« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »

臓腑病機 4

" 体に湿が多ければ脾は必ず弱まり, 性来の酒好きは肝が必ず過旺となる。" 現代・秦伯未 《清代名医医案精華・金子久医案・咳嗽》

: 生まれつき湿盛の人は, 脾陽が必ず弱く, 脾が湿を運ばないので, 内湿が必ず盛んになる。
酒の性は辛熱であり酒を嗜む人は, 内熱を生ずる事が多い, 酒は五谷 (穀) の精 (エキス) で, 陽熱の性を稟け, 最も肝気を激動し, 火熱となり易い, 肝経の蘊熱が長く続くと, 肝陰は必ず傷つき, 肝陰が損なわれるにつれ, 相火は愈旺んになる。
故に陰虚陽亢の人は, 尤も醇酒を多飲すべきでない, また生まれつき脾虚で湿が盛んな者は, 酒が又湿を助け熱を生ずる事になる。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 4:

« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »