« 臓腑病機 4 | Main | 嚥下障害 (誤嚥) »

臓腑病機 5

" 肺は一身の表を主り, 肝は一身の裏を主る, 五気の盛んなるは皆肺より入り,七情の病は, 必ず肝より起る。" 清・王孟英 《柳州医話》 王民按語

: 肺は気を主り, 外では皮毛に合し, 外感する六淫の邪は, 或いは皮毛より, 或いは口鼻より, みな必ず肺経より入る, 肺気が表で実しておれば, 気機は宣暢しており, 容易には邪を受けない, 肺気が宣暢していなければ, 外邪は虚に乗じてすぐに入る。

肝は血を蔵し疏泄を主る, 内傷の七情は, 先ず肝気を触動する, 肝気が鬱すれば裏気は皆鬱する, 肝気が逆すれば気血は乱れ,升降は失常し, 気血は怫鬱し, 六鬱の病は相い継いで生ずる。故に内傷の諸疾は, 常に肝より起る。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 臓腑病機 4 | Main | 嚥下障害 (誤嚥) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臓腑病機 5:

« 臓腑病機 4 | Main | 嚥下障害 (誤嚥) »