« August 2008 | Main | November 2008 »

慢性便秘

肺は嬌臟といい、大変繊細な臓器です。
それならば大腸だって、さつまいもや栗で気滞を起こすような感受性の強い腑器です。
便意を我慢すればすぐに便秘にもなります。
かくして起こった習慣性便秘を大腸の気滞から読み解くことは出来ないものか?

「かぜの体験」の記事で止嗽散を飲んだら大小便が大量に出たと書きました。
そこで止嗽散の中の成分である「紫苑」に注目して調べてみました。

Photo_2
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

从紫苑治好蔡京便秘説起

史堪、字は載之、北宋の四川眉山の人、政和年間に科挙の進士となり、太守を担当したことがあり、同時に彼はまた経験豊富な医者でもある。
《宋史》などの史書の中には、史堪の感動的な治病事例が記載されています。
時の政府で権勢のあった高官、蔡京が患った便秘症を史堪が治したのもその中の一例です。

蔡京は北宋の徽宗の時の宰相です。
ある時 蔡は大腸が秘固不通となり大変苦しんだ。侍医の調治を受けたが病状は少しも好転しません。
原因の1つは蔡京が正気の損傷を怕れて、瀉下の要薬である大黄の使用を許さないからです。
医師等はみな手をつかねるばかりでしたが、ある人の推薦で史堪に診治を頼むことになりました。
当時はまだ無名だった史堪は蔡家の門番にさえ軽く見られたものです。
史は入室后詳しく脈をみて処方をするでもなく、ただ蔡に向かって20銭を下さいと云いました。
蔡はわけがわからず半日の間答えませんでしたが、最後に家人に云い付けて史堪に20銭を与えさせました。
史は人を遣わして紫苑一味を買いにやらせ、すぐに粉末にひき砕き、蔡に水で服用させました。
蔡が薬を飲んでから間もなく、腸が"即通"してたちどころに奇効を現しました。
蔡は驚喜して、史堪に訳を説明するよう頼みました。
史はかすかに笑いながら言います:これはとても簡単な事です、大腸の気は肺と相連なり、大腸は肺の伝送の器官です。
あなたの患った大腸の秘固不通は"肺気濁"がもたらしたものです。
いま紫苑であなたの肺気を清理したら、このように大腸はすぐに通達し、病気が除かれたのです。

中医では便秘を成因により実秘、虚秘、熱秘、冷秘、風秘及び気秘に分類します。
蔡京の所患は気秘であったろうと推察され、これは憂思鬱結して、気滞不暢,津液不行となり、腸が伝導を失したものである。

紫苑は本来 止咳理気薬です。
古代の本草書を調べても、紫苑は小便を通利し血尿を治すと記載してあっても、通大便の効能は記録されていません。
ただ清代の《本草从新》の中では紫苑には"苦は能く下達することができ、辛は能く金(肺)を益する……至高に入りても、能く下達する"とあります。
近代の名医、朱良春の《朱良春用薬経験集》の中にはこのような記載があります: "紫苑が能く二便を通利するのは、その体が潤で微辛微苦だからである……潤は能く通すことができ、辛は能く行らし、苦は瀉火するので二便の滞塞に有効である。"
朱氏は紫苑が能く二便を通利すると言い出したのは、彼はこの薬の通便効果を検証したことがあるからでしょう。
紫苑の薬性から見ればそれも一理あります。
紫苑は微温で潤、肺家の要薬にして、能く肺鬱を開泄する。

中医では、肺と大腸は表裏をなすとし、生理と病理上で相互に影響し合うとみなしています。
紫苑が肺気を宣通すると、気が行り津液も行る。津液が下行すれば腸道を潤沢でき、便秘は解けるという訳です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Continue reading "慢性便秘"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

おならは何故出るのか?

私は日頃からよくおならが出るほうです。
幸いあまり臭くないので家族に嫌われる事はないようです。
しかし時には、便秘でもないのに物凄く臭くなる事があります。
なぜ頻繁におならが出るのか、なぜ臭い時と臭くないときがあるのか、それが日頃からの疑問でした。

よく聞くのは、さつまいもやあんこ等の豆類や栗などを食べるとおならが出るということです。コーヒーでも出るという人もいます。
その理由はそれらには繊維が多いから、というものです。
またおならの元になる空気はどこから来るかというと、口から食べ物と一緒に呑みこんだものが、胃でゲップにならずに大腸まで運ばれて、発酵ガスと混じっておならになる、というのが一応の説明です。
分ったようで、やはり得心がいきません。

今回のかぜで気付いたのですが、この期間中に異常な程おならがポンポン暇なく出たことです。
風邪を引く前から、この頃よくおならが出るなーとは思っていたのですが、治っていくにつれて出なくなってきたのです。

かぜの症状は軽いさむけと咽痛と咳嗽でした。それにおなら。
これを風邪犯肺の証とみて、止嗽散を用いたら軽快した訳です。
肺が風邪をひいて咳嗽が出るなら、(肺と表裏の関係にある)大腸が風邪をひけばおならが出ると考えたらどうでしょう。

もし肺が風邪をひいていなければ呼吸はスムーズで、有るか無しかの細さでしょう。
普段は気がつかないけれど大腸も肺と同じように呼吸をしているのではないだろうか? 有るか無しかの細さで。

咳嗽をするとその響きは肛門へ行きますね。
肺がかぜ引けば大腸もかぜ引く。
肺の気滞は咳嗽で、大腸の気滞はおなら。

普段よくおならが出るのは大腸が気滞を起こしているから。
さつまいもや栗が気滞を起こすと考えれば納得。
屁が臭いのは発酵して熱を帯びているからで、臭くないのはまだ発酵していないから。

さつまいもも栗も食べていないのにおならが頻発すれば、それは肺からの影響です。
女性が人前でおならをしたくなければ、肺が気滞を起こさないようにすれば良いのです。
大腸の気滞は肺の気滞と同時発です。
肺の気滞を取り去るには肺を犯している筈の外邪を去れば良いのです。
つまり止嗽散のような宣散作用のある風邪薬を飲めばおならが出なくなるでしょう。

              (「慢性便秘」の記事へ続く)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

かぜの体験 止嗽散

10/06 背中が寒くて喉がいがらっぽく、軽い痛みがある。
軽く咳き込み、粘っこい鼻涕が出る。
喉の症状から、風寒性のかぜと考えて風寒襲喉の六味湯 (桔梗・甘草・荊芥・防風・白僵蚕・薄荷) を服用した。

10/07 寒気と咽痛はなくなったが痰からみの咳嗽と水涕が増えた。
風邪犯肺の止嗽散 (百部・紫苑5 桔梗・白前・荊芥・陳皮・生甘草3)25 に変方。

この夜体験した治癒への機転は強く銘記しておかなければならない。
寝る前に小便をして、それから止嗽散一服を飲んで床に就いた。
一時間ほどして直ぐに尿意を我慢できずに起きた。大量の小便が出た。
更に二時間後にもう一度小便に起き、やはり大量に小便が出た。
そして朝、三度目の小便である。
実によく小便がほとばしり出た。
またその日中になって大量の大便も出た。快感であった。
この二便の排出と治癒への転向が深くつながっている事は疑いが無い。

化学薬を用いて治癒機転を感じる事は無いだろう。
漢方治療にのみあり得る事である。
これで漢方薬が直接ウィルスをやっつけるのではなく、生理現象を通じて自然治癒力が発揮され、それが病気を治すのだという事が分る。

10/08 大分調子がいい、時々の痰がらみの咳嗽と、水涕は粘り涕に変わった。

10/09 喉に粘痰がからむので咳払いをする。鼻からは粘涕が多く出る。
体調が回復したので朝の散歩に出る。なお止嗽散を飲み続ける。

           (「おならは何故出るのか?」の記事へ続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | November 2008 »