« February 2008 | Main | April 2008 »

花粉症の漢方は

漢方ではアレルギー性鼻炎のことを鼻[鼻九]といいます。
突然あるいは反復発作性の鼻塞、鼻癢、噴嚏、鼻流清涕が特徴です。
季節性であったり通年性であったりしますが、花粉症と最も近いと思われるのが肺経鬱熱型の鼻[鼻九]でしょう。
(中国には花粉症は無いのでアレルギー性鼻炎の中から類例を探すことになります。)

このタイプは熱気に遇った時や辛熱性の食物を食べた時に「鼻脹塞、酸癢不適,噴嚏頻作,鼻流清涕」の症状をあらわします。

私もこのタイプの鼻炎になっています。
例えば寒い戸外から暖かい室内に入った時や、熱いラーメンを食べた時などは食後にドーッと鼻流清涕があります。水洟であったり白い粘性の鼻涕であったり。
ほかには寝起きに鼻血が混じることもしばしば。

これは多くは肺経の湿熱が鼻竅に壅結する事で起こります。
その湿熱はどこから来るかといえば、長期にわたり鼻竅に風湿熱の邪毒の侵襲を受けたり、或いは厚味を嗜食して肺胃に熱がこもる事によります。
湿熱の邪濁は鼻竅に蓄積し続けるとやがて鼻粘膜に変性を起こします。
軽ければ鼻塞だけですが、ひどくなると凝滞したものは半透明で柔軟な鼻息肉(ハナタケ/鼻痔)となり、鼻腔を塞ぐようになります。
花粉症ではここまでは行かず症状は鼻粘膜の変性に止まっています。

この湿熱鬱滞せる花粉症を治すには、肺胃の熱と鼻竅の風湿熱を清散しなければなりません。
その働きは現代風にいえば漢方薬の抗アレルギー剤になるでしょう。

主方は辛夷清肺飲(呉謙《医宗金鑑》)加減です。

処方: 黄岑,知母,桑白皮,枇杷葉,山梔子,升麻,麦門冬,百合,辛夷花,地竜干
     若しクシャミ(噴嚏)が多ければ +蝉蛻、白僵蠶、烏梅

※元の処方には石膏が入っていて鼻汁は粘稠な場合に限られるから必ず去らなければならない。地竜には抗アレルギー作用がある。

  参照HP
花粉症には辛夷清肺湯
花粉症の特効薬 “滋鼻陰香湯” (灰本)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女性の陰部掻痒 (カンジダ)

2種類の陰痒があります。

1. 湿熱が原因
 分泌液が多く、ただれたり おりものがあります。多くは急性で竜胆瀉肝湯が主方です。
2. 陰虚が原因
 陰虚なので分泌液はなく乾燥性です。多くは慢性で知柏地黄丸が主方です。
---

女 27歳 小太り
もっとも治して欲しいこと:
一番目: 外陰部と肛門の痒み(ただれてしまい、特に夜痒くなる)
 幼児の頃から陰部が痒くなりやすかった。
17歳頃にアトピーが非常にひどい状態になってから再度 痒みが再発した。

二番目: 鼻と喉の境目辺りに常に痰がたまっていて、声がかすれることがある。
 23歳くらいから痰の切れが悪くなった。

三番目: 17歳頃、急激なダイエットをしてから つばを飲んだりすると耳の奥で“ブツッ”というような音がする。耳鼻科で耳官閉塞症と診断された。自分では耳垢がたまっている感覚があり、ついつい耳の中を綿棒でいじってしまい、耳の中が常にただれたりかさぶたのようなものがある状態。

四番目: 紫外線に極端に弱い。
 10歳頃から直射日光に長時間当たると皮膚が真っ赤になり、あたりすぎるとただれてしまう。特に顔の皮膚が弱い。
現在も、たった15分程度強い陽射しをあびただけで顔が腫れて真っ赤になってしまうことがある。

その他の身体状況: 暑がり。乾燥肌。胃は丈夫。食欲旺盛。

Continue reading "女性の陰部掻痒 (カンジダ)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

胃痛・腹脹・背中痛

女 29歳 痩せ型
もっとも治して欲しいこと:  もともと便秘症で3年半前から胃が悪くなり、病院で薬をもらっていますが一向に良くならずに悩んでます。
症状は食事をした後 胃が痙攣したように痛くなり、その後みぞおちから右の肋骨の下→腹の中心部→そして右の背中が痛くなり、腹にガスがたまり苦しくてちくちく刺すように痛い。
食事をしていない時でもおなか全体や胃腸、右背中も痛くなります。
朝、吐き気がよくあります。

その他: 月経痛がある おりもの 乳房にしこりがある
---

これは気の疏泄がスムーズに行われていないため肝気が鬱滞 (または肝鬱・気滞) していると思われます。

肝気が鬱滞すると「木克土」(または肝克胃) といって、五行の相克が起こりやすくなります。
木の肝が、土に当たる胃を犯して様々な胃障害を起こします。
最も多いのは胃痛や腹脹や便秘や吐き気などです。
たまに背中痛を訴えることもあり、肝鬱を取り除くと解消されるのを経験しています。

肝鬱それ自体では月経痛や乳房のしこりとして現われることが多いです。

肝胃不和 (気鬱と怒りが肝を傷つけ胃の消化機能に影響する) の証に該当します。
次のホームページを参照して下さい。

※ ホームページのメール相談例「胃痛」「胸やけ/げっぷ/胃痛」の例が出ていますので参考にして下さい。
あなたのケースとメカニズムが似ています。

おすすめの漢方処方

(1) 柴胡疏肝散・・・・・・・・・・(煎じ薬)
 (柴胡・陳皮・枳穀・川弓・白芍・香附子・甘草)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »