« May 2009 | Main | July 2009 »

防風通聖散の応用(5) おでき・[病<節-丙]腫

【病案挙例】
1. 姚某, 女,28歳, 1998年8月5日初診, 患者は8年来 春季になると面部に必ず[病<節-丙]腫を発する,
中西薬で毎年数ヶ月間 治療するも, 根治出来なかった。

診見: 顔面及び頚前に大小不等の膿頭瘡疹があり, 紅腫して癢痛する,
口干咽燥, 時に畏寒を伴い, 心煩口苦, 大便秘結, 舌紅く, 苔黄は厚く, 脈は滑数である。
脈と症を合参すれば, [病<節-丙]腫である, これは即ち風邪鬱表, 実熱蘊結である,

治には疏風解表, 瀉熱通便とし, 方には防風通聖散加減を選ぶ,

薬用: 荊芥、 防風、 薄荷 (后下)、連翹、生山[木査]、川弓、赤芍、 白芍各10g、 生石膏、 滑石、玄参、生地各20g, 制大黄、 当帰、 蒲公英、 紫花地丁各15g, 芒硝 (冲服) 6g,

連服すること5剤にして, [病<節-丙]腫の癢痛は緩解し, 大便は常に戻った,
芒硝6gを去り, 制大黄を6gに改め, 15剤を継用したら, [病<節-丙]腫は消退し, 心煩, 口干, 悪寒は消失した,
后は成薬(防風通聖丸)を毎回6g, 毎日2回に改用し, 半年ほど服薬した。

按: 本案は春季の面部[病<節-丙]腫を主証とするが, 突き詰めれば其の病因機制は「風熱壅盛, 内結于裏,蘊鬱皮毛肌そう」である。
治療にあたり防風通聖散加減を用いたのは, 実に解表、清熱、攻下の三者并用の挙であった。
この患者は春季に発病することが多く, 春季は風を主る, 故に方中に荊芥、防風、薄荷を用いて外風を解表疏散し, 風邪を汗によって解する;
又肝は蔵血して風木の臓なるを根拠にして, 治風には先ず活血しなければならない, 血が行れば風は自ら滅する道理である,
当帰、赤白芍、川弓、生地を用いて養血柔肝, 凉血活血し, 以って内風の源を絶つ;
生石膏、滑石、連翹を配して肺胃の熱を清解する;
并せて“心は血を主り其の華は面に在る”ところから, “諸痛癢瘡は皆な心に属する”という原則に基づき, 生山梔、玄参を用いて以って心火を清し凉血する;
芒硝、大黄を加えて清熱通便するのは釜底抽薪(竈から薪を抜き火力を鎮める)の意味である;
蒲公英、紫花地丁で清熱解毒し, 全方で風は解し、便は通じ、毒は消えて、沈痾頑疾も自然と消退する効能となる。

Continue reading "防風通聖散の応用(5) おでき・[病<節-丙]腫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防風通聖散の応用(4) 蕁麻疹

【病案挙例】
1. 張某, 男, 34歳, 患者は2年前に風寒を感受して, 全身に疹塊が出現したことがある, 癢さのあまり, 抓きむしる程ひどかった。いろいろの薬治を受けて, ちょっと良くなった程度で治愈には至らなかった。
1週間前に魚や蝦(えび)を食べたら再発した, 1991年11月15日に当院にて就診。
検査: 全身に大小不等で、形状さまざまな鮮紅色風団が密布しており, 圧せば退色するが,掻癢劇烈で, 発熱 (体温38.5℃) 頭痛, 口渇, 便秘, 溲赤を伴い、舌紅、苔黄, 脈は弦数である。

証は実熱内蘊, 感受外邪, 熱毒外発に属する。

防風通聖湯加減
薬用: 防風、荊芥、川弓、山梔子、黄岑、大黄 (后下) 各10g, 麻黄、薄荷各6g, 甘草8g, 石膏、苦参各15g, 芒硝 (分冲) 12g, 白鮮皮30g, 毎日1剤, 水煎早晩分服。

服薬すること8剤の后, 疹塊の大部分は消失した, 癢さは抑えられたが, ただ大便の回数が多い。

原方から芒硝を去り, 大黄の用量を減らせ, 銀花20gを加えて, 清熱解毒の功を増した。
再進すること6剤で, 皮損は全て消え,掻癢は除かれ, 疾病は治癒した。

按: 蕁麻疹は俗称“風疹塊”といい, 治療方法は疏風清熱, 解毒止癢が主である。
しかし本病例は内有実熱に属し, 又外邪を感受した表裏倶実の証であった, 故に防風通聖湯で解表通裏, 疏風清熱解毒をした;
苦参、白鮮皮を再加して清熱利湿止癢を, 銀花で解毒去火を図った。
全方は清にして透, 表裏同治により, 湿化熱除毒散の目的を達成した。

Continue reading "防風通聖散の応用(4) 蕁麻疹"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防風通聖散の応用(3) 急性乳腺炎

本病の初起は乳房が腫脹し、疼痛する, 腫塊は圧えると痛み, 表面は紅く腫れ, 発熱する;
そのままだと症状は重くなり,高熱, 寒戦を伴い, 乳房の腫痛はひどくなり, 皮膚は紅腫し, 硬結があり、 圧痛がある, 患側の腋下の淋巴結は腫大し, 圧痛する。
炎症は数日の内に軟化して, 乳房腫を形成する, 波動感がある, 膿腫が深いと皮膚の発紅と波動感ははっきりしない。

本病の主要原因は乳腺管の阻塞と, 乳汁の淤積である;
或いは嬰児の吸乳時の乳頭損傷に因る。
本病は中医の "乳癰" の範畴に属する。

【病案挙例】
1. [革斤]某, 女, 28歳, 産后2月余りの時, 発熱と、少しの寒けがあり, 右側の乳房が腫痛した。

体検: 体温39.5℃, 右側の乳房が紅く、腫れ, 結塊を触れる, 大便は3日間ない, 舌質は紅く苔は黄で脈は滑数である。

辨証: 風熱が熏盛して, 表裏が倶に実となった。

治法: 疏風清熱, 解表通裏。

防風通聖散化裁: 防風10g, 荊芥10g, 蜜麻黄10g, 連翹10g, 桔梗l0g, 薄荷8g, 黄岑6g, 炒梔子4g, 大黄4g, 滑石10g。

清水で燉服する, 夜間22時に汗が出て熱は退き, 便通があった。
次の日の早朝には, 乳房の腫痛は消失した, あとは疏風解表の

 荊芥10g, 防風10g, 茯苓10g, 柴胡10g, 薄荷8g, 桔梗9g, 枳売10g, 前胡10g

を以って調理した, 黄岑、炒梔子、大黄等の苦寒で胃にさわる品を除去したのである。

Continue reading "防風通聖散の応用(3) 急性乳腺炎"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防風通聖散の応用(2) 急性扁桃腺炎

中医学では風熱乳蛾と称する。
外因として風熱邪毒の感受があり, 内因として肺胃に熱があると, 内外の邪毒が交結してさまざまな病理変化を引き起こす。
若し風熱邪毒が盛んだと, 勢いに乗じて裏に伝わるし,  平素から肺胃に熱があれば, 津液が煎煉されて, 喉核は紅腫し,腐ったような膿液が, 并見され胃腑熱盛の症となる。

【病案挙例】
1.劉某, 女, 8歳, 発熱、 流涕、 咽痛が2日つづき, 体温は39℃, 顔面と耳が赤い, 口干あり, 咽部が紅く, 扁桃体が腫大しており, 膿性分泌物を伴う, 小便は短赤で, 大便は干, 2日間出ていない。

防風通聖散加減:
金銀花、山豆根、薄荷、桔梗、連翹、赤芍、牡丹皮、黄岑、山梔子、大黄、玄明粉、生石膏、竹葉、玄参、生姜、甘草

1剤を服して熱は退き, 継服3剤で上症は皆愈えた。

按: 小児は脾胃が未熟である。
父母が溺愛して,肥甘厚膩のものばかりを嗜食させていると,飲食不節から積滞になりやすく,壅結して熱化すると,抵抗力は下降し,容易に外邪に感染する。
故に臨床では表裏倶実の感冒や扁桃体炎が多く, 防風通聖散を症に随って加減して湯剤を用いると有効である。

Continue reading "防風通聖散の応用(2) 急性扁桃腺炎"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防風通聖散の応用(1) 発熱

【臨床応用】
 劉氏、董氏 [江西中医葯 2001(2):67] は非典(SARS)の流行期に56例の発熱病人を接診した。
解熱剤などの化学薬品は用いず、中薬の防風通聖散加減を採用した。

中薬の基礎方剤は防風通聖散とした。

: 防風15g, 荊芥15g, 連翹15g, 麻黄6g, 薄荷10g, 川弓15g, 当帰15g, 白芍 (炒) 15g, 白朮15g, 山梔10g, 大黄10g, 芒硝 (后下) 6g, 石膏15g, 黄岑10g, 桔梗15g, 滑石15g, 甘草6g

水煎して毎日l剤を二回に分けて服用する。

腹瀉を伴えば大黄、芒硝を去り, 畏寒が無ければ麻黄を去る。
38.5℃以下の者には石膏を去り, 頭痛が重ければ羌活15g を加えた。

---

治療結果: 56例中38.5℃以下の者が17例で、上方から石膏を去った;
25例は畏寒が無く、発熱が38.5℃より低い者が14例 (56% )を占め、上方から麻黄を去った;
腹瀉が毎日3~4回を超えた7例には、上方から大黄、芒硝を去った;
12例の頭痛ある者には羌活15gを加えた。

中薬を服して3日以内に熱が退いた者は51例 (91.1%),
其れ以外の者は5日以内に熱が退いた;
服薬が最少のものは2日分、最多のものは5日分だった。

防風通聖散は処方全体で風寒湿熱の邪を外散させ、内では二便を通利し、邪を表裏から分消する。
正に呉儀洛の所説のように “上下で分消させ、表裏で交治する、しかも散瀉の中にも、なお温養の意がある。だから汗を出させても表を傷つけず、下しても裏を傷つけない。”
本方は臨床上の用は少く、大半は表裏倶実の感冒や、耳鳴耳聾及び[病<隱-丙]疹(蕁麻疹)の証に用い、僅かだが痺証の治療にも用いる。

Continue reading "防風通聖散の応用(1) 発熱"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »