« 胃痛・腹脹・背中痛 | Main | 花粉症の漢方は »

女性の陰部掻痒 (カンジダ)

2種類の陰痒があります。

1. 湿熱が原因
 分泌液が多く、ただれたり おりものがあります。多くは急性で竜胆瀉肝湯が主方です。
2. 陰虚が原因
 陰虚なので分泌液はなく乾燥性です。多くは慢性で知柏地黄丸が主方です。
---

女 27歳 小太り
もっとも治して欲しいこと:
一番目: 外陰部と肛門の痒み(ただれてしまい、特に夜痒くなる)
 幼児の頃から陰部が痒くなりやすかった。
17歳頃にアトピーが非常にひどい状態になってから再度 痒みが再発した。

二番目: 鼻と喉の境目辺りに常に痰がたまっていて、声がかすれることがある。
 23歳くらいから痰の切れが悪くなった。

三番目: 17歳頃、急激なダイエットをしてから つばを飲んだりすると耳の奥で“ブツッ”というような音がする。耳鼻科で耳官閉塞症と診断された。自分では耳垢がたまっている感覚があり、ついつい耳の中を綿棒でいじってしまい、耳の中が常にただれたりかさぶたのようなものがある状態。

四番目: 紫外線に極端に弱い。
 10歳頃から直射日光に長時間当たると皮膚が真っ赤になり、あたりすぎるとただれてしまう。特に顔の皮膚が弱い。
現在も、たった15分程度強い陽射しをあびただけで顔が腫れて真っ赤になってしまうことがある。

その他の身体状況: 暑がり。乾燥肌。胃は丈夫。食欲旺盛。

---

> 特に夜痒くなる。

夜は陰に属するので「陰虚」の症状が出やすい。

> 幼児の頃から陰部が痒くなりやすかった。

先天的に陰虚体質です。

> 17歳頃にアトピー
> 乾燥肌。

これも陰虚の症状。

> 耳の中が常にただれたりかさぶたのようなものがある状態。

耳の症状は腎の病変として現れ、とくに腎陰虚です。

> 10歳頃から直射日光に長時間当たると皮膚が真っ赤になり、

陰虚が亢進して火熱化して「陰虚火旺」の証を呈している。

> 胃は丈夫。食欲旺盛。

火旺になると飢餓感が強くなる。

腎虚火旺 (久病により腎陰を損傷すると反対に陽が高ぶり熱を生ずる/陰虚火旺証) の証に該当します。

おすすめの漢方処方

(1) 知柏地黄丸加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
 (知母・黄柏・生地・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・当帰・白蘚皮)

※ ホームページのメール相談例「カンジダ/疲れやすく抵抗力が弱ってる」の例が出ていますので参考にして下さい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

飲み始めて一ヶ月経ちましたが、陰部の痒みが緩和されました。あと肌がつるつるしてきました。飢餓感も減り、食べすぎも減りました。効果は少しづつですがあらわれてきています。本当にありがとうございます。本当に嬉しいですっ。

飲み始めて二ヶ月経ちましたが、陰部の痒みが緩和したのと、肌がつるつるしたのに加え、疲れにくくなり活動的になってきました。飢餓感も減り、食べすぎも減りました。効果が目に見えてわかるので続けることができます。本当にありがとうございます。本当に嬉しいですっ。

  (この方は結局 97日間 飲まれました。)

|

« 胃痛・腹脹・背中痛 | Main | 花粉症の漢方は »

治験」カテゴリの記事

漢方メール相談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女性の陰部掻痒 (カンジダ):

« 胃痛・腹脹・背中痛 | Main | 花粉症の漢方は »