« 酸棗仁湯で不眠症が治るか? | Main | 胃痛・腹脹・背中痛 »

営衛不和と不眠

日中の陽気である「衛気」が夜になっても陰脉に入れない"陽盛陰虚"という状態は「営衛不和」に似ている。
張仲景の桂枝湯は営衛を調和するのに用いているが桂枝湯系列の処方には不眠治療は出てこない。
ただ桂枝加竜牡湯には"男子失精,女子夢交"の治療があり、これは"虚労虚煩不得眠"の治療でもある。
小建中湯では"心中悸而煩"を治療し、桂枝去芍薬加蜀漆牡蛎竜骨湯では"臥起不安"を治療している。
(桂枝湯加減で不眠を治療するのは后世医家の応用法である。)

桂枝湯加減が適応する病人には食欲不振、自汗、盗汗、悪風が無ければならない。そして煩躁はない。
それを徐守愚は曰く"汗が出て不寐なるは陰陽の不足に非ず、陰陽の不和なり。"
しかも不眠と嗜睡が交替に出現し、不眠は連続して数日続くが比較的に元気である。
嗜睡は十数時間しか続かない。
だからこれには営衛を調和するだけで一般的な安神方法は用いないのである。
常用処方は桂枝湯加竜骨・牡蛎等である。
竜牡を加える訳は《杏軒医案》の所説にある。"心は虚霊の臓なり,草木は无情なり,物類の霊を借りて引となさずば効を望めず、亀板・虎睛・竜歯・琥珀・珍珠などを加入する也。"

从経典著作探求不寐辨治 より

|

« 酸棗仁湯で不眠症が治るか? | Main | 胃痛・腹脹・背中痛 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 営衛不和と不眠:

« 酸棗仁湯で不眠症が治るか? | Main | 胃痛・腹脹・背中痛 »