、苔黄膩、脉滑数である。

診断: 湿毒倶盛の湿疹である。

治療法: 清化湿熱・解毒止痒。

処方: 甘露消毒丹加減。
 滑石・茵陳・意苡仁・白鮮皮・秦皮各15g 石菖蒲・黄岑・木通・川貝母・竜胆草・大黄・連翹各12g 白豆寇・霍香各8g 蒼朮・牛膝・射干各10g。

6剤を連服したら紅く灼熱した感じが消退し、水泡も消失して好転しているのが分かり、患部の結痂も脱落しはじめた。

2診: 処方から大黄を去り、生地黄・赤芍各12gを加えて、更に5剤を服用して全治した。

: 湿疹の成因の多くは外部からの“風湿熱”の邪が肌膚に取り付くか、脾胃虚弱・消化機能の減退で“水湿”が肌膚に停滞した所へ熱邪を感受して出来るものである。
筆者は甘露消毒丹の清化湿熱・化濁解毒の作用へ竜胆草・牛膝等を加えて引経薬とし、また蒼朮・意苡仁の燥湿健脾作用と白鮮皮・秦皮の清熱去風止痒作用を合せたため充分な效果を得ることが出来た。

  新中医(1999年 第2期 第31卷 Vol.31 No.2 1999)

|

« 乳腺の腫れ | Main | アトピー性皮膚炎 (中医学では異位性皮炎) »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甘露消毒丹と湿疹:

« 乳腺の腫れ | Main | アトピー性皮膚炎 (中医学では異位性皮炎) »