« 子宮筋腫 | Main | 陰陽昇降2 »

陰陽昇降1

地球温暖化なのか今年の異常気象には誰しもが辟易したことです。

この温暖であることがいかに生命に危険であるかを認識しなければならない。

-------

" 陰精所奉, 其人寿, 陽精所降, 其人夭。" 《素問・五常政大論》

: 陰精とは, 陰寒之気を謂う; 奉とは, 上奉, 上升之意である。
陽精とは, 陽熱之気を指し; 降とは, 下降, 下陥の意味である。

(陰精がある限り寿命は続き、陽気が無くなると寿命が尽きる。)

 ※陽気は陰精より生ずるので、陽気が無くなる時には陰精も無くなっている。

経文は地理環境と気候条件が, 人の寿命に影響する事を指している。
気候の寒冷な地区に在っては, 陽気は泄れにくく, 陰精は内に養われるので, 長寿になる。
気候の炎熱な地区に在っては, 陽気は泄れやすく, 陰精は消耗しやすいので, 寿命は短い。
これは古人の自然界に対する観察から, 人体との相互作用を科学に論断したものである。

           『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 子宮筋腫 | Main | 陰陽昇降2 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陰陽昇降1:

« 子宮筋腫 | Main | 陰陽昇降2 »