« 陽萎 (インポ) | Main | 《傅青主女科》の扶正解鬱観2 »

緑内障にも杞菊地黄丸

杞菊地黄丸を白内障に用いる事はよく知られていますが、緑内障ではどうでしょうか?
順番に考察を進めてみます。

眼病を五輪より辨証する方法

五輪とは、眼瞼を肉輪といい,脾胃が主る;
内外眦及び其の血絡を血輪といい,心と小腸が主る;
白睛(鞏膜)を気輪といい,肺と大腸が主る;
黒睛(角膜)を風輪といい,肝胆が主る;
瞳子(瞳仁、瞳視、瞳孔)を水輪といい,腎及び膀胱が主る。

水輪の病証は次の七証に分けられる。
  (一)陰虧証
  腎中の真陰が不足して,瞳神を濡養できなくなった証候。
  (二)気虚証
  元気が虚弱で,頭目まで升運できず,目竅を濡養できなくなった証候。
  (三)実熱証
  火熱が熾盛で,目竅に炎蒸した証候。
  (四)痰湿証
  脾虚のため水湿を輸布できず,湿から痰を生じ,目竅へ上凌した証候。
  (五)頭風痰火証 (肝風痰火証)
  肝風と痰火が相い搏ち,頭目を上犯した証候。
  (六)気虚血淤証
  元気が虚衰して,気が摂血せず,或いは気が行血せず,淤血が眼内に停滞した証候。
  (七)気虚血少証
  気血が倶に虚し,目竅を濡養しない証候。

このうち(五)頭風痰火証は:
頭目が劇しく痛み,眼が脹れて脱けるようになり,虹のような光が見え,眼圧は高くなり,瞳神が散大し,瞳色が緑色を帯び,視力は急に降り,或いは瞳色が微かに青くなり,視野は狭窄し,或いは驟に失明する。
更には悪心嘔吐,身熱面赤,心煩心悸,眩暈,大便干結などの証候が現れる。
舌は紅く、苔は白か或いは黄膩,脈は弦数か或いは弦滑数となる。
そのため本証は青風内障、緑風内障、雷頭風内障等の病気に相当する。

青風内障的診断、分析、治療

さて肝風痰火証を構成するのは、肝鬱化火、陰虚陽亢、痰火升擾、肝腎両虧などの要因である。
教科書に載っているような典型的な例はさておいて、緑風内障のなりがけや軽症は自覚症状も無く、眼圧を測ってみてはじめて病名を指摘される場合が多い。
こういうのには肝腎両虧が多い。

杞菊地黄丸 (董西園 《 医級 》 ) 加減

(熟地黄10,茯苓・山薬・丹参5,白芍4,枸杞子・菊花・牡丹皮・沢瀉・当帰・菟絲子3,五味子・川弓2)51

若し気血不足を兼ねれば,+党参、黄耆
腎陽虚なら,+肉桂、覆盆子

|

« 陽萎 (インポ) | Main | 《傅青主女科》の扶正解鬱観2 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 緑内障にも杞菊地黄丸:

» 病気の症状の情報です。大腸 病気 [病気の症状の薬箱]
脳血管障害で一般的によく知られているのは「脳卒中」だと思います。脳卒中とは、突然起こる脳血管障害のことで、出血性と梗塞性があります。出血性の脳血管障害にはクモ膜下出血、脳内出血があり、後遺症が残ったり、時には生命の危険を伴う深刻な病気です。閉塞性の脳血管..... [Read More]

Tracked on 2007.10.06 05:16 PM

« 陽萎 (インポ) | Main | 《傅青主女科》の扶正解鬱観2 »