« 女性の陰部掻痒 (カンジダ) | Main | 膀胱の気化作用とは »

花粉症の漢方は

漢方ではアレルギー性鼻炎のことを鼻[鼻九]といいます。
突然あるいは反復発作性の鼻塞、鼻癢、噴嚏、鼻流清涕が特徴です。
季節性であったり通年性であったりしますが、花粉症と最も近いと思われるのが肺経鬱熱型の鼻[鼻九]でしょう。
(中国には花粉症は無いのでアレルギー性鼻炎の中から類例を探すことになります。)

このタイプは熱気に遇った時や辛熱性の食物を食べた時に「鼻脹塞、酸癢不適,噴嚏頻作,鼻流清涕」の症状をあらわします。

私もこのタイプの鼻炎になっています。
例えば寒い戸外から暖かい室内に入った時や、熱いラーメンを食べた時などは食後にドーッと鼻流清涕があります。水洟であったり白い粘性の鼻涕であったり。
ほかには寝起きに鼻血が混じることもしばしば。

これは多くは肺経の湿熱が鼻竅に壅結する事で起こります。
その湿熱はどこから来るかといえば、長期にわたり鼻竅に風湿熱の邪毒の侵襲を受けたり、或いは厚味を嗜食して肺胃に熱がこもる事によります。
湿熱の邪濁は鼻竅に蓄積し続けるとやがて鼻粘膜に変性を起こします。
軽ければ鼻塞だけですが、ひどくなると凝滞したものは半透明で柔軟な鼻息肉(ハナタケ/鼻痔)となり、鼻腔を塞ぐようになります。
花粉症ではここまでは行かず症状は鼻粘膜の変性に止まっています。

この湿熱鬱滞せる花粉症を治すには、肺胃の熱と鼻竅の風湿熱を清散しなければなりません。
その働きは現代風にいえば漢方薬の抗アレルギー剤になるでしょう。

主方は辛夷清肺飲(呉謙《医宗金鑑》)加減です。

処方: 黄岑,知母,桑白皮,枇杷葉,山梔子,升麻,麦門冬,百合,辛夷花,地竜干
     若しクシャミ(噴嚏)が多ければ +蝉蛻、白僵蠶、烏梅

※元の処方には石膏が入っていて鼻汁は粘稠な場合に限られるから必ず去らなければならない。地竜には抗アレルギー作用がある。

  参照HP
花粉症には辛夷清肺湯
花粉症の特効薬 “滋鼻陰香湯” (灰本)

|

« 女性の陰部掻痒 (カンジダ) | Main | 膀胱の気化作用とは »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/40439076

Listed below are links to weblogs that reference 花粉症の漢方は:

« 女性の陰部掻痒 (カンジダ) | Main | 膀胱の気化作用とは »