« 慢性下痢(泄瀉) | Main | 左帰丸はどうして生まれたか? »

粉瘤(ふんりゅう・アテローム)

皮膚腫瘍とか脂肪瘤(脂瘤)や皮脂腺嚢腫ともいう。
中央に黒頭があり,擠圧すると内から白色粉状物を排出する。
一部には“粉瘤は治療する必要が無い”などと誤解されているが放っておくと感染して化膿し、赤く腫れ上がることもあります。
好発部位は頭皮・顔面・陰嚢・肩胛及び背部などです。

未感染のうちに手術によって切除するのが最も簡便な方法ですが、多発性だったり部位によっては漢方的な治療が必要になります。

漢方ではこれを「痰核流注」と呼んでいます。
痰核とは湿痰が皮下に流聚して固まったものです。
なぜ固まるのかといえば気滞血淤が関与するからでしょう。
将来 細菌感染を受けるような場合はこれが「湿熱鬱結」による痰核だったと分ります。
湿熱性の特徴としては小便短赤や舌苔黄膩などがあります。

『中医臨床』vol.24-no.3(2003/9)p30 に治験例が載っていました。

患者:千〇〇,女性,50歳,幹部。
初診:1993年11月6日
現病歴:3年前両手に豆状で黄色の大小結節の発生を見た。
軟らかな結節で皮膚の色は正常であった。
本人は気にしなかったが結節は徐々に大きくなり数も増加してきた。
さらに体幹および下肢にも広がり,豆粒大・卵大のものも見られるようになり,局部的な弱い痛みも感じられた。
1993年3月に某医院で結節の病理検査を受け脂肪瘤と診断された。
多発性のため外科的な切除は不適と判断され中医による治療を求めてきた。

舌苔は白膩,滑脈。
弁証:気滞血淤・痰湿蘊結
論治:理気活血・化痰軟堅

処方:生意苡仁120,当帰尾・生牡蛎(先煎)30,赤芍・青皮・陳皮・茯苓・元参・浙貝母15,制半夏10

経過:上記加減方を4カ月あまり服用したところ結節はすべて消失し皮膚の色は正常となった。

『中医症状鑑別診断学』によれば次の様な処方も挙げられています。

加味小胃丹 (天南星・半夏・桃仁・杏仁・紅花・陳皮・白朮・白芥子・枳実・蒼朮)

竹瀝達痰丸 (竹瀝・大黄・黄岑・沈香・人参・白朮・茯苓・陳皮・甘草・半夏・青蒙石・生姜汁)

|

« 慢性下痢(泄瀉) | Main | 左帰丸はどうして生まれたか? »

治験」カテゴリの記事

Comments

私も多発性の粉瘤に悩んでいます。漢方薬を飲み続ける事によって粉瘤の袋も消滅するのでしょうか?

Posted by: 高橋 | 2008.08.09 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/41608145

Listed below are links to weblogs that reference 粉瘤(ふんりゅう・アテローム):

» 粉瘤(アテローム)のこと [WEBの情報缶!]
ブログから検索 粉瘤(ふんりゅう・アテローム)一部には“粉瘤は治療する必要が無い”などと誤解されているが放っておくと感染して化膿し、赤く腫れ上がることもあります。 好発部位は頭皮・顔面・陰嚢・肩胛及び背部などです。 未感染のうちに手術によって切除するのが...... [Read More]

Tracked on 2008.07.08 at 01:17 AM

« 慢性下痢(泄瀉) | Main | 左帰丸はどうして生まれたか? »