« 花粉症の漢方は | Main | 帯状疱疹后遺肋間神経痛 »

膀胱の気化作用とは

「素問、霊蘭秘典論第八」 にある「膀胱者,州都之官,津液藏焉,氣化則能出矣」というくだりをどのように解釈するか?
まず州都とは城市(都市)のことで、辺地から中央へと川の流れが集まる事を意味する。
城市では出入に関所が設けられているように、川の流れも一旦水門によって貯められる。
それで膀胱は政府の官職が行う水門の開閉によって集聚した水液を管理しているのである。
気化作用といえば「水が気化して水蒸気になる」ことを意味している。
だから従来の解釈では気化を腎の透析機能そのものと看做してきた。
しかし気化が腎だけではなく肺(肌表)や肝によっても行われることを見逃してはならない。

医案例1
3歳の男子、時邪疫毒に外感した。
発熱38℃、全身および目が鮮明な黄色となり、口渇あり、小便短少で色は黄赤、大便は秘結し、顏色は灰白色で、腹が膨張している。舌苔は黄膩、脈は弦数。

弁証
陽黄で、熱が湿よりも重い。急性黄疸型伝染性肝炎。

治法
太陽を開き湿熱を清すれば、発汗利尿して太陽・陽明に遏伏する湿熱が両解しよう。

方薬
麻黄連翹赤小豆湯
 麻黄3 連翹・杏仁・鶏内金6 桑白皮・枳殻・大黄5 茵陳蒿9 赤小豆10

 一週間で諸症は癒えた。

解析
淤熱が裏にあるのに表が塞がっているから急性黄疸型伝染性肝炎を起こした。
苦寒清熱の薬が行くところではない。
太陽の表を開き湿熱の裏を清して、肝胆および皮膚内の湿熱病毒を追い出さなければならない。
茵陳蒿は気分薬で陽明に遏伏する湿熱を清し、また太陽膀胱に入り気化を助け、発汗利水・利胆退黄に働く。

‥‥‥

医案例2
80歳の男、老人性うつ病で悶気を起こした。
3日間小便が出ず少腹がパンパンに張っている。顔色は真っ赤で、呼吸が苦しい。口は干き、舌質は赤く裂紋がある。舌苔は微黄、両関脈は弦長。

弁証
前立腺肥大による尿閉。肝気が鬱結していて水液を疏泄する肝本来の機能が果たせていない。

治法
木鬱はこれを達すべし。疏肝利気すれば肝気が通ずるだろう。

方薬
逍遥散加味
 柴胡・白芍・白朮・茯苓・鬱金・花粉9 石斛10 当帰6 甘草3

 一剤を服すや小便は注ぐが如く、二週間の疾は一剤にて画然として癒ゆ。

解析
肝は宗筋をつかさどり、小便をつかさどる。
宗筋は四肢末端の爪先より始まり、体表を循行して前陰に集まる。
逍遥散が三焦の気を舒暢して水液循環をよくしたのは、ひとえに宗筋や膀胱括約筋を緩めたからである。

                 『名医治則辨析』

|

« 花粉症の漢方は | Main | 帯状疱疹后遺肋間神経痛 »

古典」カテゴリの記事

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/40949345

Listed below are links to weblogs that reference 膀胱の気化作用とは:

« 花粉症の漢方は | Main | 帯状疱疹后遺肋間神経痛 »