« March 2008 | Main | May 2008 »

尿路結石に壮水行舟法

宋代の理学思想家 朱熹の詩の一首に《泛舟》というのがある。
昨夜江辺春水生、艨艟巨艦一毛軽、向来枉費推移力、此日中流自在行
(昨夜川岸に春の水が流れ、巨艦も一毛のように軽く滑っていく。これまで船を押すのに苦労したのが無駄であったかのように、この日は流れに自在に進んでいくではないか)
これは一旦 豁然として貫通したときの喜悦の心情を表している。
ここに形容されるように壮水行舟之法を用いる事が腎結石の治療に最も相応しい。

腎結石( 石淋) はヤカンの底に溜まる湯垢のようで、腎水不足によって虚火が起こり廃渣を煉灼して結聚になったものである。
腎石が阻塞すると排尿は不暢となり尿液が瀦留しやすくなり、更に結石の増大につながる。
一般に腎結石の治療には車前子、木通、沢瀉等の利尿剤が多用されている。
しかしこれは尿管まで降りた結石には有利であるが、利尿し過ぎると必ずや腎水を耗傷し腎臓功能にも影響する。
筆者は本病を治療するに化石通淋の基礎に立ちつつも必ず腎水を補うようにしている。
「壮水行舟」とは水が漲れば船が行き易いように、腎や輸尿管中に嵌頓した結石も自然に下るという意味である。

熊某, 男,48 歳。

【病因】腎水が虧虚したので, 膀胱に熱が結ぼれ, 虚火が煉灼するや, 廃渣は結聚となった。

【証候】左腰腹に陣発性絞痛が2 年つづく, 尿意は頻頻としてあるが不暢であり, また耳鳴, 頭昏もある。
舌質は偏紅で, 裂紋あり, 脈は左尺部が弦細。
X 線で左腎腎盂に約1.1cm ×0.6cm の陰影がある。

Continue reading "尿路結石に壮水行舟法"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帯状疱疹后遺肋間神経痛

病例
 張某,女,61歳。2003-04-20初診。
前右側の脅肋が疼痛しているうちに疱疹が出現してきた。
西医診断では帯状疱疹である。
西薬治療26日で疱疹は消失したが右側肋間に持続性疼痛が后遺した,夜間には尤も甚しく,入睡し難い,検査では肝胆疾病はない,西薬にて止痛治療を3年余行ったが効果はない,并せて胃部不適も引起した。

中医診: 右側脅肋の疼痛,食欲不振,舌質は紫,脈は弦細。

診断: 帯状疱疹の后遺肋間神経痛(淤血型)。

治法: 活血化淤通絡。

薬方: 旋覆花湯加減。

薬物組成: 旋覆花・紅花・焦山査12g,桃仁・当帰15g,柴胡・鬱金・川楝子・延胡索・炒白朮・新絳(茜根)10g。

服薬3剤の后,疼痛は大いに減り,睡眠、飲食ともに正常となった。
守方継服2剤にて痊愈した。

※旋覆花湯《金匱要略》が肝着病を治すのに用いられている事より旋覆花には化痰作用のほかに血脉を通じて理気止痛にも働くと思われる。

※肝着の着とは邪気留着の意である。肝臓の気血が鬱滞して胸脅の痞悶不舒あるいは脹痛を出現する。按摩をすれば楽になり、また熱飲を喜ぶのが特徴である。

天津市寧河県豊台医院中医科,中医内科臨床,韓以季(1954-)
(河北中医 2007年 1月 )

| | Comments (0) | TrackBack (0)

膀胱の気化作用とは

「素問、霊蘭秘典論第八」 にある「膀胱者,州都之官,津液藏焉,氣化則能出矣」というくだりをどのように解釈するか?
まず州都とは城市(都市)のことで、辺地から中央へと川の流れが集まる事を意味する。
城市では出入に関所が設けられているように、川の流れも一旦水門によって貯められる。
それで膀胱は政府の官職が行う水門の開閉によって集聚した水液を管理しているのである。
気化作用といえば「水が気化して水蒸気になる」ことを意味している。
だから従来の解釈では気化を腎の透析機能そのものと看做してきた。
しかし気化が腎だけではなく肺(肌表)や肝によっても行われることを見逃してはならない。

医案例1
3歳の男子、時邪疫毒に外感した。
発熱38℃、全身および目が鮮明な黄色となり、口渇あり、小便短少で色は黄赤、大便は秘結し、顏色は灰白色で、腹が膨張している。舌苔は黄膩、脈は弦数。

弁証
陽黄で、熱が湿よりも重い。急性黄疸型伝染性肝炎。

治法
太陽を開き湿熱を清すれば、発汗利尿して太陽・陽明に遏伏する湿熱が両解しよう。

方薬
麻黄連翹赤小豆湯
 麻黄3 連翹・杏仁・鶏内金6 桑白皮・枳殻・大黄5 茵陳蒿9 赤小豆10

 一週間で諸症は癒えた。

解析
淤熱が裏にあるのに表が塞がっているから急性黄疸型伝染性肝炎を起こした。
苦寒清熱の薬が行くところではない。
太陽の表を開き湿熱の裏を清して、肝胆および皮膚内の湿熱病毒を追い出さなければならない。
茵陳蒿は気分薬で陽明に遏伏する湿熱を清し、また太陽膀胱に入り気化を助け、発汗利水・利胆退黄に働く。

Continue reading "膀胱の気化作用とは"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »