« タミフル耐性ウイルス | Main | 頭面 上半身の湿熱 »

胃気

がん患者や医師などを対象とした意識調査の結果、「最後まで病気と闘う」という回答は、患者の約8割に対し、医師は約2割だったという。

多くの医師は「治療=やりすぎると悪い結果になる」と認識している。

現実から逃げて、最後の最後に悶(もだ)え苦しむ末期がん患者を数多く見てきた私は、首をかしげざるを得ない。(医師・作家 久坂部羊)

この記事に共感します。

多くの病人が三度の食事よりも多いほどの薬を飲まされながら次第に衰弱していく現実があります。
それを見るに付けて中医学の「胃気」という言葉を思い返します。
中医学では胃気の盛衰を診察するのが診病の大綱であると考えています。
またそこから疾病の軽重緩急及び予後も判断できるのです。

葉天士の《臨証指南医案・不食》中に説く:
“胃気有れば生き,胃気無ければ死す,此れは百病の大綱なり。故に諸病で若し食欲があれば,病勢が重くても救える;食欲が無ければ,病勢が軽くても必ず長引き悪化する。”

《素問・平人気象論》に曰く:
“平人は常に気を胃より受ける,胃は,平人の常の気なり。人に胃気無きを逆という,逆なれば死す。”

《内経・五臓別論》に曰く:
“脾胃は後天の本なり”
“諸病は脾胃より生ずる”
“胃気が有れば生き,胃気が無ければ死す”
“胃気が一たび敗れれば,百薬も施し難し”

李東垣曰く:
“元気、穀気、栄気、清気、衛気、諸陽を生発する気,この六気は,……胃気の異名であり,其の実は一つなり。

《素問・玉機真臓論》説:
“五臓は,皆気を胃より受ける。胃は,五臓の本なり。”

《中蔵経・論胃虚実寒熱生死逆順脈証之法》亦説:
“胃は,人の根本なり,胃気が壮んなれば,五臓六腑は皆壮んなり。”

《霊枢・平人絶穀》説:
神色を望んで胃気を察する,“神とは,水穀の精気なり ”,胃気が強ければ精気は充ち,形神ともに旺んで,目の光には精彩がある,病い多くとも軽い,予後も佳い;反対に,胃気が衰えておれば精気は虚し,体は弱く精神は疲労しており,目に神採がなく,病多く重い。

.

.

挙げればきりが無いほど故人は胃気の重要性を説いています。
病、膏肓に入る」という諺がありますが、胃気が絶えるのをいうそうです。
病気を怖れるよりも食欲が無くなるのが一番怖いのです。

療養中の知人に下痢が止まらない方がいます。
治りたい一心で、食欲がなくても三度の服薬だけは厳重に守っています。
しかし薬効が現われず、どんどん体が衰弱していきます。
こうしているのも本人は考えるだけ考えた末のことでしょう。
権威あるかかりつけ医師を信頼してお任せしている限り、もうこれ以上どうしようもないのです。

しかし若しこの時、病人か医師に「胃気」の観念があれば、この後の展開はまた違ったものになったかも知れません。
生命観がもっと多様な、朱子学や中医学などの自然哲学で培われていれば、この真面目な病人に生命を全うする別の道が見えたかも知れません。

|

« タミフル耐性ウイルス | Main | 頭面 上半身の湿熱 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 胃気:

« タミフル耐性ウイルス | Main | 頭面 上半身の湿熱 »