« 緑内障にも杞菊地黄丸 | Main | 風 2 »

《傅青主女科》の扶正解鬱観2

2 健脾理気解鬱法

《難経・十四難》に曰く:“肝を損する者は,中を緩めよ”

傅氏は此れを頗る重視して,常々甘緩理中健脾法と辛温升陽疏肝法を并用して,木鬱克土或いは土不栄木による帯下や、年老経水復行、経行大便下血、妊娠悪阻、妊娠浮腫、産后肝萎及び乳汁不下等の病を治療した。

たとえば《女科》に在る婦人の土虚木乗の帯下を治すための開卷首方の“完帯湯”の中では,人参、白朮、茯苓、甘草等の甘温甘平薬を重用して健脾補中し,其の元気を扶け,少しの柴胡、荊芥穗の気味清芳之品を佐薬として,疏肝達鬱しているのは,“風木を地中で閉塞させなければ,地気は自ら天上へ升騰する”という理からであり,

さらに酒炒白芍の酸薬を加えて,養血柔肝しても,其の柔薬を滞らせず,斂中にも散が有るようにする為である。
《女科》で論ずるに:“此の方は脾胃肝の三経を同治する法で,散の中に補があり,升の内に消がある。肝木の気を開提しても,肝血が燥かないので,下克脾土にはならないし;脾土の元を補益すれば,脾気は湿らず,水気を分消する事は難しくない”。
傅氏は肝と脾胃の密切な関系を重視している。
脾胃は中焦に居り,気機升降の枢紐である,
脾が虚せば湿は聚り,湿が盛んなれば脾陽不振になる ;
肝は条達を喜び抑鬱を悪む,肝鬱すれば木横し,最も脾土を乗侮し易い。
此れは “湿が盛んなれば火は衰え,肝が鬱すれば気は弱まる”という所謂である。
だから傅氏は脾胃を実する薬と疏肝の品を合用して,木土が互いに安んずるようにしている。此のように,健脾することが即ち疏肝解鬱の重要な一環だと分る。

筆者(千手堂主) は臨床で肝鬱日久の婦科病患者を見るにつけて胃[月完]脹痛、食后腹脹、[ロ愛]気不舒、大便溏薄、或いは大便時に干 時に溏、舌淡胖、辺有歯印、苔薄膩、脈細弦等の症状を現しておれば,傅氏の理論に従い,疏肝する時も,脾胃を顧みて,常に異功散、香砂六君丸等を合用し,往々 事半功倍の効を収めている。

|

« 緑内障にも杞菊地黄丸 | Main | 風 2 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 《傅青主女科》の扶正解鬱観2:

« 緑内障にも杞菊地黄丸 | Main | 風 2 »