« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »

臓腑病機 4

" 体に湿が多ければ脾は必ず弱まり, 性来の酒好きは肝が必ず過旺となる。" 現代・秦伯未 《清代名医医案精華・金子久医案・咳嗽》

: 生まれつき湿盛の人は, 脾陽が必ず弱く, 脾が湿を運ばないので, 内湿が必ず盛んになる。
酒の性は辛熱であり酒を嗜む人は, 内熱を生ずる事が多い, 酒は五谷 (穀) の精 (エキス) で, 陽熱の性を稟け, 最も肝気を激動し, 火熱となり易い, 肝経の蘊熱が長く続くと, 肝陰は必ず傷つき, 肝陰が損なわれるにつれ, 相火は愈旺んになる。
故に陰虚陽亢の人は, 尤も醇酒を多飲すべきでない, また生まれつき脾虚で湿が盛んな者は, 酒が又湿を助け熱を生ずる事になる。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/16499762

Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 4:

« 臓腑病機 3 | Main | 臓腑病機 5 »