« 2657の中医証候 | Main | 複視と漢方 »

妙香散

うつ病に使える漢方薬の一つに妙香散があります。
これは帰脾湯とよく似た処方で、次にその構成を比較してみます。

帰脾湯 : 木香 白朮 当帰 茯苓 黄耆 遠志 人参 竜眼肉 酸棗仁 甘草

妙香散 : 木香 山薬 茯神 茯苓 黄耆 遠志 人参 桔梗 甘草 辰砂 麝香

帰脾湯に含まれている「白朮・竜眼肉・当帰・酸棗仁・生姜・大棗」は養脾と不眠への配慮で、妙香散には含まれていません。
一方、妙香散に含まれている「山薬・桔梗・甘草・辰砂・麝香」には“固腎”“安神”“解鬱”の意味があり、最も量が多い主薬の「木香」には“舒肝健脾”の働きがあります。帰脾湯にも木香はあっても少量です。

妙香散の出典である《太平恵民和剤局方》は次の通りです。
【功用】補気寧神,行気開鬱。
【主治】心気不足,志意不定,驚悸恐怖,悲憂惨戚,虚煩少睡,喜怒无常,夜多盗汗,飲食无味,頭目昏眩,梦遺失精。

帰脾湯の出典である《正体類要》は次の通りです。
【功用】養血安神,補心益脾,調経。
【主治】思慮傷脾,発熱体倦,失眠少食,*征冲驚悸,自汗盗汗,吐血下血,婦女月経不調,赤白帯下,及虚労、中風、厥逆、癲狂、眩暈等。

両者の最大の違いは、“解鬱”が有るか無いかです。

うつ病を治すには“解鬱”作用が必要です。
よく使われるのは「柴胡」ですが、四逆散・加味逍遙散・柴胡加竜骨牡蠣湯などでは対処しきれない場合が多くあります。
そんな時にこの「木香」の入った妙香散の“解鬱”作用が役に立ちます。

妙香散の【集注】汪昂曰の解説では、
心は君火である,君火が一たび動けば,相火も之に随う,相火は肝胆に寄寓している。
(相火が燃えて)腎陰が虚せば,精は蔵されず。
(相火である)肝陽が強まれば,気は固められず,故に精は脱して夢遺となる

【按】朱震亨云の解説では、
秘蔵をつかさどるのは腎で,疏泄をつかさどるのは肝です。
二蔵には相火というものがあり,上は心につながり,心は君火に当たります。
物に感ずれば動きやすく,心が動けば相火も翕然と燃え上がります。
二つが交会すれば,精は暗流して滲漏するばかりです。
だから平生から精力を守るにはただ補陰を以って相火を制することです。

※私は今“パニック症状”に応用できるのではないかと注目しています。

|

« 2657の中医証候 | Main | 複視と漢方 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/15164486

Listed below are links to weblogs that reference 妙香散:

« 2657の中医証候 | Main | 複視と漢方 »