« 激しいめまいと嘔吐 | Main | 大腸ポリープ »

排卵日がハッキリしない

20代 女、体格 顏色、普通。
生理周期が50日~70日とバラバラで、高体温期は14日程度ですが低体温期間が長い。
また低体温期から高体温期の体温上昇が緩やかで、排卵日が特定しにくい。

 汗をかきにくい  不眠(寝つきが悪い) 便秘と下痢をくりかえす  月経量が少い  月経が遅れる  目の下のクマが濃い   胃腸が弱い   寒がり

-------------------------------------

返事 : 下痢やら目の下のクマやら胃腸が弱いやら寒がり等があれば先ず「血虚」を疑わなければなりません。
生理をつかさどる衝脉・任脉の血海がいつまでも充満しないので月経が遅れ気味になるのでしょう。
詳しく云えば血虚には次の2通りがありますが同じに考えてください。

心血虧損 (心労が続くと貧血をもたらす/心血虚)
肝血虧損 (肝における蔵血が不足する場合/肝血虚)

おすすめの漢方処方

 大補元煎 (熟地・人参・山茱萸・山薬・枸杞子・杜仲・当帰・甘草)
-------------------------------------

質問 :
①「血虚」というのは血液不足ということが書いてありました。
レバーをたくさん食べるなど、食事のみでの改善は難しいですか?
一度、漢方を飲み始めると、この先永久的に飲まないと体質は元に戻ってしまうのでしょうか?

②友人に症状が酷似している人がいて、彼女が処方されて飲んでいる漢方は、「当帰シャク薬散」とか、他に「温経湯」というものもあるようです。
今回紹介していただいた「大補元煎」とはどう違うのでしょうか?

-------------------------------------

返事 : 大補元煎は一口に云って腎精不足を補う処方です。
血虚なのに何故 腎精を補うのか?

月経と深い関連があるのは肝と腎で、腎は精を蔵し、肝は血を蔵します。
血は精から化生され (精血相生・精血同源) るので、血虚とは「精血両不足」の意味になるからです。

また精血両不足になったのは、その先にもう一つ「心脾両虚」があったからです。

  

心脾両虚 → 精血両不足 → 排卵不定・月経が遅れる

それで心脾の両気と腎精の両方を補わなければならないのです。
【治法】補気益精,升清挙陷が方意です。

心脾両虚があるのにレバーを食べても果たして血肉になるかどうか?
かえって脾胃の負担にならなければ良いのですが。
---

漢方で体質を改善するというのは五蔵六腑からの改善です。
変えるのも大変ですが、一度変わればなかなか元へは戻りません。
維持するためには服薬をぷっつり止めてしまうのではなく、時々は維持量ほどは飲んでください。
当帰芍薬散温経湯との比較については自分で調べてください。


|

« 激しいめまいと嘔吐 | Main | 大腸ポリープ »

漢方メール相談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/41965928

Listed below are links to weblogs that reference 排卵日がハッキリしない:

« 激しいめまいと嘔吐 | Main | 大腸ポリープ »