« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »

臓腑病機 1

" 陽明の胃土は, 少陰の心火に随って生じ, 太陰の脾土は, 少陰の相火 (腎火) に随って生ず。" 明・趙献可《医貫・五行論》

: 心火を補って胃土を生ずる外に, なお帰脾湯の一法がある。
木を補う事で火を生じ, その火を藉りて土を生ずるのである;

太陰の脾土には, 腎陽を補い, 相火を助ける法で, 脾土を温養するのは, 少火 (壮火に対して) は気を生ずるという意味からであり, 八味丸は即ち是の補火生土の方である。
同じ補火生土でも, 一は心火を補って胃陽を助け, 一は相火を補って脾陽を温める, 両法は途が異っても同じところに帰する, ただ脾胃の別があるだけで。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/16455237

Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 1:

« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »