« 尿道綜合症と加味温胆湯 | Main | 経行先后無定期 »

口瘡 三態  アフター性口内炎

アフター性口内炎を中医学では"口瘡"という。
≪素問・気交変大論≫ には已に"民は口瘡を病む" の記録がある。
≪医貫≫ にも亦云く: "口瘡は上焦実熱, 中焦虚寒, 下焦陰火, と各経からそれぞれ伝変する"。

以前「心脾湿熱」によるアフター性口内炎の一例をあげた。
今度は心脾湿熱 以外にも肝胃鬱熱、肝気鬱結と色々原因がある事を追記したい。

なおアフター性口内炎という小さな症状でも、中医学の方法で原因治療をすれば大きく体質が変わり、未病を予防するきっかけになる事に注意を喚起したい。


(1) 心脾積熱によるもの
手の少陰心経は舌を通り, 足の太陰脾経は口を通る。
心脾の痰火が蘊盛になれば, 上焦へと熏蒸し, 穢毒の邪もこれに乗ずると, 肌膜を腐蝕し, 口瘡を発する。

【臨床応用】
何氏は温胆湯化裁にて頑固性口腔潰瘍の治療に応用している。

治療: 温胆湯 (半夏・茯苓・竹茹・枳実5, 陳皮・甘草3)

 牙齦紅腫, 舌紅苔黄,   去半夏 加竜胆草;
 苔膩、痰湿重  加茵陳、滑石、鬱金;
 大便干結、 口臭  加大黄;
 口干舌燥  加麦冬、五味子、天花粉;
 心煩、表熱未清  加柴胡

【病案挙例】
患者, 女,53歳。 1999年6月初診。
口腔潰瘍を反復すること半年余り, 灰白色の潰瘍点が糜爛状で, 胸脇脹悶を伴い, 煩躁, 食欲不振, 大便干結, 舌紅 苔黄でやや膩, 脈は弦である。

温胆湯加減: 竜胆草・柴胡・竹茹・茵陳・枳実3, 陳皮・大黄2, 甘草1

按: 温胆湯は, 胆胃不和の治療に常用される。
痰熱が内擾すれば虚煩不寐, 悪心[ロ厄]逆, 癲癇 等となる。
口瘡には虚火と実火の区別がある。
実火とは, 諸経の熱で, みな心へ集まる。
心火が上炎して, 口を薫灼すると, 口舌に瘡を生ずる。
また脾熱生痰の機舒から, 痰火は互結して, 口へと上炎し, 口瘡を生ずる。
この復発性口瘡 (阿弗他潰瘍) は病程が長く, 反復して痰熱が相搏つと, 胆経では, 陰津に受損する。
こうなればもう清熱剤の単用では奏効し難い。
何氏は温胆湯化裁にて治療し, 胆経の痰火鬱結を解いた。

     『難病奇方系列从書 第三輯 温胆湯 (2009年)』 より

---

(2) 肝胃鬱熱によるもの

【病案挙例】
王某, 男, 35歳。
半年前、人と争って大いに怒ったら, その后 反復して発作的に口腔及び舌部に潰瘍が出現するようになった。
常に燥熱して汗が出るのを感じたり, 双目が干渋して耐え難かったり, 口渇して多飲したり, 心煩して, 夜寝られない。
痔瘡の病史があり, 常に便には鮮血を帯びる。
竜胆瀉肝丸等の中成薬を服用したら, 便血等の症は好転したが, 口瘡は旧態依然である。
唇の色は紅く, 舌尖も紅い、 苔は黄膩で, 脈は弦滑である。

肝胃の鬱熱と弁証して, 二陳湯+瀉黄散 を投じた。

 石膏7 (先煎)、霍香・茯苓5、 陳皮・半夏3、 梔子・防風・黄連・黄岑2

二診: 服薬后, 口瘡の愈合速度はやや速くなったが, 余症は前と同じである。
又 原方を少し加減して, 飲むこと6剤にて癒えた。

按: 本病人の証は肝鬱化火、脾胃湿熱に属する。
患者は青年男性で, 既に肝胃鬱熱があるところへ, 又肝鬱化火となり、肝火上炎したものである。
処方では清肝胃之火, 兼健脾化痰として, 効を取った。

     『難病奇方系列从書 第三輯 二陳湯 (2009年)』 より

---

(3) 肝気鬱結によるもの

【病案挙例】
患者李某, 女, 53歳。 1994年3月就診。
1990年より, 舌及び口腔黏膜に常に数個の潰瘍面が出ている。
時には軽くなり 時には重くなり, 反復して出る。
ひどくなると食事や仕事にも影響する。
いつも心情が良くない時や仕事で緊張すると重くなる。

患者の舌の両辺及び頬の黏膜上に大小さまざまな潰瘍面が3ケある。
直径は約2~3mmで, 周囲は紅く腫れ 中は凹陥して色は白い, 疼痛忍び難い。
舌は紅く 苔は白い, 脈は弦である。
これは肝気が鬱結し, その鬱から化火して, 鬱火が上炎している。
処方は柴胡疏肝散に清熱解毒薬を加える。

 金銀花7, 黄岑・白芍5, 陳皮・枳殻・連翹4, 柴胡・香附・川弓3, 薄荷2, 甘草1

水煎服すること, 5剤の后 疼痛は減軽し, 潰瘍は漸く平らになった。
上方から金銀花を去り継服すること5剤で, 潰瘍は全部平復した。

按: 中医では脾胃積熱, 心火上炎 或いは虚火上浮が口瘡発病の病機と考えている。
治すには清熱解毒・通腑瀉熱か或いは滋陰清熱が必要で, 凉膈散・瀉心湯・導赤散 或いは地黄丸の類を投ずる。
しかるにこの患者はこのどれを用いてもみな無効だった。
この患者は心情不好であったり或いは工作緊張時によく発病したところから, 肝鬱と関係がある。
≪医方考≫ の説に: "木は能く火を生ずる,故に口瘡となる。"
本患者は心情不暢になる度に肝気鬱結・化火となり, 炎は経絡を上って口瘡を発し, 鬱火は散らず, 口瘡は愈えなかった。
柴胡疏肝散で疏肝理気・養血止痛し, さらに清熱解毒の品を加えて鬱熱を散じ, 肝木を条達させ,鬱火を散じて, はじめて熱毒は清され, 口瘡は自然と痊愈した。

     『難病奇方系列从書 第三輯 柴胡疏肝散 (2009年)』 より

|

« 尿道綜合症と加味温胆湯 | Main | 経行先后無定期 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/45791013

Listed below are links to weblogs that reference 口瘡 三態  アフター性口内炎:

« 尿道綜合症と加味温胆湯 | Main | 経行先后無定期 »