« 妙香散 | Main | 無菌性の頻尿 »

複視と漢方

複視は復視、視一為二、風牽偏視 (動眼神経麻痺) ともいう。

[病因病機]
    一、正気不足,衛外失固,或陰血虧少,絡脈空虚,風中経絡。
    二、脾失健運,聚湿生痰,復感風邪,風痰阻絡。·
    三、肝腎陰虧,陽亢動風,挾痰上擾,阻滞経絡。
    四、中風后遺,気虚血滞,脈絡淤阻。
    五、頭面外傷,経絡受損,気血淤阻。

この内、一の風中経絡については以前に発表した。
54 突然の麻痺性斜視による複視
59 風牽偏視 (動眼神経麻痺)

今回は三の陰虧陽亢についてです。
肝腎虧損,精髄不足」になると視力に影響してきます。
脳は髄海で、髄は腎によって作られます。
また目は肝の竅であり、上は脳につながり下は肝に通じます。
肝腎精血が旺盛であれば髄海は充盈し、肝腎脳の三者の気機が相互に協調して視力正常になります。

[治法]
滋養肝腎,平肝潜陽,活血化淤

[薬方]: 山萸肉 女貞子 山薬 枸杞子 何首烏 熟地 党参 石決明 菊花 丹参 云苓 川弓

|

« 妙香散 | Main | 無菌性の頻尿 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/15175144

Listed below are links to weblogs that reference 複視と漢方:

« 妙香散 | Main | 無菌性の頻尿 »