« 火1 | Main | 活絡効霊丹の応用1 »

火2

" 陰虚火盛なら, 壮水にて治し, 陽虚発熱なら, 益火にて治す。" 明・張介賓《景嶽全書・雑証謨・火》

按: これは皆内火を指す, 内火が生ずるのは陰虚か, または陽虚による。
陰が虚せば火旺となる, 下焦の相火が妄動する, 此の火が生ずるのは肺腎両虚による。

陽虚でも火を生ずる, 此の火は陰盛陽衰, 陽虚不納で生ずる无焔の火である,
此の火は无根ゆえ, 虚陽であり陰寒が作ったものである。

其の証には三つある,
一は下が陰盛で, 陽を上に押し上げた, 戴陽証;
二は内が陰盛で; 陽を外に浮上させた, 陰盛格陽証,
三は中気不足で陽が陥下した中寒下熱で, 二便は反って短渋する.

治法は, 陰虚者には.滋陰降火, 壮水制火を,
陽虚者には, 納気帰元, 温陽去寒, 火を補って火を治す。

         『歴代臨床格言選萃』 天津科学技術出版社 1987

|

« 火1 | Main | 活絡効霊丹の応用1 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/17099851

Listed below are links to weblogs that reference 火2:

« 火1 | Main | 活絡効霊丹の応用1 »