« 生理痛と鼻水 | Main | もし新型インフルエンザが来たら »

“未病を治す”とは

未病”とは中医経典《黄帝内経》の《素問・四気調神大論》に出てくる言葉です。

正確には“この故に聖人は已病を治さず,未病を治し,已乱を治めず,未乱を治める,という意味です。病が已に成りて后に薬を与えたり,乱が已に成りて后に治めるのは,譬えれば渇してから井を穿ち,斗ってから兵器を鋳るごときで,遅すぎやしませんか?”と書かれています。すなわち早期治療や萌芽時の治療(預防)のことです。

《史記・扁鵲倉公伝》によれば春秋戦国時代の扁鵲は“未病を治す”名医だったそうです。扁鵲が斉国を旅していたとき,斉の桓侯が彼を接待しました。扁鵲は桓侯を看るなり“あなたは病気にかかっています。今はまだ病は肌表にありますが,すぐに治さなければ進行しますよ。”と云いました。桓侯は“わたしは病気ではない”といい張ります。
扁鵲が去った後で桓侯は周りの人に云いました。“扁鵲という奴は虚名の徒だ,病気でもないのに病気だといって功名を得ようとする騙りだ。”

それから五日が過ぎて,扁鵲は再度 桓侯を拜見して云います。“あなたの病気はもう血脈に進みました。いま治さなければ深く進入するばかりです。”
桓侯は大変不愉快になり“わたしは病気ではない”というばかりです。

また五日が過ぎると,扁鵲は桓侯に“あなたの病気はいま腸胃にあります,いま治さなければ難治となります。”
桓侯は不愉快のあまり相手にしません。

さらに五日が過ぎて,扁鵲は桓侯を遠望するなり くるりと身を翻して去りました。桓侯は奇怪に感じ,慌てて人を遣わして扁鵲に訳を問いました。
扁鵲は云います。“君王の疾病が肌表に在った時には,湯熨を用いれば治療できた;血脈に在った時には,針灸[石乏]石の力を借りれば治療できた;腸胃に在れば,酒剤を配合して治療できた;が現在では疾病は已に骨髄にまで深入していて,これはもう神仙でさえも方法がない。”

また五日が過ぎると,果して桓侯は発病しました,人を遣わして扁鵲を探しても,扁鵲は已に去ってしまい,桓侯は終いに不治となり身を亡ぼしました。

---
桓侯は癌の晩期だったのかも知れません。
では どうすれば未病のうちに発見できるのか?

それは現在ならば体質診断ではないかと思います。
陽虚・湿熱・血淤・痰湿・気虚・気鬱・陰虚など、中医学では臓腑の陰陽盛衰を見て体質分類がなされています。
体質に異常があれば同じ邪気でも病気の伝変が違ってきます。

例えば湿盛の肥胖者は湿毒邪気に感じやすく,陽虚ならば風寒に感じやすく,病を得ると寒に化しやすい;脾虚なら,外感病から肝病になりやすいから先ず脾を実して伝変を防がなければならない、などなど。 (つづく)

|

« 生理痛と鼻水 | Main | もし新型インフルエンザが来たら »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “未病を治す”とは:

« 生理痛と鼻水 | Main | もし新型インフルエンザが来たら »