« 真武湯で筋肉のピクツキ(筋惕肉じゅん)を治せるか? | Main | 失汗衄血証 »

『傷寒論の読み方50』

最近大変うれしい書物が東洋学術出版社から出版されました。
『傷寒論の読み方50』裴 永清 著(2007/2/5)
少しづつ大事に読ませてもらっています。そこで気が付いたことがありましたので一言。

第17論「五苓散の臨床応用について論じる」
1 五苓散は癲癇病を治療できる
《金匱要略·痰飲咳嗽病脈證並治第十二》篇「二十五,假令瘦人臍下有悸者吐涎沫而癲眩,此水也,五苓散主之」。

ここの条文の「癲眩」という単語を、著者は「癲癇とめまい」と二つの意味を表す言葉として解釈して論考を進めています。
しかしこれは間違いではないかと私は水を差すのです。
何故なら頭暈(めまい)という意味は古来いろいろな単語で表されているからです。
例えば"頭眩"、"掉眩"、"眩冒"、"目眩"、"眴仆"、"冒眩"、"風眩"、"頭旋"、"眩暈"、"眩運"などと。
いま《金匱要略》で癲眩と表記されているのも同義で、癲の字は「巔」の誤りで、巔とは巔頂すなわち頭のことであり、"頭眩"と同義である。
またもう一つ「瘦人」とあるのも「病人」とすべきところを転写の時に誤ったのではないかという説もある。
ちなみに上の条文は次の様に解釈される。

臍の下で動悸するのは「水停」が臍下にある病で、今まさに涎沫を吐くのは胃からの「水逆」であり、巔眩するのは「水が陽を阻む」からである。これは「水盛」であるから五苓散が主るのである。

|

« 真武湯で筋肉のピクツキ(筋惕肉じゅん)を治せるか? | Main | 失汗衄血証 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『傷寒論の読み方50』:

« 真武湯で筋肉のピクツキ(筋惕肉じゅん)を治せるか? | Main | 失汗衄血証 »