« 活絡効霊丹の応用4 | Main | 老人の咳嗽は脾腎を調えよ »

活絡効霊丹の応用5

活絡効霊丹治痺証験案
作者:王宜昌,黄雪玲, 宜春医専学報
出版日期: 1998年3月30日

1腰椎増生症
李××,女,55歳,会計。1997年1月10日初診。
患者は十余年も腰痛がある。いつも労累や久坐ですぐに起こる,CT検査診断では“第3-4腰椎増生”。

診見:腰痛は錐で刺されるよう,痛みの箇処は決まっている,仰俯転側ができない,下肢は酸脹する,食欲はある,二便は正常.舌は淡紅で辺に淤斑あり,苔は薄白,脈は細弦。

証は気滞血淤,肝腎不足に属する。
治には活血通絡,補益肝腎を。
活絡効霊丹加味:当帰、丹参、桑寄生各15,制乳香、制没薬、川続断、杜仲各12,繭絲子10,全蝎6,甘草3g。

服薬5剤で患者はすぐに腰痛が軽減した事を感じた。
薬は已に病に的中したが,上方に威霊仙12,肉従蓉10を加えて継続した。共服すること10剤で,腰痛は消失した。

2坐骨神経病案
張xx,男,45歳,農民。1 997年4月20日初診。
患者は右臂部及び下肢が疼痛して半年になる。20日まえに水の中を渉ってから疼痛が劇しくなった。

症見:右腰腿の疼痛が,時には針刺感がある,弯屈ができず,歩きにくい,口苦,小便は黄色く,大便は滞り,舌質は紅く,苔は黄厚,脈は弦滑。

証は寒湿侵襲、鬱久化熱,気血淤滞、経脈不利に属する。
治には清熱化温,通絡止痛を。
活絡効霊丹加味:当帰、丹参、制乳香、制没薬各臨15,秦九、川牛膝各12,白芍、桑枝各10,制川烏5,忍冬藤、鶏血藤各18,五加皮20g。

上方を4剤服した后疼痛は明らかに軽減し,下肢も動きやすい。
上方から制乳香、制没薬、制川烏を去り地竜10,意苡米15を加えてさらに12剤服して,諸症は消失した。

3肩周炎
聶 Xx,女,49歳,店員。1996年9月15日初診。
患者はこの二ケ月来、右肩部に疼痛があり,まるで針で刺されるようだ,夜間が尤ひどく,動かすと悪化する。
三日前から症状が重くなり,頭暈乏力を伴い,食欲がない,右臂の外展と内展時に疼痛する,臂は頭より上に挙らない,二便は正常,舌は淡紅,苔は薄白,脈は細滑。

症は気血不足,寒湿痺阻,経脈不利に属する。
治には補気活血,温経去湿,通絡止痛を。
活絡効霊丹合黄耆枝枝五物湯加減:当帰、丹参、絡石藤各15,制乳香、制没薬20g,黄耆30,威霊仙、羌活、赤芍各10、制川烏、桂技各6,鶏血藤20,炙甘草5g。

服薬6剤の后諸症は明らかに軽減した,続けて上方を5剤服薬して,右肩の疼痛は大いに好転し,頭より上に挙るようになった,但しなお牽引作痛の感じがあるので,上方に桑寄生15を加えて継続した。服薬20余剤と,リハビリによって自覚症状は消失し,肩の動きが楽になった。

|

« 活絡効霊丹の応用4 | Main | 老人の咳嗽は脾腎を調えよ »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 活絡効霊丹の応用5:

« 活絡効霊丹の応用4 | Main | 老人の咳嗽は脾腎を調えよ »