« 食滞 (食積) | Main | タミフル耐性ウイルス »

半夏でどうして咽痛が治るの?

半夏散及湯(はんげさんきゅうとう)という処方が《傷寒論》の少陰病編にあります。

"少陰病、咽中痛、半夏散及湯主之。"

処方の構成は [半夏・桂枝・甘草] です。

正直に云って半夏や桂枝でどうして咽痛が治るのか理解出来ませんでした。
通常、風寒を外感して咽痛を起こすなら六味湯を、風熱なら銀翹散を、というのがもっとも一般的な方法です。
六味湯や銀翹散の処方には風寒や風熱の邪を吹っ飛ばす荊芥薄荷が入っています。
しかし半夏散及湯にはこういう外邪に対する成分は入っておらず、僅かに寒気への桂枝と痰飲への半夏があるだけです。
だいたい桂枝と半夏という組み合わせ自体がとても珍しくて少ない組み合わせだし、寒気と痰飲に対するだけでどうして咽痛の原因である外邪を追い払うことが出来るのかと。

しかしその後、咽痛には太陽の咽痛のほかに少陰の咽痛というものがあることを知りました。

太陽の咽痛は病気の初発に寒気と同時に咽痛もあります。
一方、少陰の咽痛には僅かに寒気はあっても大した事はなく、それよりも体がだるくてただ横たわっているだけです。

"少陰之為病,脉微細,但欲寐也。"

少陰病というのは太陽病の時期にしっかり治しておかなかったため、病がこじれて体表よりももうひとつ深い所へと病態が進行した状態です。
太陽期には体表の免疫系(衛気)が働いて病邪を追い払うのですが、少陰期になるともうこの免疫系はありません。
着物を剥がされた裸状態で、病邪はいつでも勝手に中まで進入してきます。
だから寒気は余り無くて咽痛ばかりの症状になるのです。

なぜ咽痛なのかというと太陽病は膀胱経が邪に犯されていて、ここで喰い止められないと邪は表から裏へと侵入します。膀胱経の裏は少陰の腎経です。腎経は喉をまとっているので咽痛の症状が現われるのです。

慢性咽頭炎などで繰り返し咽痛を起こすのもこの少陰の咽痛です。

【相談例】
痩せ型、中年の女性。
冷えたり、ちょっとした刺激(たばこの煙、排気ガス、ホコリなど)で直ぐに喉が痛くなる。
疲れやすく、スタミナもなく、夜は9時頃に眠くなってしまいます。
耳が痒くてかくと汁が出る。食は細い。

【考察】
まず邪気を発散する力が無いのだから荊芥や薄荷などの発表剤を使えば裸の体を鞭打つばかりで逆効果であるのは明らか。
体表の免疫系である「衛気」が少ないと、風寒を受けただけで直ぐに衛気の下を流れている経絡の気の流れに影響を受けます。
なかでも脾胃の経絡は反応しやすく、気が乱れると胃気は下がらずに上逆して吐き気になるし、脾気は昇らずに湿が停滞し"痰飲"を生じます。

風寒に襲われ寒気が外を覆ったため、陽気が内に閉じ込められて水湿を発散できなくなり(寒束陽鬱)、痰濁が内生する。

この内気の乱れを整えるのが半夏散及湯であると考えれば理解がいく。
桂枝と半夏の組み合わせは脾気を「辛温開達」して能く邪気を外へ導き、内火を散ずるのに適していると昔の人は解説している。

|

« 食滞 (食積) | Main | タミフル耐性ウイルス »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 半夏でどうして咽痛が治るの?:

« 食滞 (食積) | Main | タミフル耐性ウイルス »