« 半夏でどうして咽痛が治るの? | Main | 胃気 »

タミフル耐性ウイルス

厚生労働省は一月十六日、今冬流行しているインフルエンザのうち、二番目に多いAソ連型ウイルスで、治療薬タミフルが効かない耐性ウイルスが97%を占めたと発表した。インフルエンザ全体では三分の一強に当たる。

昨冬はAソ連型の耐性は2・6%と少なかったのに一挙に97%に増加した。この様子ではいずれB型も同じ事になるだろう。

インフルエンザへの対抗策は「先手必勝“未病を治す”」しかない。
先に「かぜの体験 止嗽散」で軽い風邪の報告をした。

軽い内に手を打つのが最善です。
重くなってしまっては薬も強力なものを使わなくてはなりません。

当地でもインフルエンザによる学級閉鎖のニュースが出始めました。

昨日、息子が職場で風邪を貰ったようで、かなり強い寒気を訴えてきました。
そういう状態でも宿直をしなければならないと云うので止嗽散の煎じ薬を持たせてやりました。
風邪を引くと息子はいつも決まって止嗽散の症状を現すからです。
今日帰ってきて、風邪は治まったようだと云います。
やれやれ重くならなくて良かった。
軽い内なら軽い薬で済む。
重くなったら止嗽散ぐらいでは済まないだろう。

「漢方でインフルエンザを治せるか?」とよく聞かれます。
重いのを経験したことが無いので何とも云えませんが、重いのはやはり手に余ります。そんなのは御免です。

|

« 半夏でどうして咽痛が治るの? | Main | 胃気 »

漢方」カテゴリの記事

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タミフル耐性ウイルス:

« 半夏でどうして咽痛が治るの? | Main | 胃気 »