« 帯状疱疹后遺肋間神経痛 | Main | 鼻炎は胆経鬱熱が多い »

尿路結石に壮水行舟法

宋代の理学思想家 朱熹の詩の一首に《泛舟》というのがある。
昨夜江辺春水生、艨艟巨艦一毛軽、向来枉費推移力、此日中流自在行
(昨夜川岸に春の水が流れ、巨艦も一毛のように軽く滑っていく。これまで船を押すのに苦労したのが無駄であったかのように、この日は流れに自在に進んでいくではないか)
これは一旦 豁然として貫通したときの喜悦の心情を表している。
ここに形容されるように壮水行舟之法を用いる事が腎結石の治療に最も相応しい。

腎結石( 石淋) はヤカンの底に溜まる湯垢のようで、腎水不足によって虚火が起こり廃渣を煉灼して結聚になったものである。
腎石が阻塞すると排尿は不暢となり尿液が瀦留しやすくなり、更に結石の増大につながる。
一般に腎結石の治療には車前子、木通、沢瀉等の利尿剤が多用されている。
しかしこれは尿管まで降りた結石には有利であるが、利尿し過ぎると必ずや腎水を耗傷し腎臓功能にも影響する。
筆者は本病を治療するに化石通淋の基礎に立ちつつも必ず腎水を補うようにしている。
「壮水行舟」とは水が漲れば船が行き易いように、腎や輸尿管中に嵌頓した結石も自然に下るという意味である。

熊某, 男,48 歳。

【病因】腎水が虧虚したので, 膀胱に熱が結ぼれ, 虚火が煉灼するや, 廃渣は結聚となった。

【証候】左腰腹に陣発性絞痛が2 年つづく, 尿意は頻頻としてあるが不暢であり, また耳鳴, 頭昏もある。
舌質は偏紅で, 裂紋あり, 脈は左尺部が弦細。
X 線で左腎腎盂に約1.1cm ×0.6cm の陰影がある。

【辨証】石淋( 腎結石)。

【治則と治法】結者は散じ, 逸者は行らす, 通淋壮水行舟すべし。

【方薬】六昧地黄湯加減。
熟地黄・金銭草・鶏内金20 石斛・懐牛膝l5 海金砂・瞿麦l0 牡丹皮・沢瀉・山薬・茯苓・石韋9 滑石l2g( 布包)
 禁忌: 酒及び辛辣な食物, および房事。

【効果】服薬すること5 剤の后, 小便は通暢し, 左腰の脹痛は減軽した, 継続服すること30日にして各症は均しく改善した。
収集した尿液には1. 6cm×0.6cm ×0.5cmの結石を排出していた。
x 線の復査でも, 左腎盂には結石影は見られなかった。
よって更に六味地黄丸にて善后を図った。

【解析】腎結石の治療に用いた「壮水化石」とは漢詩にある「軽舟行過万重山」にも等しく腎石の排出を促進する。
              『名医治則辨析』

|

« 帯状疱疹后遺肋間神経痛 | Main | 鼻炎は胆経鬱熱が多い »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 尿路結石に壮水行舟法:

« 帯状疱疹后遺肋間神経痛 | Main | 鼻炎は胆経鬱熱が多い »