« 并提湯 | Main | 緑内障にも杞菊地黄丸 »

陽萎 (インポ)

最近はEDと云われている陽萎 (インポ)について、お客さんから相談があっても自信を持ってお勧めできる処方を知らなかったのです。
教科書上では肝鬱と腎陽虚のふたつが代表的な証であるとなっています。

  張某,男,27歳。
2005-11-09初診。
勃起不全が2年余り続いている。怒りやすく,小腹が時どき脹る感じがする,腰膝はだるく痛み,小便は白濁して出が悪い,時どき胃痛あり,生冷のものを食べると痛みが増す,舌質は紅,苔は黄膩,脈は細。
曽つて壮陽薬を飲んでみたが効かなかった。

肝鬱不舒と辨証される。

逍遥散加味:
(柴胡・当帰・白朮・竹葉3 茯苓4 白芍薬・懐牛膝・生麦芽5 車前草7 生甘草2 薄荷1)41

2006-01-04復診:
20剤を服薬后,小腹の脹痛、胃痛は已に愈え,食欲が増え,二便も調い,陰茎の勃起无力は明らかに改善された。

肝鬱血虚が長引くと,生熱化火となる,故に上方から車前草・竹葉・生麦芽を去り,牡丹皮・山梔子3、通草・紅花2を加えて,継服すること20剤で,病機はなくなり,諸症は悉く除かれた。

崔[王粲]:河北中医雑志

|

« 并提湯 | Main | 緑内障にも杞菊地黄丸 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/16667083

Listed below are links to weblogs that reference 陽萎 (インポ):

« 并提湯 | Main | 緑内障にも杞菊地黄丸 »