« 《傷寒論》の"六経"とは? | Main | 陰陽昇降1 »

子宮筋腫

子宮肌瘤
徐××,女,37歳,售貨員。一九八四年十二月十日就診。

患者は少腹部 (左右いずれかの下腹部) が隠痛墜脹すること半年,もともと胸悶不舒,心煩易怒,腰膝酸困,疲乏无力,小便不暢,白帯多,質清稀,有臭味,月経先后不定,量多色淡等の症があった。
現在は少腹が冷え,按ずると稍痛む,下腹部は深く按ずると,包塊が触れ,推しても動かず,境界が比較的にはっきりしている。
形体は肥胖で,面色は良くない,舌質は暗紅,苔は薄白。脈は弦緩滑である。

婦科内診: 子宮に軽度の糜爛あり,宮体は8×7cm。子宮后壁の筋腫である。

本病は脈症から分析すると,脾腎気虚,寒凝鬱阻衝任の証である。

攻堅湯加味 : 
王不留30、夏枯草・生牡蛎・蘇子・生山薬10、海票蛸7、車前子6、茜草・銀花3、絲瓜絡・柴胡2、官桂1g,水煎服,毎日一剤。

服薬10剤で,少腹部の包塊は軟かくなり,小便は通暢し,胸中は舒暢となり,元気が出た,しかしまだ腰はだるく,経量は多い。

上方から絲瓜絡、銀花を去り、生竜骨7,川断5gを加えて,水煎服,隔日一剤とした。

服薬20剤で経期は正常となり,腰困(腰のだるさ)は好転し,精神(元気さ)服食とも均しく良好になり,舌質は紅,脈は弦細となった。

これは気血が漸く充ち,脾運が好転し,痰湿寒凝が漸く消えていった兆候である。

上方から竜骨を去り熟地を加えて継服すること14剤で,上述の症状は全部消失した,
エコーで再検査: 子宮像は正常だった。
更に守方6剤で仕上げとした。

按: 抑鬱寡歓の人は,肝経が滞りやすく,滞ると気機が暢通し難くなる,
上では胸悶不舒となり,中では乗脾聚痰となり,下では痰気が交阻して,久積すれば筋腫となる,
この人は体胖で,舌質は暗紅,脈は弦滑,少腹に包塊圧痛があり,痰気鬱結の候と符合していた。
腰がだるく帯下が多く,月経が乱れて色は淡い,これは確かに脾腎気虚の証である。
少腹が冷えて隠痛するのは,寒凝衝任の兆候である。

経に云わく: 

"任脈が病むと……女子は帯下[病<暇-日-丙]聚 (筋腫) となる"。
陳自明はまた指摘している: "婦人の症[病<暇-日-丙] (筋腫) は,内では飲食不節,外では寒温不調のため,気血が労傷し,臓腑は虚弱となり,風冷が腹に入って血と結んで生ずる。"

故に攻堅軟堅湯の散法で,去淤消腫し、
また清帯湯 (張錫純方) で補脾益腎,開鬱化滞をし,車前子、絲瓜絡、銀花を加えて小便を通利し,官桂を配して衝任脈を温調して,寒凝を解き,柴胡を佐として疏肝解鬱し,気機を利する。

上薬を合用すれば補しても滞らず,疏しても消耗せず,堅きを軟らげて正気を損わない功効がある。

|

« 《傷寒論》の"六経"とは? | Main | 陰陽昇降1 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子宮筋腫:

« 《傷寒論》の"六経"とは? | Main | 陰陽昇降1 »