« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »

臓腑病機 1

" 陽明の胃土は, 少陰の心火に随って生じ, 太陰の脾土は, 少陰の相火 (腎火) に随って生ず。" 明・趙献可《医貫・五行論》

: 心火を補って胃土を生ずる外に, なお帰脾湯の一法がある。
木を補う事で火を生じ, その火を藉りて土を生ずるのである;

太陰の脾土には, 腎陽を補い, 相火を助ける法で, 脾土を温養するのは, 少火 (壮火に対して) は気を生ずるという意味からであり, 八味丸は即ち是の補火生土の方である。
同じ補火生土でも, 一は心火を補って胃陽を助け, 一は相火を補って脾陽を温める, 両法は途が異っても同じところに帰する, ただ脾胃の別があるだけで。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 1:

« 精、気、血、痰、鬱 2 | Main | 臓腑病機 2 »