« May 2007 | Main | July 2007 »

温経湯の新解釈

温経湯 《金匱要略》

【原文】
間曰:婦人年五十所,病下利数十日不止,暮即発熱,少腹裏急,腹満,手掌煩熱,唇口干燥,何也?
師曰:此病属帯下。
何以故?
曽経半産,淤血在少腹不去。
何以知之?
其証唇口干燥,故知之。当以温経湯主之。

【方組】呉茱萸 当帰 川弓 芍葯 人参 桂枝 阿膠 生姜 牡丹皮 甘草 半夏 麦門冬

下利を病むとか、病名は帯下だとか、流産後の淤血が残っているとか、温経湯は処方構成を見ても理解困難な処方です。

【思い切った解釈】
閉経を迎える五十歳ほどの婦人が,月経でもないのに数十日間も出血(下利)が止らない。
また日暮になると発熱し,少腹が裏急し(刺痛),腹満し,手掌が煩熱し,唇口が干燥する。
此の病は崩漏(帯下)に属し,曽つて流産をしたことがあり、その時の淤血が少腹に残ったままになっているからである。
なぜなら「唇口干燥」という症状があるからです。
これは腹内に淤血があって外栄しない(栄養が行き届かない)せいです。

「少腹裏急,腹満」は寒凝の症状を表しており、それが旧来の淤血と結んで“寒凝血淤”の証候を呈しているのです。

次に「なぜ畑違いの半夏・麦門冬が入っているのか?」という問題です。
“胞中寒凝”に対しては呉茱萸・桂枝を当て、下血過多のために陰血が虚して“陰虚内熱”(虚火)、“上熱下寒”を呈している事に対しては麦門冬・牡丹皮を当てるところまでは分かる。

半夏はなぜ入っているのか?
当帰・芍葯・阿膠・麦門冬などは滋潤性の薬味であり、胃に負担をかける恐れがある。
これに対処するために温燥性の半夏を加えて薬味の陰陽バランスをとっているのではないか。

参考文献 【金匱要略湯証論治】(中国科学技術出版社1993年)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貨幣状湿疹 (続報)

昨年の6/10に端を発した貨幣状湿疹は10/16からの劇的な改善を境にして、今年の1/13にはほぼ9割方良くなった。しかしもう少し夜間の掻痒があるので毎日ではなくとも継続服用が必要だった。

そうこうしている内に一月末から風邪を引き、鼻炎をこじらせたりしながら房芝萱2診方はあまり飲めなかった。すると3/8にはまたぞろ頬のシミが膨らんできた。再発か!

それからは一進一退で貨幣状湿疹は改善しなかった。
4月末での状態は、房芝萱2診方を跳び跳びながらも継続していたからか、スネには僅かに乾性赤疹が残っていた。これが何とも難治性でいつまでも消えていかない。
日にちが経つと赤い部分が次第に輪が広がるように範囲を広げてきて、中が窪んだ火山の外輪山のようになってきた。まさに輪状というか貨幣状というか、乾燥性の湿疹に変わった。完全に慢性期である。5/12【写真1】P5120041_2

湿疹は急性期と亜急性期と慢性期では対応処方を変えなければならないのが原則である。そこで「湿疹の中医治療」で書いた血燥の治法、四物消風散加減を試してみた。

5/16から10日間続けたが貨幣状湿疹はビクリともしなかった。

もっと強力で攻撃的な処方が必要だが、こう慢性化しては一方で滋補もしなければならないだろう。そこで選んだのが『中医臨床』(39)で見つけた「滋陰熄風湯」である。

(干地黄・熟地・生何首烏・亀板・黄柏・知母・当帰・玄参・白蘚皮・地膚子・疾藜子3)36

5/26から飲み始めて今日で丁度20日目になる。遅々としてではあるがはっきりと改善している。6/14【写真2】 P6140032_4

このままあと一ヶ月間ほどは飲み続けなければならないだろうが、一応 中間報告をしておく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

補陽還五湯

【出典】 王清任 『医林改錯』

脳梗塞に有効な薬方があるのを知らないで、リハビリだけを頼りにしている方々に知って貰いたくてこの処方を紹介します。

王清任の説明によれば、人身の陽気を十とすれば左右に各々五づつが分布している。
脳梗塞によってどちらかの半身でこの陽気から2分の1が欠けると半身不随が起こる。
この処方は補気薬と活血薬の配合により血行改善をはかり、欠けた2分の1の陽気を回復し、元の五に返すので還五、すなわち補陽還五湯と名づける。

本方は脳梗塞・中風の后遺症・脳外傷・坐骨神経痛などに広く用いられます。
その内で面白いのは脳血管病のもたらす“複視”にも効果があることです。

朱進忠先生医案

 刑XX,男,三ケ月前,右前額に外傷を受けた後,右眼の視力が明らかに下降して,視一為二(複視)となった。某医院の診察では動眼神経麻痺とのことである。
診れば右眼瞼は下垂し,外斜視と,瞳孔散大になり,対光反射と調節反射が消失し,眼球は上を向いている。
舌苔は白く,脈は右が虚大で弦,左が弦渋で不調である。
これまでに用いられた諸方の多くは活血の薬草だったのに効果が無かった。
跌打損傷は当に活血通絡すべきであるが,然し今は其の右脈が虚大で弦,大なるは虚である。

東垣は次のように説明している。
「気口の脈が大で虚なる者は,気の内傷である。当に益気培本,活血通絡を以って標を治すべし。」
そこで処方は補陽還五湯を用いた。

黄耆30,当帰12,赤芍12,川弓,地竜,桃仁,紅花各10

薬を進めること三剤にして,視力は驟かに増し,運動も好転してきた。
再に進めること10剤にして,眼珠運動は基本的に正常となり,視力も正常となった。
瞳孔も以前に等しい大きさになっている。
なお継進すること10剤をもって再発しないようにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »