« 陰陽昇降3 | Main | 臓腑病機 1 »

精、気、血、痰、鬱 2

" 痰が血を挾むとついには[穴/果]嚢 (筋腫や粉瘤など) と成る。風痰に奇証多し。" 元・朱丹渓 《丹渓治法心要・痰》

: 痰を治すのは難事ではない, 難しいのは痰と血の混交した時であり, 尤も難しいのは頑痰が宿血を挾む時である。
宿血とは死血なり, 死血とは離経の血なり。若し頑痰と宿血が混交すれば, 死血は消し難く痰は益ます頑固になっている, 故に久しく臓腑に蓄わえられると[穴/果]嚢の患と成り, その根蒂は深く固い穴に在るので, 其の痰血を外達させる路は無く, 実に臨床では難愈の痰である。

風痰の病は風勢を借りており, 風は痰の威を助けて, 臓腑内外に流竄させ, 皮裏膜外, 達せざる処がない, 故に" 風痰に奇証多し" 、" 百病は皆痰に因って起こる" という説が有る。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 陰陽昇降3 | Main | 臓腑病機 1 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 精、気、血、痰、鬱 2:

« 陰陽昇降3 | Main | 臓腑病機 1 »