« 活絡効霊丹の応用3 | Main | 活絡効霊丹の応用4 »

アトピー性皮膚炎

2007/10/08
女性、30歳。アトピー が背中~肩~胸~脇の下へかけて広がり、皮膚が硬化しはじめ褐色になっている。
夜間は痒くて寝られない。舌に異常なく、やや紫の部分がある。
疲れやすく眠い、かなりの冷え性。汗は殆どかかない。口乾なし。

アトピーの人の舌証はたいてい虚証を呈している事が多い。
この方も慢性期に当たり「脾虚湿困」の証と思われたので二診の健脾利湿法をとることにした。
一週間分を試しに持っていく。

処方: (黄耆・蒼朮・茵陳蒿・沢瀉・車前子・大青葉・金銀花2 滑石2.5 甘草0.5 白蘚皮・意苡仁・地膚子3)26g

2007/10/14
症状に変化なし。味は割りと飲みやすい。

2007/10/27
夫が代理で取りに来る。30日分を渡す。

2007/11/25
本人が取りに来たので聞いてみると、顔も胸も皮膚の色が白くなり、痒みもなくなり軽快しているのがよく分るとのこと。30日分を渡す。

これを聞いて「アー、本当に効いたんだ! 処方に偽りはなかったんだ。」と我ながら感激した。

|

« 活絡効霊丹の応用3 | Main | 活絡効霊丹の応用4 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アトピー性皮膚炎:

« 活絡効霊丹の応用3 | Main | 活絡効霊丹の応用4 »