« 臓腑病機 1 | Main | 臓腑病機 3 »

臓腑病機 2

" 太陰の湿土は陽を得て始めて運行し; 陽明の燥土は, 陰を得て自から安し。" 清・葉桂《険証指南医案・便閉》

: 脾は湿土で, 陰土なり, 其の性は柔緩である, 故に温を喜び燥くのが宜しい, 能く到燥の薬を受ける;
胃は燥土で、陽土なり, 其の性は剛燥であり, 能く柔緩の薬を受ける, 剛燥の品で, 助陽化熱するのは宜しくない,
故に脾は陽和温運の品を得て健運となり, 胃は陰柔の品を受けて息息と下行する,
脾陽は傷つきやすく胃陰は欠乏しやすい, 用薬には偏陽と偏陰の区別がある。
胃陽を養うには柔薬を用いる, たとえば甘平, 甘凉の品で, 胃津を滋し胃液を助ける。
脾胃を分治する法は, 葉氏の臨床善用の活法である。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 臓腑病機 1 | Main | 臓腑病機 3 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 2:

« 臓腑病機 1 | Main | 臓腑病機 3 »