« November 2006 | Main | March 2007 »

透発による病気治し

透発の作用とは、病的な毒素(病邪)を体表から発散させることです。
中医学では発汗・嘔吐・下痢・利尿などの生理的な排泄ルートを使って病邪の排泄をします。治病とは「病邪をいかに排泄させるか」であると考え、薬物で無理やり症状を無くするような方法は取りません。その排泄路のうち最も軽くて浅いところにある発汗法の応用です。

寒気が体表を襲い「さむけ」がするだけで、インフルエンザや麻疹のように病邪がまだ体内に侵入していなければ発汗法の中でも発表法を使います。一般には辛温発表剤といって、麻黄・桂皮・荊芥・杏仁などのがそれです。

しかしインフルエンザや麻疹ともなれば明確な病邪が侵入しています。一旦これが体内に入ると一寸の事では除去することが出来ません。そこで使うのが透発法です。
一般に辛凉透発剤といって葛根・浮萍・蝉退・芦根・連翹・薄荷などがそれです。処方としては升麻葛根湯などが有名です。

何が透発されるかというと、斑・疹・痘などから出る斑疹毒、痘毒、その他の陳腐の気や毒です。これによって外感病や皮膚病・できもの・痔・胃腸病・ガンに至るまで邪毒で排泄できるものなら何でも排泄しようとかかります。
ふと気が付くと何とも温泉療法に非常に近いではありませんか。

どこそこの温泉が皮膚病に良く効くとか、痔に効くとか、胃腸病に効くとか、ガンに効くことで有名な秋田の玉川温泉などと、温泉は万病に向いています。
あれはみな温泉に含まれる微量成分が直接的に効くのではなく、温泉の透発作用を通して病邪が排泄されて有効になると考えれば納得できます。
東北のある温泉地では乾癬に効く硫酸浴の方法を発明しています。これなども邪毒を深い処から体表へ誘導して排泄するのではないでしょうか。

昔から酒の深酔いに葛根湯を使うのが日本古来の方法でした。これもカラクリは透発法にあります。
腎透析をしていると皮膚掻痒になります。それを「よもぎローション」を塗って軽くするという成果を発表していた看護士さん達がいました。
家庭風呂によもぎを入れて皮膚の痒みを止めるのも昔からの方法です。
いちぢくの葉を煎じた汁で痔を洗えば痛みが消え、桃の葉を煎じた汁で行水させれば赤ちゃんのあせもが引くというのもあります。

中医学では、アトピーや湿疹などの皮膚病なら白蘚皮や連翹などで疹毒を、痔なら柴胡や升麻などで熱毒を、胃腸病なら桂皮や陳皮などで陳腐の気を透発します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

アトピーとステロイドと漢方と

アトピー性皮膚炎にステロイド軟膏剤を塗布していて、突然塗布を止めるとリバウンドでひどい皮膚炎が起きるのは最早周知の事実です。
では何故リバウンドという現象が発生するのでしょうか?
「強い薬で無理やり症状を抑えていたからだ」
全くその通りです。然しこれだけで終わってしまっては正確に病態の理解をしているとは云えません。

中医学では“氷伏”という表現があります。
これは発熱や炎症などに対して寒凉剤を使って病邪を中に閉じ込めることです。一時的には症状が軽快し、患者は楽になります。こういうその場しのぎだけで真の治療を進めないと、閉じ込められ続けた熱や炎症はやがては地下にあって火山の熔岩のごとくに育つでしょう。軟膏剤の塗布を止めるや否や爆発的にリバウンドが起こるのは当然です。

一時的に強い寒凉剤を使って症状を軽くする事は決して悪いことではありません。軽快している暫時の間に本当の治療を進めるのは賢明な判断です。ただこの一時的処置が長引いて、いつまでも本治が為されないと問題です。

中医学では本治標治といって、「急なれば標治を、緩なれば本治を」行います。
問題は、何が本治かという事です。それが分からないので標治から抜け出せなかったのがこれまでの実態だったのではないでしょうか。

発熱や炎症を生体の「斗病反応 (正邪斗争)」と捉えてこれを阻止するのではなく、外へ排泄する“透発剤”で発散させれば熔岩の熱も少しずつ減っていくでしょう。この透発という概念が現代医学には欠けているのです。体表の病気である皮膚炎などは殊に外表への透発によらなければ何処へ熱を逃せましょうか。
くれぐれもアトピー性皮膚炎になったらステロイド軟膏剤で一時的な標治をしつつ、併せて中医学の透発法による本治も行ってください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

従来から漢方界や中医学の分野では、副腎皮質ホルモンのステロイド剤のことを熱性の薬剤だと見なしてきました。それは長期的に使用すると、副反応として顔面の潮紅やニキビなどの外見的な熱状態が発現したからです。

然しそれだと矛盾します。どうして熱性薬が熱症状を閉じ込めることが出来るのですか?

ここで私は従来の説に反対して、ステロイド剤は寒凉性の薬剤だと主張します。それも強力な寒凉剤であると。
副作用として観察される熱症状は、薬剤から発生するのではなく、閉じ込められ(氷伏され)ていた斗病反応としての「病気の本態の熱」が浮き出たものです。

ステロイド剤はやはり現代医学の救世主です。蛇蝎の如く嫌わないで下さい。強力なのだから上手に、気を付けて使えばいいのです。

激素依賴性皮炎 を参考にして

最後に蛇足をひとつ、インフルエンザ脳症というのもジクロフェナクナトリウム(医薬品名:ボルタレン)使用により発熱が氷伏された結果かも知れない!?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

認知症と漢方

今朝もテレビでまだ若い方の認知症を取り上げていましたが、見ていて切なくてなりません。なんとかして漢方(中医学)の智慧も動員して少しでもお役に立てたらと思います。

中医学には古くから“”という病気が認識されています。癲癇でなく、今日の認知症に極めて近い症状です。
何か思いつめる事があって欲求不満になると先ず肝気が抑鬱されます。それが長引くと次に脾気へ影響を及ぼします。すると脾胃の消化機能が悪くなり、津液の運化(代謝)が異常となり“”を生じます。その痰が神明(意識)を阻蔽し、精神異常のような症候になると説明されています。

このように中医学でいう“痰”とは、津液の代謝異常から生じた病的産物のことです。(コレステロール・アテローム・腺腫・軟塊なども含む)
この痰によって経脈の気血の運行が阻碍され、気の升降出入がうまく行かず、臓腑の機能までもが失調します。最も困るのは神明が蒙蔽されることです。
痰が臓腑・経絡・血脉のなかに潜在すると疑難病といって、実に奇怪な症を呈します。(痰に怪病多し)

これで認知症の一端が見えてきましたが、もう一つ忘れてはならないのは「本虚標実」という病態である事です。
本虚とは本質の虚すなわち気血陰陽の衰退であり、標実とは表面化している邪気の実体すなわち気・火・痰・淤血などの病理産物の堆積があるという事です。
したがって治療には単に本虚を補うだけではなく、病理産物の実邪をも取り去らなければなりません。
これを「補瀉兼施」の法といい、難病にはよくこの方法を用います。

痰から見てくるとこのように肝・脾の生理が根本原因に関与している。(若年期の原因)
しかし病位が脳であるという事で脳に関連する腎が次の要因でもある。(老年期の原因)

これらの因果を踏んで中医学の治療法は、理気解鬱・滌痰化淤・補腎填精の方法を提示しています。

* 具体的な処方や薬草については 認知症 「証」の決定 を見てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炙甘草湯で気付いた事

『傷寒論』の炙甘草湯は次のようになっています。

甘草四兩炙,生姜三兩切,桂枝三兩去皮,人参二兩,生地黄一斤,阿膠二兩,麦門冬半升,麻子仁半升,大棗三十枚擘。

上九味,以清酒七升,水八升,先煮八味取三升,去滓納膠,熔化消尽,温服一升,日三服,一名復脉湯。

なぜここで生地黄が使われているのか? 生の地黄を常備しておくのは大変なことだ。
中国のあるHPを見ていたら次のような説明があった。

当時はまだ熟地黄が無く、生地黄しか無かったのでこれを使っているだけである。生地黄や干地黄は性が寒凉である。それを熱性の酒に水を加えて煮る事によって温性に変化させている。心脉の鼓動というものは腎気が上升して心気を助ける事によって為されるものであり、温性補腎薬としての熟地黄が必要だった。 (現代では酒水で煎じる代わりに熟地黄を用いればよい)

また生甘草は薬性が凉で、瀉熱火・消腫解毒の効能があるが、これを炙れば性が温に変わり、健脾胃・補中気の効能が強調される。だから炙甘草を用いたのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柴胡のない竜胆瀉肝湯な~んて

現在わが国で使われている漢方処方の『竜胆瀉肝湯』は《薛立斎十六種》が出典となっており、組成は
竜胆草・地黄・柴胡・黄岑・山梔子・当帰・木通・車前子・沢瀉・甘草 の10味薬からなっています。
ところが各製薬メーカーの製品を見ますと、どれにも柴胡が入っておらず、9味薬しかありません。

これは何故かと想像してみるに、どうも大塚敬節・矢数道明の両御大の著書 《漢方治療の実際》や《漢方処方分量集》などを参考にしているからでしょう。どこでどう間違ったのか彼等は柴胡なしの処方を使っていたのです。

では竜胆瀉肝湯に柴胡が無くてもいいのでしょうか?

因みに『中医方剤大辞典』(人民衛生出版社1993)を調べてみますと、竜胆瀉肝湯がなんと26種類も出てきます。薬味は7~15種類ほどで、柴胡の有るものもあり無いものもあります。しかし殆どの処方には柴胡は含まれています。

処方名から云っても竜胆は主薬に違いないのですが、柴胡は肝経の疎泄を図ったり、肝経への引経薬としての役割があると考えられ、決して有っても無くてもよいという軽い存在ではないはずです。

確実に竜胆瀉肝湯としての効果を発揮したいのなら是非とも柴胡入りの竜胆瀉肝湯を使ってほしいと思います。さもないと中国と日本では違った処方内容になり、会話もできませんからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湿疹の中医治療

茵陳蒿湿疹に極めて有力な薬草であるという印象から幾つかの知見を集めてみました。(1),(2),(3)

 湿疹の治療では先ず第一に皮疹が湿・熱・風のいずれであるかを弁別しなければならない。
皮損の分布・色・性質から弁証するのであるが、もし皮疹分布が四肢伸面や背部にあれば陽に属し、屈面(曲がる内側)や腹部なら陰に属し、頭面・上肢及び躯干上部なら風に属し、下肢及び陰部なら湿に属する。
同時に舌・脉の変化を結合して全面的に分析する。
舌紅は血分の有熱、苔黄膩は湿熱内蘊、苔白膩は湿阻脾胃、脉沈細は血虚等である。

(1) 湿熱の治法: 清熱利湿。
方薬: 竜胆瀉肝湯、卑解滲湿湯合二妙丸加減:
金銀花30,連翹・牡丹皮15,竜胆草・黄岑・苦参・蒼朮・卑解・黄柏・茵陳10,生甘草6g。

 熱盛には    +生石膏・白茅根 30g ;
 毒熱盛時には +大青葉 30g ;
 大便結燥には +生大黄10g(后下)。

(2) 血熱の治法: 清熱凉血,佐以利湿。
方薬: 鮮生地・白茅根30,海桐皮・茜草15,丹皮・赤芍・山梔子・地膚子・苦参・生甘草・車前草10,黄連6g。

(3) 湿阻の治法: 健脾除湿。
方薬; 除湿胃苓湯加減:
生苡仁・徐長卿30,茯苓20,蒼朮・白朮・猪苓・山薬・沢瀉15,車前草・陳皮・茵陳10,生甘草6g。

 食欲不振なら     +霍香・佩蘭;
 滲出多ければ     +卑解・苦参;
 熱象があり苔黄なら -蒼朮+黄柏・滑石。

(4) 血燥の治法: 養血疏風,除湿潤燥。
方薬; 消風散 or 四物消風散加減:
生地・茯苓30,丹参20,鷄血藤・白芍15,当帰・白蘚皮・地膚子・卑解・蛇床子・生甘草10g。

         湿疹参考より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アトピー性皮膚炎 (中医学では異位性皮炎)

茵陳蒿湿疹に極めて有力な薬草であるという印象から幾つかの知見を集めてみました。(1),(2)

    張×,男,7歳。1999年6月20日初診。
主訴: 1月前に両下肢の小腿内側の皮膚に紅疹と水疱が現れた。
病院の診断では湿疹とのことで色々手当てしたが良くならないので中医に転じた。
その部位の皮膚は紅疹湿爛して汁が出ており、周辺は黄痂になっている。
皮膚は掻痒のため抓痕があり、大便干、小便色黄、口渇あり、舌質紅、苔黄厚膩、脉数である。

アトピー性皮炎の急性期と診断される。
湿熱浸淫の証で清熱利湿法が必要である。

処方: 竜胆草10g,黄岑10g,黄柏10g,茵陳10g,沢瀉10g,車前子10g(包煎),大青葉10g,金銀花10g,白蘚皮15g,地膚子10g,六一散<滑石6:甘草1>15g(包煎),7剤。

二診: 皮膚が湿爛して汁が出ていた処はすべて結痂しており、時々痒い。
大便は時に干時に稀、小便は正常、舌質淡紅、苔黄だが厚くはない、脉数。
診断は前と同じくアトピー性皮炎の急性期。
脾虚湿困の証で、健脾利湿法が必要である。

処方: 生黄耆10g,蒼朮10g,茵陳10g,沢瀉10g,車前子10g(包煎),大青葉10g,金銀花10g,白蘚皮15g,生意苡仁15g,地膚子15g,六一散<滑石6:甘草1>15g(包煎),7剤。

三診: 皮損箇所の結痂は全部脱落して、皮膚には色素が沈着している。
もう痒くはなく、二便は正常、舌質は淡紅、苔薄黄、脉数。

診断はアトピー性皮炎の恢復期。
脾胃虚弱の証で、健脾益気法が必要である。

処方: 六君子湯加味:蒼朮10g,党参10g,茯苓10g,陳皮10g,山薬10g,甘草6g。
7剤で治癒とみなした。

: 患児は先天禀賦が不足しており、素体虚弱で湿熱の邪に感染しやすく、湿熱浸淫の状態になっていた。
急性期には清熱瀉火薬を大量に用いて顕著な療效があった。
処方中の竜胆草は清肝瀉火、黄岑は清肺火、黄柏は清下焦之火、山梔子は清三焦之火。
茵陳、沢瀉・車前子・六一散は清熱利水し、湿熱を下より出す。
白蘚皮・地膚子は清熱除湿止痒。
大青葉・金銀花は清熱解毒して感染の併発を予防する。
諸薬を共用することにより三焦之火を瀉すことが出来、体内の蘊湿は消え、皮膚の紅疹と水疱は自然に消退した。
恢復期には健脾益気して体質を増強し、病因を除去すると同時に過敏物質との接触を避け、皮膚を保護しなければならない。

   汪受傳治療儿科疑難雜證驗案三則 より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | March 2007 »