« December 2006 | Main | May 2007 »

気虚感冒と補法

感冒などの外邪を受けた時、初期には去邪法をとるのが定法です。
これはまだ身体の免疫力とか抵抗力が十分にあるので邪を排除する攻撃 (瀉法) に耐えられるからです。すなわち攻撃こそ最大の防御です。
しかし虚弱な人や老齢者で抵抗力が衰えた人では、初期には去邪法をとれても直ぐにそれ以上は続けられなくなる場合があります。
それを無理に (銀翹散や葛根湯ばかりをずーっと飲み続けたりして) 去邪し続けると、無効であるばかりか自分自身の抵抗力も加速度的に失われていき、果ては医源病にもなりかねません。

去邪法がとれなくなった時は邪を排除する攻撃法ではなく、抵抗力を増強する補法をとります。
しかし補法は早すぎると邪を留める危険があるから、漢方では早すぎる事を固く禁止しています。

ではいつから補法をとればいいのか?
それは虚の症状が出始めたら直ぐにです。そのことで最近自家経験をしましたので実例報告します。

今年もとうとう風邪を引いてしまいました。
例年のごとく症状は咽痛に始まったので定法の銀翹散を服用したら翌日は咽痛がなくなった。
しかし次いで鼻閉が始まり頭が重くてならなかった。
もう少しと銀翹散を飲み続けていたら今度は鼻水に変わり、しかもそれが流れるような激しさである。
変だな? 邪は今何処にいるのだろうか? 鼻閉までは確かに風邪の邪があった。
しかし流涕に変わった今でも邪が残っているのだろうか?
よく観察してみると口の中が“しょんない”。唾液に粘りがなくサラサラしている。これは明らかに虚の症状である。
過去においてはいつもこの症状に変わってから治り切るまでが長かった。
ティッシュが追いつかないほどにひっきりなしに鼻をかんでいた。

そこで今年は「補法は早すぎると邪を留める危険がある」というジンクスに挑戦して、早々と二日目から補法をとることにした。
用いた処方は補中益気湯に防風・蝉衣・五味子・烏梅を加味した。
これが奏功して一晩寝たら真に快調になり、続服してどんどん治っていった。

まことに得るものがあった。症状が虚に変じた後も去邪法をとっていたら長く苦しまなければならなかっただろう。変幻自在に瀉から補へと転じたのが良かった。

そこで思ったのだが、老人や虚弱者にはこのような風邪の例が多いのではないかと。
またいま話題の花粉症にも補法をとらなければならない場合が多いのではないかと。
補法は免疫力や抵抗力に関わる方法であるから抗アレルギー剤を外部から補うよりもよっぽど自然にかなった方法ではないか。
喘息もしかり、アトピーもしかり、虚の症状には補法をと強く訴えたい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2006 | Main | May 2007 »